成功法則本:書評

音速成功 by 音速成功プロジェクトチーム

知り合いの「エンビジ」の丸山さんが二冊目の本を出しました。

テーマがチームで成功しようと言う本です。一人で起業よりも、チームで起業した方が何倍も物事がはやく進むようです。この『音速成功』を読んで、チームで起業を考えても良いかもしれません。

6人の9章を書いて、最後に、座談会があるという構成です。読んでみると、ある意味、雑誌のような感じで読めます。気楽に読めます。

9章の中から、印象に残った2つの章を紹介します。

◆百貨店マンがアナウンサーに

最初の章を担当された三橋さんの行動力にはビックリします。彼の成功のコツは、2つに集約されるようです。

一つめが、一つの目標に向かって、同時に複数の事をやるということ。

彼がアナウンサーを目指したときに、やったことが、この行動です。

・アナウンス学校に行く
・事務所を探す
・オーディションを受けお金を稼ぐ

これを一気にやったことで、三ヶ月後にはそれで食べていけるようになったようです。

二つめが、空いている席を探す。

三橋さんが、三越百貨店からフリーアナウンサー、岩手朝日テレビ、東北放送に転職されたときに、使用したのがこの方法です。自分独自で、ライバルとかぶらない個性を見つけ出して、自分の席を探すのです。


◆与えることの理系的考察

成功するには、「まず、与える」という法則は、多くの人が知っていると思います。それを理屈で説明しているのが面白いです。

理系である丸山さんの章です。

3つのロジックがあります。

まず、与えることで、何らかの形で返ってくるという統計的な事実があります。

さらに、人によって、欲しいモノが違うと言うことです。自分が与えるモノは相手にとって、価値があるかも知れませんが、自分にとってはさほど価値がないモノであることがあります。つまり、それぞれにとって、有利な交換をしているのです。

最後は、リカードの比較優位説という理論です。簡単に言うと、能力の差があれば、得意なもので分業した方がお互いに得るものが大きくなるということです。しかも、一方との得意なことの絶対的な能力が他方の能力四方の劣っていてもです。

ただし、打算だけの人は、人の感情として嫌われるので、自然に相手に貢献するというスタンスが大切ですと結んでいます。


◆まとめ

それぞれ、個性豊かな6人による自己啓発的な本は、雑誌的な感覚で読めるのが楽しいです。


◆音速成功
著者:音速成功プロジェクトチーム
出版社:エベイユ

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

音速成功 ~夢はチームで叶えろ~
音速成功 ~夢はチームで叶えろ~

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆今日(7/28)の〆切の特典があります!

・特典その1 成功する交流会の創り方

・特典その2 成功する交流会の創り方:TODOリスト

・特典その3 弱小メルマガだった【エンビジ】が応援していただけたのは?

などなど。6つの特典があります。

詳細は、こちらをクリック。

続きを読む "音速成功 by 音速成功プロジェクトチーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小飼弾の「仕組み」進化論 by 小飼弾

前回に引き続き、「本のタイトルに著者名」×「理系」の本をご紹介します。

『小飼弾の「仕組み」進化論』では、冒頭に、最近の「仕組み」本の「耐えられない軽さ」を嘆いて、この本を書いたということが書いてありました。小飼弾氏は元々プログラマーという仕組みを作る専門の仕事です。私も小飼弾氏の元の職業に近いことをやっていたので、その気持ちがよく分かります。

その内容は、私にとってのなじみ深い世界を普通の言葉に翻訳するとこうなるのかというのが面白く感じました。また、上位のレイヤーや下位のレイヤーに独自の視点が散りばめられて楽しく読めました。

小飼弾氏の独自の視点を中心に、取り上げします。

◆生産効率化からリソース効率化へ

従来は物が不足していたので、生産効率を上げる必要があった。しかし、現在は、需要を超えるような生産力があるので、現状以上の生産する必要がないのです。

コンピューターが誕生した当初、その計算力を最大に引き出すために、人間がコンピューターにあわせて働いていました。現在は、パソコンの計算力からみると遊んでいる時間が長いくらいです。そのかわり、人間に合わせた使いやすい機能や計算力を贅沢にも人間にペースにあわせて何もしない時間が多くを占めます。

これと同様に、あり余る生産力を人間の都合に合わせるような社会になるとより暮らしやすくなるのではないでしょうか。

◆生物の仕組み

生物は人が作るコンピュータよりも、圧倒的に長い歴史があります。そして、人が作る仕組み以上に巧妙にできています。この生物の仕組みは3の原則に集約されます。

1.生き延びれば最適でなくても良い
2.できるだけ仕組みをとっておく
3.できることをやり、できないことはやらない

◆生き残るための「新20%ルール」

最後に、この『小飼弾の「仕組み」進化論』の帯に書かれたコピーの種明かしです。

「新20%ルール」とはルーチンの80%を仕組みで自動化するというものです。そして、80%の仕事を自動化したあかつきには、人間でしかできない創造的なことに費やしましょうというものです。

◆まとめ

肝心の仕組み作りについては、ほとんど、ご紹介していません。私がよく知っている分野と言うこともありますが、実際に、『小飼弾の「仕組み」進化論』を読んだ方が楽しいと思ったということもあります。

『小飼弾の「仕組み」進化論』を読むと、久しぶりに、何かの仕組みを作りたくなってきました。いろいろな仕組み最後の一つのパーツを見つけるために、いろいろな人に会ってみようかと改めて思いました。


◆小飼弾の 「仕組み」進化論
著者:小飼弾
出版社:日本実業出版社

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼弾の 「仕組み」進化論小飼 弾

おすすめ平均
stars「仕組み」も生き残るために進化させよう
stars管理職、経営者の方には特にレバレッジの効く本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "小飼弾の「仕組み」進化論 by 小飼弾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本桂一の成功力 by 坂本桂一

坂本桂一氏というと私の中では、サムシンググッドという気の利いたソフトウェアを作っていた会社という印象が強いです。学生の頃、シャープのX1という8ビット!のパソコンでサムライというサムシンググッドのワープロ・ソフトでレポートを書いた日々を思い出します。

その後、坂本桂一氏はDTPの主流となるソフトウェアを日本に持ってきたり、ウェブ・マネーでインターネット通貨のスタンダードを作り上げてきました。

『坂本桂一の成功力』は、本物の起業家である坂本桂一氏の成功のコツが単刀直入に書かれています。わかりやすいので気持ちいいです。気になったキーワードでご紹介します。

◆スレッショルド

スレッショルドとはしきい値のことで、ある点を超えるとまったく別の状態になるような点を指します。例としては、水の沸点がわかりやすいです。100度を超えると水とは全く異なる水蒸気になりますね。

成功にも、沸点のようなものがあり、いくら努力して水を温めても水蒸気にならないように、いくら努力してもある一定のレベルまでに達してないと意味がないと主張しています。そのスレッショルドを意識して、超えるようなこをするのが大切です。

特に、インターネットの世界では特定の分野で一番を取らないと、ビジネス自体が成立しません。「Winner Gets All」の世界です。なので、一番になれない努力は意味がありません。

◆時間の感覚

成功している経営者は時間の感覚(スピード感)が圧倒的に違います。1ヶ月の事を1日で片づけるような感覚です。行動にスピードをつけるにはには、まず、先延ばしを止めること、無駄なことを止めることが必要です。

◆やる!

「やる」か「やらない」か、迷ったら、「やる」ほうが圧倒的にメリットがあります。「やらない」ことを選ぶと、現状に変化はありません。「やる」ことを選べば、少なくとも、何らかの変化があります。例え、失敗に終わっても、何かを学習しているはずです。

それと「やる」ことを選んだ場合、変化することを選んだだけで、マンネリから抜け出して、人を活性化することになります。変化を選んだだけで、効果がえられることがあります。

◆まとめ

スレッショルド、スピード、やる!とシンプルですが、徹底してできる人は成功を手に入れる確率が格段に上がりそうですね。

ちなみに、過去の知識・経験を知るために、坂本桂一氏は月100冊から200冊の本を読んでいるそうです。本を読むことでしたら、追いつけそうです。


◆坂本桂一の成功力
著者:坂本桂一
出版社: PHP研究所

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

坂本桂一の成功力
坂本桂一の成功力坂本 桂一

おすすめ平均
starsこういうことにきちんと触れなければいけない
stars成功への道しるべに
starsがんばろうという気になる
stars教育に使えそう
stars知識だけでは成功できない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "坂本桂一の成功力 by 坂本桂一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週休3日の成功ルール by マーク・アレン

理想となる状況を思い描いて、長期的に努力すると願いは叶うという内容です。周りをみわたしても、うまくいくかいかないかは、長い間、特定の分野で継続的に取り組んだかの否かが大きいように思います。

「人生はすべて実験だと考える」「がんばって働くより、かしこく働く」という言葉はいいですね。

週休3日の成功ルール
週休3日の成功ルール小川 敏子

おすすめ平均
starsゆるく生きながら、目標に到達する
starsいいこと言っているけど、ダラダラととめどない、散文詩が
stars自分に言い聞かせる
starsこういう本を探していました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "週休3日の成功ルール by マーク・アレン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方 by 田中ウルヴェ京

自分自身に語りかけているセルフトークを自分の目的達成のために言い換えるノウハウを解説しています。

私の場合、何かをやるときに、考え過ぎて行動が出来ない傾向があり、これを解消するセルフトークの例として「考えない」というのがあり、これを使用しています。

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方田中ウルヴェ京

おすすめ平均
stars力になってくれます
stars解りやすい
stars読みやすい
stars1日30秒、がんばらないでがんばりましょう
stars「1日30秒」でできる新しい自分の作り方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方 by 田中ウルヴェ京"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[図解] 億万長者 専門学校 by クリス 岡崎

「8つ成功タイプ」と「たいていのことは10年間、努力したあとに達成する」が印象に残りました。

私の場合、「8つ成功タイプ」でいうところの「開発者」ぽいかなと感じました。(正式に診断してないので別の性格かも知れませんが)もともと、ソフトウェア開発をやっていたためか、自動化や仕組みに異常に取り組みます。

10年間思考(10年で達成できることを追い求めている)の人は年収3,000~5,000万レベルらしいです。そして、貧乏脳は最短距離を目指して無理をするので挫折しやすく、億万長者脳は日々の作業レベルで楽しいことを選ぶので、いつのまにか、お金持ちになっているらしいです。

つい、最短距離を目指してしまう私は苦笑してしまいました。作業レベルで楽しいことを選んだ方が日々楽しい、かつ、うまくいくようですね。

[図解] 億万長者 専門学校
[図解] 億万長者 専門学校クリス 岡崎

中経出版 2009-01-28
売り上げランキング : 47502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "[図解] 億万長者 専門学校 by クリス 岡崎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック by 原田隆史

~わずか2カ月で「なりたい自分」に必ずなれる!

同様な趣旨のシステム手帳は数多く出ていますが、そのなかでも、実用度が高くて、値段も安いので気軽に試せるのはいいですね。

このワークブックの理論編は、以前、ご紹介した『カリスマ体育教師の常勝教育』(原田隆史著)です。

カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック―わずか2カ月で「なりたい自分」に必ずなれる!
カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック―わずか2カ月で「なりたい自分」に必ずなれる!原田 隆史; 原田総合教育研究所

おすすめ平均
starsまぁ、、、
stars夢を実現するための第一歩
starsシンプルながら良書
starsかなり良いです!
stars具体的過ぎてすごい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック by 原田隆史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達人のサイエンス by ジョージ レナード

~真の自己成長のために

達人になるための心構えが書かれている本です。印象に残ったのは、プラトーを愛することができる人が達人になれるというところです。ちなみに、プラトーとは、練習しても成果が上がらない時期を指します。

達人のサイエンス―真の自己成長のために
達人のサイエンス―真の自己成長のためにGeorge Leonard 中田 康憲

おすすめ平均
stars「マスタリーの学習曲線」が頭から離れられない!
stars結論。達人に王道なし。
stars欧米人が解説をする、「道(タオ)」
stars終わりなき学びの旅
stars武術が流行っていますが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "達人のサイエンス by ジョージ レナード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 by 本田直之

おなじみの本田さんの本。法則のすべてが「面倒くさいから」で、始まっています。

特に、おしろいと思ったのが、「根拠を探す」です。その根拠となるのが「脳科学、スポーツ、投資、経営」という領域のノウハウで、「スポーツ」をあげているのが意外でした。また、パソコンを毎シーズン買い換えるというはビックリです。

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則本田 直之

おすすめ平均
stars本当のめんどくさがりやには・・・?
starsものたりない。
stars面倒な事ってなくならないの?!
stars良いみたいです。
stars「面倒くさい」の免罪符

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 by 本田直之"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報ダイエット仕事術 by 堀 E. 正岳

何事も、取りすぎはよくないですね。情報も同じようです。
出来ることからコツコツとやらないと上滑りになります。
私も気をつけなければ・・・

情報ダイエット仕事術
情報ダイエット仕事術堀 E. 正岳

おすすめ平均
stars「情報ダイエット」=情報とのつきあい方をスリム化することで生産性を向上させること。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[目次]
第1章 あなたの目標を「ダイエット」する
第2章 時間を生み出す「時間ダイエット」術
第3章 楽して成果を上げる集中力のつくり方
第4章 「割り込み」に先回りする仕事術
第5章 成果を出し続ける知的アウトプット術
第6章 「継続」にとらわれない習慣術
第7章 「小さな習慣」から、「大きな成功」へ

続きを読む "情報ダイエット仕事術 by 堀 E. 正岳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧