堀江貴文

『2004年8月ベスト』

8月に紹介した本の私が考えるベストの本を選出します。

基準としては、仕事やビジネスにおいて、「具体的で実行できる」、「実際に役立つ」という2点で判断しています。

番外というを1冊、取り上げています。これは、「特定の人が対象で、すべての人にあてはまらない」、「仕事やビジネスには関係ない」、「行動には結びつかないけど、とても有益で、興味深い知識が示されている」本としています。


1位:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文
インターネットは数年後にテレビを抜くメディアとして考えて、ある意味、地道に手を打っている様子が伝わってきます。細かい事項が批判されていますが、時代を見る視点を見習っていきたいです。

書評:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文

おすすめ平均
恐るべし。だがしかし。。。。
賛否両論ですが・・・
稼げそうな気になる

Amazonで詳しく見る4334974600

2位:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典
米国は、日本と比較して、10年以上、進んでいます。日本がまだ、工業国として、トップの地位に留まっているのに対して、米国は「知価社会」に突入しています。日本の未来を見る視点を養う手段を教えてくれます。

書評:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典



お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

おすすめ平均
日本の行方
英語学習に対する危険な発想
なんということだ、これってヒントだらけじゃないの

Amazonで詳しく見る4894511711

お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
神田 昌典

おすすめ平均
うーん。
海外展開したい人は必読
成功のための行動力が具体的に記述されてます。

Amazonで詳しく見る489451172X

3位:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

レバレッジについての書籍です。レバレッジとは、てこのことです。少しの力で、より大きなものを動かすあの「てこの原理」と同様な効果を得る手法を整理して示しています。この本を読んでから、レバレッジを常に意識しています。

書評:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター, 白根 美保子

おすすめ平均
レバレッジの使い方
ラットレースから抜け出すために。
不動産を買ってみました!

Amazonで詳しく見る4480863478


4位:『加速成功』 by 道幸武久
私も、短期間で成果を上げたいという強いストレスを持っているので、多く
の指摘は、つぼにはまります。セミナーににも参加したためか強く印象に残っています。また、タイムマネジメントの方法について、バランスの取れた17の方法は、特に、手帳に書いて持ち歩いるほど気に入っています。

書評:『加速成功』 by 道幸武久



加速成功―願望を短期間で達成する魔術
道幸 武久

おすすめ平均
メモをとりながら・・・
バランス感覚に満ちた読み易い成功哲学の実践版
心が燃えました。今日から始めます!

Amazonで詳しく見る4763195956

5位:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅
本書は、「広告が信頼されてない」時代に、どのようにして信用されている
メッセージを発信するかについて、その手法を詳細に教えて、実践的な内容になっています。消費者に伝わってないと感じる方には、とても、参考になります。

書評:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅



儲けのDNAが教える“超”競争戦略―市場制覇の新法則
鈴木 博毅

おすすめ平均
まだまだ評価するには早いが・・・
この本は難しいと思う・・・
久しぶりにしびれました

Amazonで詳しく見る4569635725

番外:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト
マインドの法則を説明して、それをもとに、ブランディングの法則を説明します。まず、マインドの原則を丁寧に説明して、具体例を示し、最後に、原則以外の重要なポイントを教えてくれます。

書評:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト



ニューポジショニングの法則―勝つブランド負けるブランド
ジャック・トラウト , 新井 喜美夫

おすすめ平均
マーケティングとは心理戦である

Amazonで詳しく見る4884970632

続きを読む "『2004年8月ベスト』"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文

最近、何かと話題になっているlivedoorの社長、堀江氏の著書『稼ぐが勝ち』を読みました。タイトルの『稼ぐが勝ち』も、前作の著書のタイトル『100億円稼ぐ仕事術』と同じぐらいのインパクトがあり、それに、惹きつけられたこともあります。

本書を流れる全体の基調は、インターネットがメディアとしての将来性を評価していることと、旧世代に対する対抗意識という点でしょう。インターネットのメディアとしてのポテンシャルを利用して、一気に旧世代が握っている不合理な仕組みを覆すことで、多くの人にメリットを与え、自社も成長していこうという方針のようです。

私が共感した点は、インターネットは数年後にテレビを抜くメディアとして考えていること、何事もシンプルに考えるという点です。

まず、インターネットがテレビを抜くメディアになるということは、既に、メディアの占有率が15%を超え、高い伸び率で推移しているということと、テレビにはないインタラクティブな仕掛けが容易につけられるという点で、優位であると主張しています。インタラクティブとは、直接、販売に結びつく営業が可能であることを強調しています。

更に、人とのコミュニケーションという究極のコンテンツを提供していること、人々の価値観が多様になっている中で、ニッチな層へのきめ細かな対応ができることをその強みとしてあげています。そして、一方のテレビの影響力は、ながらテレビの例などを出し、年々低下していることを説明しています。

livedoorの仕事は、要するに、既存のメディアに載っているコンテンツを如何に、インターネット向けのコンテンツに変換していくかという事をテーマにして、取り組んでいます。そして、コンテンツの質による競争の時代に備えて、オリジナルのコンテンツを保持する重要性を認識しています。

シンプルに考えるという点も、気持ちいいぐらいに徹底しています。「シンプルに、こだわらず、考えない」という姿勢をモットーにしています。「会社は人を使うための道具」という文章に、端的にみられるように、はっきりとした形で人に事実を突きつける点がシンプルさの利点です。シンプルに、お金を評価単位として使用することにより、誰でも理解できる内容になり、コミュニケーションが成り立ちます。このコミュニケーションが成り立つことがビジネスとして、重要です。

ビジネスチャンスが無限大のインターネットとそのシンプルな考え方を武器に、基本に忠実にビジネスを展開していることだけで、驚くほどの成功を手に入れらる気がしてきました。本書の中にも、年商20億、30億の会社で、何億かのキャッシュを作ることはそんなに難しくないと断言しています。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ インターネットがメディアの首位になることを考慮していますか?
■■ 何事もシンプルに考えて、事実を素直に受け止めていますか?


稼ぐが勝ち
著者:堀江貴文、出版社:光文社、ISBN:4334974600



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

続きを読む "『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文"

| | コメント (1) | トラックバック (10)

『100億稼ぐ仕事術』 by 堀江貴文

シンプルな考えとアウトプットを生む行動に徹する

お正月なので、スケールの大きなタイトルの本を選んでみました。

エッジの代表取締役社長兼最高経営責任者である堀江貴文氏の本です。エッジは、元の名前を「オン・ザ・エッジ」といい、ITバブル時代に、ビットバレーともてはやされ、次々と上場した会社の一つです。このビットバレー企業について、極一部を除いて、私はいい印象を持っていません。というのは、IT企業といいながら、実は、コアとなる技術を持っていない会社がほとんどだからです。きっと、怪しい感じなのだろうなと思いながら、手に取ったのです。

しかし、その妙な期待を裏切り、氏の仕事ぶりが淡々と書かれています。全体を貫く考え方がシンプルで、その記述があっさりしすぎて、するっと読める本なのです。できる人は、ポイントを押さえて、徹底的にやれる人なのでしょう。

すごいなと思った箇所を拾い上げてみる。

集中することについて、インターネットと出会ってからの2-3年は、人との交流ができないほど、仕事に没頭したようです。また、大学受験の半年は、勉強以外のことをした記憶がないとまで言っています。

多くを時間の無駄にしやすい会議ついては気を配っており、その手順は、1.目的をもつ、2.メーリングリストで共有、3.10人以下の出席者、4.仕切る人をつくる、5.結論を出し、6.実行期日を決め、7.議事録をメーリングリストで共有するとなっています。ある意味、あたりまえですが、実践するのは難しいでしょう。

考えると事については、「私の会社の社員を見てきた経験からいうと、その多くは考えることを放棄しているように見える。・・・普段の生活では常識的に行動することは問題ないが、人と差をつける場面で「常識」にとらわれていると失敗する。」と述べ、考えるべきポイントを示しています。

徹底的に、メールを駆使しており、たとえば、部門毎・テーマ毎メーリング・リストを作成し、徹底して、それで情報を共有しています。なんと、一日、5000通のメールを処理しています。それと、Webブラウザのこの2つ仕事をかたづけているとのことです。MS-WordなどのOfficeソフトを無駄の何物でないと切り捨てており、共感してしまいます。

徹底して、基本を忠実に行うことを実践している氏の会社に、つい、投資しようと考えてしまう内容でした。そういえば、細かく株式分割して、話題になりましたよね。「基本を忠実に」という点では、セブン-イレブンの会長である鈴木氏に、通じる所があります。ただ、とてもスマートです。

100億稼ぐ仕事術
< strong >著者:堀江貴文、出版社:ソフトバンクパブリッシング

後悔度:★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


今日、手を切ってしまいました。コップの縁が割れているのに気がつかずに、力強く、洗っていると、人差し指の付け根にちょうど、あたりました。あまり、痛みを感じなかったのですが、しばらくすると、真っ赤な血がさらさらと流れ出てきて、びっくりしました。どうも、血を見るのは苦手なんですよね。バンドエイドで、あっさり、出血が治まりましたが、その後は活発に行動する気が起こらず、ぼっーと、読書とテレビで過ごしてしまいました。

深夜の東京テレビのツタンカーメンの番組やTBSの独裁者につての番組は、おもしろかった。一神教の元祖は古代エジプトから始まること、ツタンカーメンが暗殺されたこと、独裁者になるメカニズムが興味深かった。

本については、紹介した以外に、SEO(検索エンジン最適化)、ランチェスタ経営の本を読んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)