本田健

30代にしておきたい17のこと by 本田 健

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー
http://bookintro.at.webry.info/

●30代という分岐点

自分の可能性が幻想的に開くのが10代
それを試しながら失望していくのが20代
そして30代は希望と絶望の狭間にいます。
気の早い人はもう絶望の岸を渡ってしまった
かもしれません。

続きを読む "30代にしておきたい17のこと by 本田 健"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『普通の人がこうして億万長者になった』 by 本田健

最近、いろいろな面で、自分の転機であることを感じています。この時期に、基本に戻る意味で、基本的ことを押さえている本を読み返しています。今日、取り上げる本も、その一つです。

私の目標の一つに、経済的な基盤を作ることを考えています。ただ、多額のお金を稼ぐと言うより、自分の自立と自由を得るために、最低限の富を得るというスタンスです。そのために、この『普通の人がこうして億万長者になった』は、ある意味、データ・事実をまとめた本として参考になります。

本書で定義している億万長者は、資産、1億円以上を持っている人としています。ただ、一般に公開されている資料は、それを直接的に知る資料はありません。そこで、いわゆる長者番付(ある一定以上の所得税を支払っている人のリスト)を参考に、年収3,000万以上の人抽出し、その対象にアンケートを取りました。アンケート結果より、そのほとんどが、1億円以上の資産を持っていました。

私が興味深く感じたのは、年収3,000万円以上の所得を得ている人が、給与所得者の0.18%しかいないのに対して、給与所得者以外の人で、3.51%と20倍程度の割合の差があるのです。しかも、給与所得者の年収3,000万円以上は、その多くが金融業界の人なのです。厳しい現実です。

納税者全体の割合で言うと、0.56%が、年収3,000万円以上になります。そは、6つのタイプに分かれます。

1.ビジネスオーナー(会社オーナー) 27%
2.専門家(弁護士、医者など)    24%
3.会社役員             24%
4.相続               18%
5.不動産               2%
6.アーティスト、スポーツ       1%

6つのタイプの後ろにあるパーセンテージは、アンケートに回答した人を母数としています。本書によると、アーティスト、スポーツは、実際には、もう少し多いだろうと推測しています。

億万長者になった要因を10の角度から、分析を行っています。それぞれに対して、章をもうけて、解説を行っています。

特に、気になったのは、2つあります。10の中の1番目にあげられている「好きなこと、得意なこと、喜ばれることを仕事にする」ということと、4番目にあげられている「危機を超えられる力がある」ということです。

仕事を選択する際に、好きなことや人に喜ばれることをするのが、普通の人が仕事を選択する基準と異なります。普通の人は、その報酬や待遇で選ぶ割合が高いのです。

好きなことや人に喜ばれることをすることを選択すると、お金以外の目的、自分が仕事で達成したいことや人に与えたいことが目的になり、最終的なゴールが明確になります。

そして、自分が望んだことを仕事にしているので、より、楽しく、勤勉に長時間集中して、働けます。その結果、高いパフォーマンスが達成されやすくなります。

次に、「危機を超えられる力がある」ですが、これは、億万長者になる時に、30%が「もう、ダメだ」という状況に陥ったことがあると回答しており、その時の対処が特徴的なのです。

普通の人とはことなり、失敗する事なしに、成功することはあり得ないと考えて、積極的に対処して、見事にクリアしていくようです。その危機の乗り越え方が、紹介されています。

1.感情的に動揺しない
これは、感情的になると、冷静な判断が下せなくなるからです。ある億万長者は「大事は小事に、小事は大事に」と語っています。

2.困難な状況に正面から向き合う
困難な状況は、原因があって、起こります。それを何とかやり過ごしても、根本的な原因を無くさないと、また、再発します。なので、正面から取り組み、根本的な原因を無くすようにします。

3.最悪をイメージして、覚悟を決める
最悪を想定すると、それ以下はないので、前向きに対処できます。

4.何ができるかをリストアップする
困難な状況に陥っているとき、その状況に圧倒されます。なので、冷静にリストアップして、黙々とそれをクリアすることに集中するのです。

5.現状を正直に話してあらゆる人に助けを求める
最後に、自分一人で解決できないような困難な状況では、人に助けを求めます。その時、正直に話すことが大切です。プライドや見栄を気にしていては、協力を得られません。

「好きなこと、得意なこと、喜ばれることを仕事にする」ということと、「危機を超えられる力がある」というこの2つは、常に、繰り返し、振り返る必要のあることだと感じました。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 好きなことや人に喜ばれることを仕事として選択していますか?
■■ 困難な状況に陥っていた時に、最悪を想定していますか?


普通の人がこうして億万長者になった~一代で富を築いた人々の人生の知恵
著者:本田健、出版社:講談社、ISBN:406212274X

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

普通の人がこうして億万長者になった- 一代で冨を築いた人々の人生の知恵
本田 健

おすすめ平均 
インタビューもの?
幸せにお金持ちになるには
もう少し1万2000人の肉声が聞こえれば尚良かったかも知れません
そうなんだろうなとは思う
億万長者になる人となれない人との違いがよくわかる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『普通の人がこうして億万長者になった』 by 本田健"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』 by タカイチアラタ

たまたま、本田健さんの著書を取り上げているblogに、トラクバックした先が、タカイチアラタさんのblogでした。イメージトレーニングの第一人者とは知らずに、本田健さんの著書に似たタイトルの本を出すのだなと漠然した認識でした。その本は、『幸運な人生を送るイタリア賢者の教え』というタイトルです。

そんなことを友人に話すと、有名な方だと聞いて、ビックリしました。さっそく、オンライン書店から、『幸運な人生を送るイタリア賢者の教え』、今日紹介する『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』、そして、『1日7分間願望実現イメージトレーニング【願望別 実践テクニック編】』を購入しました。どれも、いいです。個人的に、インパクトのあった『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』を紹介します。

この本は、形式的には、メンターものというある賢者に出会って、主人公が成功していくという物語の形式です。そう、最近売れている本、『ユダヤ人大富豪の教え』と同じ形式です。

しかし、その7人のメンター達が変わっていて、ホームレスのジイさん、中国からの留学生、パチプロ、キャバクラ嬢だったりします。そして、その要点を心理学、量子論(!)で、理論武装しています。更に、CDがついており、その指示に従うことにより、イメージトレーニングができるというお得な構成になっています。

7つのトレーニングから、構成されています。

1.「否定的な感情を取り除く」トレーニング
2.「自己イメージを高め、精神的視野を広げる」トレーニング
3.「積極的に行動する力を高める」トレーニング
4.「直感力を高める」トレーニング
5.「創造的に対人関係を築く」トレーニング
6.「意志決定力を高める」トレーニング
7.「願望実現」トレーニング

個々の詳細は、本書に譲ります。ただ、「自己イメージ」と「感受性」という言葉が気になりました。

「自己イメージ」を高めることは、2の視野を広げることに役立つことは、もちろん、4の直感力や5の対人関係を高めるのに役立ちます。

対人関係をよくするのに、なぜ、自己イメージが大切かというと、嫌いな相手、苦手な相手がいるとき、それは、自分自身の気に入らない自分の「影」を投影していることが多いのです。自己イメージを改善すると受け入れられる人が多くなります。

「自己イメージ」を改善するには、自分の過去を肯定することが必要です。

次の「感受性」という言葉も、よく出てきており、4の直感力、5の対人関係、6の意志決定力を高めるのに、必要となります。意志決定力に関係があるのが面白く感じました。

意志決定力は、別の面からみると、行動を改善することになります。この行動する際に、苦痛を伴う努力は避けるべきだと主張しています。苦痛を伴う努力はその多くは他者の強制であるからです。他人の強制から、自己実現を達成することはできません。

自分が望んだことに集中することは、他人からみると努力に見えますが、本人とっては楽しいことです。そして、自分を高めるために、「学ぶ楽しみ」、「行動する喜び」を見いだす感受性が大切になるのです。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 自分の過去を肯定して「自己イメージ」を高めていますか?
■■ 「学ぶ楽しみ」、「行動する喜び」を見いだせていますか?


幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング
著者:タカイチアラタ、出版社:日本実業出版社、ISBN:4534036523

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング
タカイチ アラタ

おすすめ平均 
激しく期待はずれ
役に立ちます
面白すぎ!
朝礼の前の、自分のための朝礼、にいい
短時間で成功への道が開ける

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』 by タカイチアラタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『2004年6月ベスト』 by Tulipa

メルマガでは、既に、公開しましたが、6月に紹介した本の私が考えるベストの本を公開します。

基準としては、仕事やビジネスにおいて、「具体的で実行できる」、「実際に役立つ」という2点で判断しています。

番外というを1冊、取り上げています。これは、「特定の人が対象で、すべての人にあてはまらない」、「仕事やビジネスには関係ない」、「行動には結びつかないけど、とても有益で、興味深い知識が示されている」本としています。



1位:『無一文からお金を生み出す方法』 by 原崎祐三
【原崎氏の倒産の縁から、回復された方法を包み隠さず活字にした本】

この本は、最近の私のお気に入りです。本当に、包み隠さず、すべてをさらけ出しています。この値段の本で、ここまで、書いていいのというくらいの内容で、少し、考えればいろいろな応用がすぐ思いつきます。しかも、お金になりそうなことですね。

◆「後悔しないための読書」の書評:『無一文からお金を生み出す方法』 by 原崎祐三



無一文からお金を生み出す方法
原崎 裕三

おすすめ平均
いまだから分かる良書
勇気をもらえる本
久々に出会った良書

Amazonで詳しく見る4569634176

2位:『超心理マーケティング』 by 鈴木博毅
【目立たない(ので、まねされない)で、高い収益率を出すマーケティング】

これは、マーケティングについて、『無一文からお金を生み出す方法』を補完するような内容の本です。よくよく、読んでみると、ブランドを構築する一歩手前のどのようにして、信頼感を醸成する方法を述べていています。いいですね。

◆「後悔しないための読書」の書評:『超心理マーケティング』 by 鈴木博毅



超心理マーケティング!―デフレ時代の逆風でも必ず勝てる モノが売れない時代に勝つ!
鈴木 博毅

おすすめ平均
読みやすい本だと思いました
ファジー系マーケティングの卒業に
なんて読みやすいのに深い本なのだ!

Amazonで詳しく見る4569625991

3位:『ブランド人になれ!』 by トマス・J.ピーターズ
【ガンガンとプロジェクト(=仕事)をやりたくなる本】

今後のホワイト・カラー層が、個々人の力量と評判で仕事をせざるを得ない状況を逆手にとっています。その状況を生かして、ブランドを確立することにより、大きな収入を得ることが可能になります。最近のネット環境の充実とネットでお金を使用する習慣が確立されつつある状況で、ようやく、現実に、ブランド人になることが可能になりそうです。

◆「後悔しないための読書」の書評: 『ブランド人になれ!』 by トマス・J.ピーターズ



トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!
トム ピーターズ, Tom Peters, 仁平 和夫

おすすめ平均
手ぬきしない
キャリアのマーケティング
やる気がでます。

Amazonで詳しく見る4484003074

4位:『なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?』 by ジョン・キャパス
【メンタル・バンク・コンセプトは、モチベーション維持効果が高い。】

20年前に、書かれた本のようです。そのためか、Amazonの書評やblogの評判を見ると、評価が分かれるようですね。私は、似たような手法で、TOEIC学習のモチベーションを維持できた経験があるので、肯定派です。実際に使用しています。

◆「後悔しないための読書」の書評:『なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?』 by ジョン・キャパス



なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?
ジョン・キャパス , 石井 裕之

おすすめ平均
成功はもらった←おいおい(^^;)
プログラムを書き換える!
プラス思考に疲れたときこの本を

Amazonで詳しく見る4894511673

5位:『スイス人銀行家の教え』 by 本田健
【口当たりがよく、お徳感のある本書は、女性に人気であることに納得】

本田健さんの本は、女性向けに書かれているせいか、読みにくいですね。この本では、書評で紹介した「自分を動かすための5つのテクニック」の一番目のテクニック「自分がこのままいけば、どうなるかをイメージできる。」は、実際、こころがかなり動かされます。こうして、いられないなと思っています。

◆「後悔しないための読書」の書評:『スイス人銀行家の教え』 by 本田健



スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
本田 健

おすすめ平均
お金のレッスン
静かな感動に包まれる1冊
やはり人生の師はイイですね

Amazonで詳しく見る4479790926

番外:『パワー・ブランディング』 by マイク・モーザー
【実務者による説得力ある手順がロードマップに集約されている】

たまたま、選んだ本が、MacintoshのレビューCMを担当された人だと分かり、びっくりしました。あのCMは有名なCMなのです。さて、この本は、企業向け内容なので、少し、工夫する必要がありますが、個人に応用すると面白そうです。だれか、考えてくれないかな。

◆「後悔しないための読書」の書評:『パワー・ブランディング』 by マイク・モーザー



パワー・ブランディング 統一性と結束をもたらすブランド・ロードマップ
マイク・モーザー, 酒井 光雄, ブレインゲイト

おすすめ平均
実践的な本でした
頭の中で基本をもう一度整理できる本
即使える実践的な本です

Amazonで詳しく見る447850220X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『2004年7月ベスト』 by Tulipa

7月に紹介した本の私が考えるベストの本を選出します。

基準としては、仕事やビジネスにおいて、「具体的で実行できる」、「実際に役立つ」という2点で判断しています。

番外というを1冊、取り上げています。これは、「特定の人が対象で、すべての人にあてはまらない」、「仕事やビジネスには関係ない」、「行動には結びつかないけど、とても有益で、興味深い知識が示されている」本としています。



1位:『新ネットワーク思考』 by アルバート・ラズロ・バラバシ

この本は、とにかく面白かった。ここ数ヶ月に読んだ本の中で、一押しです。300ページある本ですが、一気に読めました。ネットワークの特性から、関係ないと追われていた事象が徐々に一つの共通な体系にしたがっていることが分かる過程はスリリングです。

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/by_.html

2位:『人生の目的が見つかる魔法の杖』 by 西田文郎

20代後半、空虚感を抱えながら、生きてきました。その頃から、どうも、やりたい事が、わからなくなってきました。なぜか、わからないのです。この本を読んで、ようやく、その原因を理解できました。

人生の目的が見つかる魔法の杖
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/_by_.html

3位:『夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵』 by 本田健

本田さんの本は、『ユダヤ人 大富豪の教え』の次の本になるのでしょうか?本書も、情報量が多いです。書評では、本田さんの視点を考えてみした。

夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/_by__5.html

4位:『インターネット・ブランディング11の法則』 by アルーライズ・ローラ、アルーライズ・ライズ

『ブランド人になれ!』を読んで、ブランド構築の本に興味をもって、読み漁っていました。その中から、『インターネット・ブランディング11の法則』が個人のブランド確立のヒントになるかと紹介しました。

インターネット・ブランディング11の法則
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/11_by_.html

5位:『早朝起業』 by 松山真之介

そのメルマガ発行をそのメルマガ発行が発端となった出来事が、自然なトーンで綴られており、共感が持てます。メルマガ発行に加え、セミナー講師、コンサルタント、ラジオ番組のパーソナリティ、そして、本の執筆と大活躍の秘密がわかります。

早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/_by__2.html

番外:『はじめの一歩を踏み出そう』 by マイケル・E・ガーバー

経営学に出てきそうなイノベーションを起こす華々しい起業家ではなく、どこにでもいそうな「ふと、商売を始めてしまった」という職人肌的な人達へ送る「事業家への道案内」という内容です。起業を考えている人には、お勧めです。

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
◇「後悔しないための読書」の書評:
http://www.breview.jp/2004/07/by_e.html



少しでも、「ためになった」、と思った方は、↓クリック、そして、投票!このblogが出版される?
http://cgi.mag2.com/cgi-bin/mag2books/vote.cgi?id=0000125885
まぐまぐBookアワードに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵』その2 by 本田健


夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

【ビジネスは、その人の人生を映す鏡。】

トレード・オフといのうは、言うまでもないのですが、「あちらを立てればこちらを立たず」の世界の事です。自己啓発ぽくいうと、Win-Loseというものですね。多くのサラリーマンは、この世界に住んでいるような気がします。たとえば、残業すると残業代は稼げるけど、自由になる時間が減るような世界です。この世界では、心理的に葛藤が発生しやすいような気がします。どちらにしても、良くないためです。

どうも、本書で描き出そうとしている『経済自由人』の世界では、トレード・オフの世界ではないようです。両方成り立つという世界に生きている様です。Win-Winですね。

続きを読む "『夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵』その2 by 本田健"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵』 by 本田健


夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

【幸せな起業家にとって、「ビジネスとは人生の表現」】

本田さんの本は、『ユダヤ人 大富豪の教え』の次の本になるのでしょうか?本書も、情報量が多いです。その情報量の多さは、本書を読む楽しみにとっておいて、本田さんの視点を考えてみたいと思います。

私が思う本田さんが強調している視点は、二つあるように思えます。

続きを読む "『夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵』 by 本田健"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

『本調子』 by 清水克衛、他


本調子―強運の持ち主になる読書道

本好きの思いを代弁するような本

有名な方々が、日々の読書について、熱い思いを語っていて楽しいです。ただ、ここで示されている読書は、「実学」としての読書であり、「娯楽」としての読書ではありません。私自身も、かなりの読書好きですが、意識的な「実学」としての読書は、最近、ようやく、始めた段階で、初心者なので勉強になります。

すべてを紹介すると長くなりますので、読書について、明解な戦略を示している斎藤一人さんの章を紹介します。

続きを読む "『本調子』 by 清水克衛、他"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スイス人銀行家の教え』 by 本田健

【口当たりがよく、お徳感のある本書は、女性に人気であることに納得】

本田健氏の著書は、口あたりがよく、何とはなしに、心を揺すぶられます。しかし、文章で、それを伝えるのは、難しく感じます。まあ、そういう本をこの場で取り上げなくても、いいのかもしませんが、ちょっとした挑戦気分で取り上げてみます。

前作の『ユダヤ人大富豪の教え』の主人公である件は、帰国後、なんと、普通の大学生として、ダラダラと時間をつぶすような生活を送っていました。

そのような日常生活から、抜け出す教えが私の目を捉えます。

12個レッスンがあるのですが、それはその9番目でした。この章の冒頭に、「正直に自分弱さを認めることは、半分成功したも同然」という趣旨の文章に、共感してしまいます。どんなに、カッコ悪い自分でも、他人の目で自分を見られると、それの状態を補う方法を考えられますよね。

そして、そして、「自分を動かすための5つのテクニック」とは、以下のようになります。

1.自分がこのままいけば、どうなるかをイメージできる。
 →正確にイメージできて、成功者は持っている。
2.自分のヒーローやヒロインを想像する。
 →彼、彼女ならどうするか?
3.なりたい自分をイメージする
 →イメージを楽しみ、そのイメージを自分のハートに取り込む
4.変わるためのあらゆる方策を考える
5.今すぐできる行動リストを作る
 →10個を情熱的にこなす

最初の項目は、みたくない将来を見てしまういやなことですよね。さらに、応用して、今、困った状態になっているのなら、過去に立ち戻って、それ状態を予想できたかを考えると、さらに、いやな感情になるのかもしれませんね。ついていることに、より、強く、自分を動かす原動力になるかもません。

二番目の項目は、自分から、離れて、自分を超越する目から、つまり、スーパー他人の目から物事を冷静に、見ることになります。これは、効果ありますよね。岡目八目という言葉があるくらいだし、悩んでいる本人より、他人が現状を冷静に判断できますよね。

問題を近視眼的にみて、狭く捉え、かつ、感情の渦のまっただ中にいる状態ではなく、俯瞰した位置で、感情に流されてない目で見ることの大切さなのでしょう。

そして、最後に、最初の一歩を踏み出すこと、しかも、情熱的に!というのが、いいですね。

この9章の1/3だけで、私は、元を取った気分です。本田健氏のほんは、なにか、いろいろなことが盛りだくさん書かれていて、お徳感があります。女性に、人気の理由でしょうか?

スイス人銀行家の教え~お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
著者:本田健、出版社:大和書房、ISBN:4479790926
後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

| | コメント (5) | トラックバック (5)

2003年 本のベスト5発表&今年もよろしく

今年の最終日の企画として、取り上げた本のベスト5+αを、独断と偏見で選びます。年始の読書の参考にしていただけると嬉しいです。選出基準として、「実際の生活に役に立った/立ちそう」を基準に選択してみました。


1位:『常識破りの超健康革命』 by 松田麻美子

【ダイエットにも効く、健康状態改善にも効果あります!】
この本の提唱する食生活で、体調が劇的に改善しました。常に疲れているという状態から劇的に改善されました。



2位:『フランクリン自伝』 by ベンジャミン・フランクリン

【成功法則本の元祖】
自伝のおもしろさを知りました。また、成功法則本の元祖であり、同種の本の理解が促進されました。



3位:『ユダヤ人大富豪の教え』 by 本田健

【んー、一回の書評だけで済ますにはもったいない】
多くの深い教えが親しみやすく、しかも、味わい深く書かれています。



4位:『新ネットワーク思考』 by アルバート・ラズロ・バラバシ

【インターネットを貫く根本原理】
インターネットで何かをやるときに、本書で紹介しているネットワークの法則を知る必要がありますよ。



5位:『本調子』 by 清水克衛、他

【本好きの思いを代弁するような本】
本をどう役立てるかという視点の本は以外に少ないのでは。著名な方々が熱く語ってくれます。



番外:『愛されるしくみ』 by 藤沢あゆみ

【しくみを知ると大人になれて可愛くなれる。】
もしかしたら、一番、必要な本かも。男性版も書いてください!




今日は、本屋さんで数冊の本を購入して、ぶらぶらと渋谷を散歩しつつ、カフェを梯子していました。NHKの近くで、紅白歌合戦のチケットを求める人が大晦日を感じさせました。しかし、年々、大晦日正月も、普段と同じように生活できるようになったきましたね。便利ですけど、なんか、淋しいですよね。


みなさま、今年も、よろしくお願いします。そして、よい年になりますように、祈っています。




| | コメント (1) | トラックバック (0)