金森重樹

借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹

以前から、金森氏のメルマガを取っています。そのメルマガで、一番先に読んでいたのが、金森重樹氏の自伝的な内容を綴っていた「お金の味」のコーナーでした。生々しい状況描写が「ナニワ金融道」を思い起こさせる味わいでした。

25歳フリーターに利息24%の1億円もの借金を背負った人の現実をおそるおそる覗いている気分でした。そして、そこから理論的な思考で生還する様子は、よくできた映画を見る思いでした。

再度、本になった『借金の底なし沼で知ったお金の味』を読みと、教訓になりそうな言葉が散りばめられています。そんな言葉を紹介していきます。

◆水は方円の器に従う

周囲の環境の影響を受けて生きているので、周囲にお金持ちがないければ、お金持ちの行動を学ぶことができない。そして、自分の環境を意識しないでそのまま受け入れると周りの影響を受けてしまう。

動物は自分が置かれた環境に縦横することしかできないが、人は環境を変えることで自分を変得ることができます。

◆「働くおじさん」と「働かせるおじさん」

学校教育もお金持ちになるにはマイナスの影響を与えます。「将来労働者になることを前提とした教育が行われている」という前提で教育が組み立てられているからです。

なので、「労働の現場」は教えても、「働かせるおじさん」について教えることはありません。会社組織は「働くおじさん」と「働かせるおじさん」の両方で成り立っているのですが、「働かせるおじさん」は取り上げてくれません。

◆税理士が会社をダメにする場合がある

税理士は経費削減の提案はできるのですが、売上向上や会社組織全体の経営視点からの物事を捉えられない場合があります。

なので、人件費の圧縮を図った結果、残って欲しい人材が流出したり、取引業者までに情報が漏れて、取引条件が悪化する場合があります。また、売上をあげる必要があるのに広告費までを削って、売上自体を落とす場合もありす。

◆金持ちになるための手がかりは簿記の本に

不動産デベロッパーの業界を調べていると構造的な問題があり、財閥系か鉄道会社系しか生き残れない構造になっています。これは、財務分析から出た疑問点を丹念に調べた結果から分かりました。

会社経営で利益を出して聞くのに、会計の知識がないと理解できないことがあります。

◆まとめ

強く、印象に残った言葉を紹介してきましたが、実際にあった出来事のリアリティに圧倒されます。このリアリティは本書『借金の底なし沼で知ったお金の味』は物語を読まないとその迫力は感じられません。

最後に、金森重樹氏は、当初、一山当てるために東大に合格して、上京しました。しかし、巨額の借金を背負ってしまいましたが、それがために、もしかしたら、早く、目的を達成できたしたら、借金も神様が用意してくれたのかも知れませんと感じました。


◆借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹
~25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
著者:金森重樹
出版社:大和書房

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記金森 重樹

おすすめ平均
stars素晴らしい内容の本です!
stars自分にとってのお金の味は・・・
stars羨ましいような羨ましくないような
stars生きる勇気
starsお金持ち

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

過去に取り上げた金森重樹氏の本

『超・営業法』 by 金森重樹

『超・マーケティング』 by 金森重樹

『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 by 金森重樹

続きを読む "借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 by 金森重樹

金森重樹氏から、PDFファイルをいただいて、読みました。インパクトがありすぎます。不動産を多面的に分析して、書かれていて、説得力あります。

内容が充実しており、じっくり読みたいですね。

ちなみに、最近の東京都内の不動産が過熱気味と指摘しており、サラリーマン大家さんを推奨する本ではないですね。

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法
4478620695金森 重樹

おすすめ平均
stars素人やセミプロに分かるかなぁ・・・
stars収益還元法の実際について
starsこれにチャレンジしてみたい!
stars一般向けの本格的な不動産投資本
stars相変わらずの煽動力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天ブックス:1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法

続きを読む "『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 by 金森重樹"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ハイパワー・マーケティング』 by ジェイ・エイブラハム

紹介が遅くなりましたが、マーケティング分野で、一押しの本です。実際、この本は2001年にPHP研究所から『お金をかけずにお金を稼ぐ方法』として出版されたですが、絶版になった後でも、二万円程度で取引されていたという知る人ぞ知るという本です。

今回、インターネット・マーケティングで有名な金森重樹氏が監修に入り、以前にカットされた部分の収録、マーケッティング用語の正確な使用などの手が入りより、読みやすくなっています。

私が紹介するより、監修者である金森重樹氏が書いた本書末の「監修者からのメッセージ」を、本屋さんで立ち読みする方がより、説得力があります。

その章によると、金森重樹氏はさまざまなマーケティング書籍を読破し、かつ、一級販売士の資格を取得し、中秋企業診断士の資格を取得したが、結局の所、終始マーケティング教本として使用したのが本書だと告白しています。

その金森重樹氏が実際に、行政書士のビジネスに応用した内容が以下の本に子細に記述しています。
超・営業法
金森 重樹
4569634656

また、インターネット・マーケティングに具体的にどのように応用したのか
を以下の本に告白しています。
インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング
金森 重樹
4478530343

『ハイパワー・マーケティング』を読んで、上記の二冊を読めば、より、理解が深まるでしょう。

さて、内容ですが、帯によると「卓越の戦略、アップセル/クロスセル、USP、先制のマーケティング、リスク・リバーサル、BTRF、A/Bスプリット、紹介システム、ジョイント・ベンチャー・・・」がすべてこの一冊から始まったようです。

すべて、有名なノウハウなので、何から紹介するか困りますが、冒頭のさわりを紹介して終わります。

『ハイパワー・マーケティング』の冒頭で、人間の脳は複雑で込み入った元年を理解できるが、その一方で、しごく簡単明快なことに気がつかない位事を指摘しています。

たとえば、アイスクリームが発明されたのは、紀元前2000年、ところが、アイスクリームコーンを考え出すのはそれから3900年後です。パンは紀元前2600年に既にあり、肉はそれ以前から食べていた。それを合わせたハンバーガーを作ったのは、それから4300年後です。

このように、あなたの周りには、単純明快な「解」に満ちており、その解ははあなたの収入、権力、影響力、成功を大いに助けるます。その具体的な方法を『ハイパワー・マーケティング』は提示しています。

是非、手に取ってみてくださいね。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 有名なマーケティング戦略は本書から始まっている。
■■ あなたの周りには単純明快な「解」に満ちている。

ハイパワー・マーケティング
著者:ジェイ・エイブラハム/金森重樹、
版社:インデックス・コミュニケーションズ、ISBN:4757302878

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

ハイパワー・マーケティング
4757302878ジェイ・エイブラハム 金森 重樹

おすすめ平均
starsおごれる者は
starsこの本の真実
starsAbraham氏のミス
stars翻訳が・・・
starsビジネスを行う人すべてに役立つ内容です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『ハイパワー・マーケティング』 by ジェイ・エイブラハム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超・マーケティング』 by 金森重樹

以前、金森さんの『超・営業法』も、強烈な印象を与えてくれましたが、今回も強烈な印象を与えてくれます。(『超・営業法』の書評)

それは、「インターネットでのマーケティングをインターネット内だけで考えないで、オフラインの世界を含めて考えていくこと」と「単なる集客の手段だけではなく、ビジネス全体を考えていくこと」の二つの視点が類書と異なり新鮮で、強烈な印象を与えてくれます。

前者は、アインシュタインの言葉「問題は、それを生み出した意識と同じ意識では決して解決しない」を引用し、具体例を提示します。それは、Yahoo!などの検索サイトから来るトラフィックを得るために、既に、多くの検索がなされているキーワードに注目するのではなく、これから、来るであろうキーワードを予測して、待ちかまえるのです。

それは、テレビで放映されるであろう内容のキーワードを、前もって、『TVガイド』などの雑誌から、数週間前に調べ上げ、それに対応するキーワードを自分のサイトに組み込むことで可能になります。凄い発想力ですよね。

後者については、「札束に火をつけて燃やす覚悟がない人間は、商売の世界では勝てません」という迫力のある言葉で、ある種の覚悟を迫っています。

具体的な例として、広告費があげられています。広告費が回収できるレベルまで、広告費を投入していきます。一回、数十万かかる広告を改善して、ペイするレベルにもっていくのです。最初、トントンのレベルから始まったインターネットの広告が、最終的には、360万円を投入して、1720万円を得るレベルまでにもってきました。

そのレベルにもってくる途中では、結果が不安定になることもあり、かなりの精神的な負担になります。しかし、広告費をかけないと縮小均衡に陥り、商売が発展しません。勝つためには、結果が保証されなくても、続ける必要があります。

本書で取り上げられているインターネットでのマーケティング手法として、以下があります。

・AdWords、オーバーチュアなどのPPC
・プレスリリース
・ディレクトリ対策
・SEO
・アフィリエイト
・ポータルサイト広告/提携
・メルマガ
・コミュニティ・サイト

これら単独ではなく、複数の手段を組み合わせて、効果を高めていくような方法が提示されています。

更に、オフラインの戦術が新鮮に感じられました。例えば、受注するために、メールで受けたことを電話で確認します。そして、資料はPDFファイルなどの電子ファイルではなく、紙の書類を使用します。これは、それぞれ、他に注文が流れないようにするためや容易に捨てられないようにするためです。

本書は、インターネットでのマーケティング手法を具体的にどのように活用したらいいのかに、悩んでいる方には、特におすすめの内容になっています。また、インターネットでのビジネスを考えている方は、その可能性を感じる意味で、読むことをお勧めします。

最後に、金森氏の言葉を引用します。

「ネットは時空や貨幣価値の壁を越え、情報は無限に複製可能です。これをうまく利用すれば、そこに富が創造できます。」


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 問題は、それを生み出した意識と同じ意識では決して解決しない。
■■ 札束に火をつけて燃やす覚悟がない人間は、商売の世界では勝てません。


◆『インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超・マーケティング』
著者:金森重樹、出版社:ダイヤモンド社、ISBN:4478530343

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

| | コメント (3) | トラックバック (7)

『超・営業法』 by 金森重樹

【マーケティングのプロが、行政書士をやるとこうなる!】

メルマガ発行者の著書に、成功者として、何度か出ているのが金森重樹氏です。金森重樹氏が数ページ書くというものです。その内容を読むと、切れ味のあるもので、著者の頭のよさを感じていました。

本書は、明らかに、行政書士向け通信講座のマーケティングの一部を担うものとして、企画されたと思われます。しかし、読んでみるとそれ以上の内容であることを感じました。

マーケッターらしく、ビジネスの基本として、「市場のゆがみ」に、ビジネス・チャンスがあるとしています。偏見・先入観にとらわれずに、市場の中に入っていって、そのゆがみを発見します。

行政書士のマーケットでは、全く、マーケティング活動が行われてないこと、行政書士の学歴・資格コンプレックスからくるゆがみを発見して、ビジネス・チャンスをものにしていきます。学歴・資格がよいのと、ビジネスで成功することは、全然、関係ないのです。

著者は、行政書士になって、初年度で、年収2000万円以上を達成します。年収が、300万円以下2/3を占める行政書士の業界では、異例のことです。マーケティングが可能にしたのです。

マーケティング活動の具体例として、弟と共同して行った「多重債務者向けの特定調停」ビジネスを取り上げています。本を使用したバイブル商法を展開するのに、ネットでのマーケティングを行いました。

まず、3000部程度のメルマガを買収(!)を行います。そして、SEO(*1)、ヤフー登録、PPC(*2)と次々と手を打ちます。本を広告塔として使うために、本を出版します。その本のための書店用ポスター、POP(*3)、ダイレクトメール、SP名刺を用意して、大手の書店まわりをします。

*1:検索エンジンによる検索結果で、自社Webサイトをできるだけ上位に表示させるために、様々なアプローチでWebサイトを最適化する手法 ◆関連本
*2:検索エンジンの検索結果画面で、広告の表示には料金がかからず、クリックされた際に料金が発生するという広告
*3:店頭や店内で購買活動をしようとする際に、訴求するための広告

そして、おもしろいことのが、商品で得られる利益を広告、本の販促費として投入し、ビジネス拡大を目的に、正のフィールドバックをかけるのです。氏の表現では、「広告費を情け容赦なく投入する」で、その様子を表しています。ビジネスの醍醐味ってとこでしょうか。

印象に残ったのが、著者が強調していることの一つに、「お金を捨てる勇気を持て!」というものです。これは、広告等のマーケティング施策を行い、成功・失敗にかかわらず、実際に試してみようと言うものです。損をするリスクはありますが、リスクを取らないと、じり貧状態になります。リスクの有るところに、利益があるのです。

本書を読むと、例えば、「アフィリエイトはリスクがなくていい」なんて発言がアマチュアの言葉に聞こえます。利益の見込めるものは、例えば、借金をして、お金を投入するというリスクをとる態度が、ビジネスを大きくする上で重要なのです。

超・営業法~「行政書士」開業初月から100万円稼いだ
著者:金森重樹、出版社:PHP研究所、ISBN:4569634656

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


超・営業法

| | コメント (0) | トラックバック (3)