仕事術:書評

「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考 by 水野俊哉

水野俊哉さんの本は、5,6冊、読んでいるのですが、今回、読んだ『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』が、一番、実用的です。タイトルからは、分かりにくいのですが、大げさな手法を使わなくても、複数のポイントとなる要素での改善で、結果は大きく変わるという手法を説明した本です。

◆売上を2倍にする簡単な方法とは?

『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』で、具体例として、取り上げられているのが、売上を2倍にするには?という課題です。売上は、商品単価×顧客数×購入頻度で、構成されいます。それぞれの積なので、ぞれぞれを25%程度、増やすだけで、2倍近くなります。つまり、要素を分解して、少し、向上すればいいのです。

◆人生を豊かにするための4つの要素とは?

どの要素を改善するかは、課題によります。興味深いのは、人生を豊かにするには、『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』では、「人間関係」「時間管理」「健康」「お金」を上げている点です。これは、多くのビジネス書を読んだ結果の筆者なりの答えです。

それを少しだけ、改善していくだけで、理想的なライフスタイルを実現しているのが、興味深いです。水野さんの他の本で、この4つのポイントが提示されていたのです。しかし、実際に、どうやっているのかはわからず、疑問に思っていたところでした。『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』で、明確に示されました。

たまたま、私の場合、半年前から、方法はよく分からないけど、数値化するとどこを改善すればいいのかわかるかと思い、数値を記録していました。例えば、「お金」でしたら、家計簿を取ると言うことです。まあ、だいたい、改善点が分かってきたので、とりあえず、出来ることをやっていました。結果的に、水野さんとやっていることは、同じで、複数の重要な要素を、少しづつ、改善するということをしていました。

おかけで、いろいろなことが改善しつつあります。

◆業界でどのようなポジションがねらい目なのか?

さらに、もう一つ、使うのが、業界のどのポジションがねらい目なのかをマトリックスで考えていきます。どの要素をマトリックスにするのが難しいところですが、『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』では、比較的容易にできそうなやり方を提示しています。詳細は、本書を参照してください。

お勧めの本です。特に、行き詰まっているけど、非現実的な方法に頼りたくないと思っている人に、最適です。すぐに、腑に落ちると思います。

◆バランス・スコア・カードをしっいる人にお勧め

ちなみに、今、思い出したのですが、企業戦略を組織に落とし込む手法に「バランス・スコア・カード」というのがありました。『「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考』の手法は、「バランス・スコア・カード」の「戦略マップ」に似ています。「戦略マップ」を理解している人は、この「マトリックス図解思考」を容易に自分の生活の改善に使えると思います。


「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考
著者:水野俊哉
出版社:徳間書店

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考
「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考水野俊哉

徳間書店 2010-07-01
売り上げランキング : 295891


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "「4分割」ですべてがうまくいく マトリックス図解思考 by 水野俊哉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交渉・商談の鉄則 by 和知 鋭二郎

●商談・交渉とは?

商談・・・取引に関する交渉や相談のこと
交渉・・・あることを実現するために、当事者と話し合うこと

どちらも

「ある目的を達成するために、お互いに
 合意するためのコミュニケーション」

と言えます。

本書では商談・交渉について
ベーシックスキルからクレーム交渉まで
コミュニケーション力、ネゴシエーション力を
向上させるための28の鉄則が述べられております。

特に印象に残った3点をご紹介します。

(1)反対歓迎のスキル

対話をリードするためには相手の
判定意見を歓迎しなければならない。
そのポイントは以下の3つ

・反対意見を批判せず、反復しながら
 肯定的に受ける(否定も肯定もしない)

・「他にはありませんか?」と聞く
 (幅広く理由を聞く)

・反対理由を要約し、対立点について
 相手の合意を得る

反対意見を歓迎することで次の4つの
メリットが得られる。

・対話をリードできるようになる

・相手の考えや意見を理解できるようになる

・相手に満足感を与え、攻撃抑制の効果がある

・相手の反対意見をベースにして、
 質問ができるようになる

(2)ブレーンストーミングで意見が出やすい場を作る

ブレーンストーミングとは問題解決に不可欠なアイデアを
とにかくたくさん出す手法です。

ブレーンストーミングでは複数のメンバーが自由にアイデアを
出し合います。色々なアイデアを否定せず、すべて受け入れ、
互いの発想の異質さを利用して連想を行うことによって、
さらに良質なアイデアを生み出します。

ポイントは下記4点です。

・批判は絶対に行わない

・どんなアイデアでも歓迎する

・質より量を求める

・他人のアイデアを修正、改善、発展、結合する

(3)配慮はするが、遠慮はしない


「ビジネスは割り切って考える」

ことをオススメします。プライベートは気遣いで言いたい
ことがなかなかストレートに言えなくてもいいですが、
ビジネスでは切り替える必要があります。

そうしないと仕事にならないからです。顧客から仕事の
依頼を受けることもできず、利益も出せずに、会社は
倒産してしまいます。

自分の好き嫌いの感情や弱い気持ちをビジネスの現場に
持ち込んでいてはプロとは言えません。プロは常に成果を
求められます。

具体的なテクニックとしては「枕言葉」を使うというのがあります。

「ご存知かとは思いますが…」
「立場上、言わせていただきますが…」
「率直に申し上げますが…」
「正直なところ…」

このような枕言葉を使うことで相手が受け入れやすくなる
効果があります。

●ピンチになったら楽しむ

ピンチの時、余計なことは考えずに、目の前のことに
集中するということです。その集中モードに入ってしまえば、
恐れなどなくなってしまいます。

「イヤだな」

ではなく、

「いよいよ面白くなってきた」

と自己暗示の言葉を使います。

本書は上記のようにとてもわかりやすく、すぐ使えそうな
交渉・商談のテクニックが書かれています。

日頃の顧客やパートナーとのコミュニケーション、
クレーム交渉にお悩みの方必読の一冊です。


◆交渉・商談の鉄則
著者:和知 鋭二郎
出版社:クロスメディア・パブリッシング

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則
仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則
おすすめ平均
stars交渉に自信が持てるようになる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。

続きを読む "交渉・商談の鉄則 by 和知 鋭二郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年の目標を20分で達成する仕事術 by 林正孝

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。


●自分を追い込むためにまずプライベートな予定を埋める

筆者はまず、プライベートな予定を埋め、
そのあと仕事の予定を組むまれています。

家族旅行は年5回、映画館は年120回と
仕事以外の時間をまず優先的に作っています。

なぜそのような営業スタイルが確立できたのか?
それはお客様から”世界でたった一人の営業マン”と
認められるようになったからだと言います。

そのための具体的な取り組みを本書で紹介しています。
営業ノウハウ以上に、自分を磨く、自己研鑽の手法が
中心に書かれている印象を持ちました。自らの能力に
さらに磨きをかけたい向上心の高いビジネスパーソンに
お薦めの一冊です。


●インターネットレベルの情報は役に立たない

保険の営業は主に経営者や富裕層を相手にすることが多い。
そういう方々に、誰でも入手できるインターネットレベルの
情報は役に立たない。

なぜなら、キーボードを叩くだけで誰でも入手できる
情報は同じような話が多く、かなり脚色されて流されて
いるからである。

そういう意味ではテレビの報道も、彼らのビジネスには
役に立たない。ニュースとしてセレクトされている時点で、
一方的な視点のアナウンスである。放送されるニュース選び
には、テレビ局やキャスターの姿勢や考え方までが反映
されている。

しかし、ビジネスの現場は、私たちが生きている
現実社会である。お客様が知りたいのは、そこにある
味つけされる前の素材に近い情報なのだ。

だから私は、実際に現地へ行って体験してくる。


●バカになってやってみる

先入観を持たないこと、偏見を持たないこと、
自分のフィルターを通さないこと。
これが学びの基本姿勢である。

私は、林塾で次のようなトレーニングをする

「次の土曜日空いてる?
 空いてるんだったら電話をくれ」

具体的な説明は一切しない。電話が折り返し
かかってきて、「行きます」とコミットメント
したときにはじめて内容を話す。

「楽しそうだったら行くけど、
 そうでなければ行きません。」

というのでは既に自分のフィルターをかけている
状態だ。だから内容は話さずに、スケジュールだけを
確認するのである。空いていなければ、それでこの話は
終わるだけのことだ。

自分の専門分野だけを極めてうまくいくのなら、
みんなそこだけに目を向ける。ところが、
成功する人は逆のようだ。

視野を広げておかないと、自分の事業も危うくなると
考えている。


●相手によって視点を変える

自分のフィルターを外し、本、映画、旅行など
仕事以外も含めてあらゆる体験を経営につなげる。

そしてその体験を話すときに注意しなければ
ならない点は相手によって視点を変えることだ。

経営者が相手であれば、「相手の企業にどういう
利益をもたらすか」という視点になる。

一方で従業員が相手の場合は、「それが会社での
評価にとって、あなたの人生にとって、どう
プラスになるか、生かされるか、」というのが前提になる。

体験を言葉にする時は相手の視点を意識しながら
話を構築していくことが大切である。


●今できることに集中する

スキルを積み重ねるために大切なのは、
「今できることに集中する」ことである。

極論すると、やる内容はどうでもいい。
目の前にあることに集中して、それができる
ようになると、自信になる。その自信が、
次へ進む原動力になる。

生半可にやってきたり、逃げてきたりした人間が、
ある時期から何かにこだわれるようになるとは、
とても思えない。

「こんな雑用は自分のやる仕事じゃない」

と、目の前にあるやるべきことを避けたりして
いないだろうか?クラーク博士が素晴らしい言葉を
残してくれている。

「ボーイズ ビー アンビシャス(少年よ、大志を抱け)」

実は、この言葉には続きがある。

「ライク ア オールドマン(老人のように)」

老人というのは、いつ死ぬか分からない。
だからその日1日を大事に生きている。

少年たちも大きな志を持ちつつ、老人のように
死生観を持ちながら1日1日を大切に生きなさい、
というメッセージである。


◆1年の目標を20分で達成する仕事術
著者:林正孝
出版社:大和書房

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

1年の目標を20分で達成する仕事術
1年の目標を20分で達成する仕事術
おすすめ平均
stars世界一流であり続けるため
starsどんなことも自分の肥し
starsトップになる人間は発想が違う
stars実はこれも「ワークライフバランス」の一例と思います
stars営業はスキルではない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "1年の目標を20分で達成する仕事術 by 林正孝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか by 美崎栄一郎

最近、この本『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』で提唱されてような安価なノートを役割分担して、複数使うことを始めました。

ただし、どうも、しっくり来るようなやり方でなかったのです。もっと、いいやり方があるのでと、漠然と思っていました。そして、この本に出会いました。数日間ですが実践してみました。かなり、良いです。

それは、紙の特徴を活用しているからです。

美崎栄一郎が主張しているように、PCなどのデジタル機器に比べて、圧倒的に、携帯性が高く、PCのようにアクセスに(少しの時間ですが)かかることが、紙ではないということ、さらに、文字や絵など形式を問わず入力できることが大きいようです。

では、簡単に、ご紹介します。

◆3つのノートを分かるのは、なぜか?

美崎栄一郎氏の『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』の方式では、3つに分けます。

一つ目が思いつきをメモする小さな(A6より小さな)ノート。二つ目がスケジュールを記入するA6ノート。最後の三つ目が母艦となるA5ノートです。

すべて、普通の綴じられた形式のノートです。

最初のメモにアイディアを貯めて、そのアイディアを実現するのに、必要な管理をするのが母艦のノートで、スケジュールを管理するのがA6のスケジュール・ノートです。

このスケジュールノートは、月間表示を使うことが特徴です。美崎栄一郎氏の主張では月間にするのが長期的な視点に立ているのがいいとのことです。さらに、A6サイズは携帯性もさることながら、記入のスペースが限られるので、時間の少なさを実感でできていいのです。

母艦であるA5ノートは「経験から如何に学ぶか」を追求した構成になっています。

◆効率的に経験から学ぶには?

A6ノートは、通常の横罫線のノートです。使い方に特徴があります。まず、見開きで、一つの案件を使います。

左側に、予定を記入します。右上に実行、右下に結果に関することを記入します。

こうすることで、予定したことが、実際にはどのようになったかが、一目で分かります。通常の記録の仕方をすると、予定、実行、結果が離れているために、ぼんやりとしか意識されないことが明確に分かります。

計画したことが、実際には、どのように実行され、どれだけの時間がかかったかが分かり、更にはどのような結果に終わったことが明確に分かります。すると、貴重な経験から学ぶスピードがはやくなります。

◆超効率的な企画・アイディア出しの方法とは?

アイディア出しは、二段階に分けて、行われます。一段階目が、マインドマップで関連するキーワードを上げます。二段階目では、テーマを決めて、歩くことにより、いろいろなアイディアが、驚くほど浮かんできます。美崎栄一郎氏は、通勤途中などの歩く機会を利用しています。

◆まとめ

最初、手に取ったときは、正直、流行のノート術の本かと思い、たいして期待してなかったのですが、この「効率的に経験から学ぶ」という視点にしびれました。

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』は、紙だけではなく、デジタル機器の活用も、紙との連携方法に面白さを感じました。

さらに、多数の魅力的なステーショナリー(文房具)が紹介されています。ステーショナリー好きの方には、それだけでも楽しめると思います。私は影響を受けて、いろいろと購入してしまいました。


◆「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
著者:美崎栄一郎
出版社:ナナ・コーポレート・コミュニケーション

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
 ★★★★:読まないと、とても後悔する
  ★★★:読まないと、やっぱり後悔する
   ★★:読まないと、後悔する気がする
    ★:読まないと、後悔するかな?

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)美崎 栄一郎

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
売り上げランキング : 69400


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "「結果を出す人」はノートに何を書いているのか by 美崎栄一郎"

| | コメント (2) | トラックバック (1)