起業:書評

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった by 香取 貴信

●ディズニーランドで筆者が実際に働いたエピソードを物語調で紹介

筆者が学生の頃から実際にディズニーランドで働いてきた中での
失敗体験や、そこで学んだことをやわらかい口調で語られています。

サービスについての理論的なものではなく、実際の体験から
学んだ「働くこと」「教えること」「本当のサービス」が
語られています。

読書慣れしていない人でも気軽に読める本です。
社会人になりたての人、パート・アルバイトをはじめた人などに
社会人としての基本を物語で理解してもらいたい時に
読んでもらう等、新人教育に適した内容だと思います。

(1)必要なのは前向きに考えて「行動できる」チーム

(筆者がリーダー役のミーティングで他人の意見の評価ばかりして、
 結局自分の案がないことが発覚した後の上司からの言葉。)

「香取君がリーダーなのは、みんなわかってる。
 でも、いまのままじゃ、わがままなだけになっちゃうよ。
 考えてこれなかったのはしょうがないんだから、
 それは正直にいって、そのうえで、みんなから出た
 意見をよりよい方向へもっていくのが本当のリーダーだよ。
 ここには評論家は要らないんだよ。必要なのは、
 いつも前向きに考えて『行動できる』チームなんだよ。」

ごもっともでした。当時の私は、なんでも自分が中心に
なっていないと気がすまない、いくら人の意見がよい
ものでも、いったん人の意見を否定して、それでみんなの
注目を集めようとしていた、ただの「わがままな評論家」でした。

その後、みんなに謝って、一緒に考えてもらうことにしました。
じつは、一緒に考えてもらうことを当時の私は「負け」のように
感じていたのです。自分のことを中心に考えて、チームとして
キャンペーンを成功させようという意志がなかったのですね。

いまでもミーティングになると、宮外さんが教えてくれた
「ミーティングに評論家はいらない」という言葉を思い出します。

(2)パレードの準備と後片付けの仕事


(新人スタッフにいきなりゲスト(お客様)に
 パレードの説明をしてもらった後に上司より)

「俺たちの仕事は、ただパレードの準備をして、
 あとかたづけするだけじゃないんだよ。
 『一緒にパレードをつくってゲストに喜んで
 もらえる仕事なんだ』っていうことだよ。

 このパークの素晴らしいところは、パレードを
 見に来てくれたゲストが喜んでくれることで、
 スタッフも喜べる仕事ってこと。人の喜んでいる
 姿を見て、自分の幸せにつながる仕事って、
 なかなかないでしょ。

 だから、今回の新人スタッフには、いちばんはじめに、
 俺たちの仕事のすばらしさを体験してもらいたかったんだ。
 人間、最初に受けた感動は絶対忘れないから」

(3)一生懸命にやっている姿が価値を生むんだ

(新人の方が、ベテランになった筆者よりも
 ガイドぶりが良かったと言った上司の続きの言葉)

 「そう。このアトラクションで必要なことは、
  どんなにヘタでもいいから”一生懸命”に
  やることなんだよ」

 「今日の新人は、まだ4日目。ヘタだったろう?
  でもな、いまのおまえにはない”一生懸命”さが
  あったよね。だから、ゲストも感動してくれたんじゃ
  ないのかな?

  いってみれば、このアトラクションはつくりものなんだよ。
  ゲストもみんなわかってる。でも、そのつくりものを本物
  として、一生懸命にやっている姿が、ゲストにとって
  おもしろいし、価値を生むんじゃないかと俺は思うよ!!

  いまのおまえは、何百周もガイドを回ってきて、
  手を抜くところを自然と身につけてしまったんだな。
  そんなの、ゲストはすぐに見破るよ!!だからおもしろくないし、
  一生懸命さが伝わってこないんだよ。うまくごまかそうとしている
  ガイドなんだな

  俺たちは、まだまだプロじゃない、プロにくらべたら、表現力や話術
  なんて、ぜんぜんかなわない。でも、一生懸命に全力ですべての
  ガイドを回ることはできる。そこが、いまのおまえにはなくて、
  今日のトレーニーにはあったんだな。うまくやろうとしなくて
  いいんだよ。御前が最初にデビューしたころのように、
  いつでも全力で一生懸命にやるんだよ」

●サービスの最低条件

どんな人にもできて、だけどとても大切な最低条件
それは、「いつでも絶対に手を抜かないこと」
「いま目の前にいるゲストの全力で接すること」です。

だって、いま私たちの目の前にいるゲストは、
もう2度と(ディズニーランドに)来れないかも
しれないのだから…。


物語調で語っているので、ピックアップでは
うまく伝わらないとは思いますが、忘れかけていた
初心に気付かせてくれる一冊でもあります。

ディズニーの育成スタッフ、サービスの実践を
楽しく学べます。


◆社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
著者:香取 貴信
出版社:こう書房

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)
おすすめ平均
starsご本人の講演会のために。
stars楽しかった。サービスを理解できそう
starsサービスの基本ですよね
stars共感できない
stars主役は、今は珍しくなった喜怒哀楽の激しい青年

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。

続きを読む "社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった by 香取 貴信"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべては記憶に残るサービスのために by 金井 豊

●美容師は最強のサービス業

それは美容師が3つの要素を備えており、
その3つを兼ね備えなければならない
仕事がちょっと他に見あたらないからだ。

1.技術

仕事時間外は毎日毎日が練習の日々。

2.センス

「ヘアースタイルをデザインする力」のこと。
単なる技術者ではなく、美容師はデザイナー
でもなければならない。

3.対人関係能力

お客様とのコミュニケーションのこと。
第一印象(身だしなみなど)、
トーク(テクニカルトーク、デザイントーク)

この3つの要素をたった一人で提供する、
これが美容師のサービスだ。

この3つ要素を常に磨き続け、バランスを
とりつづける。そうしてこそ、美容師は
ナンバーワンのサービスパーソンなんだ。


本書ではそんな美容業界で最先端を走る
ヘアサロン「RITZ」がどのような
マネジメントを行い、最強のサービスを
実現しているのかをオーナー自らが紹介しています。

以下に印象に残った点を3点ご紹介します。

(1)9つの瞬間

「すべてのプロセスがうまくいかないと、
 お客様はまた来てくれない。」

1.リッツを知る
2.予約
3.入店
4.カウンセリング/施術
5.パーマ・カラー待ち
6.仕上がり
7.会計
8.ほめられる
9.DM

この9つのプロセスひとつひとつに
お客様がリッツから離れていく、
つまり「もう2度と来てくれない」
可能性が潜んでいる。

逆に、9つのプロセスをきちんと
こなしていれば、少なくとも心理的な
部分でお客様を失うことはない。

(2)クレドカード

クレドとは集団としての方向性、指針をスタッフに伝え、
浸透させるためのツール。私が敬愛するホテル
「ザ・リッツ・カールトン」のクレドカードを参考に
リッツカードをつくったものだ。

リッツのクレドカードの構成
・3つのビジョン
・6つのミッション
・18のサービスベーシック
・自分の笑顔の写真
・自分のセルフイメージ
・ゴール(目標)

これはリッツのスタッフ全員で決めたもので、
更新するときは、主だったメンバーが
ミーティングのための合宿をする。

(3)マニュアルは誰のものか

ベーシックな部分のマニュアルは絶対に必要だと思う。
「システム」として動かすべきものはマニュアル化すべき。
問題はマニュアルをどう見るか。

組織の中で共通言語は必要。また、
スタッフにとって、マニュアルを「自分たちでつくり
あげたもの」に見せなければいけない。

マニュアルに対するスタッフからの意見は大歓迎。
リッツ各店からの意見が毎日メールで事務所に
集まるシステムになっている。

マニュアルの怖さは、

「みんながマニュアルどおりにやって、
 オリジナリティがなくなる。」

ということより、

「みんながマニュアルについて考えなくなった」

ときの怖さだと思う。

●リッツのマネジメントシステムを公開

(1)で述べた9つの瞬間については、
ひとつひとつを掘り下げて解説しています。

スタッフの育成や自己啓発支援も
リッツは仕組みとして行っております。

リッツのサービスマネジメントは異業種でも
応用できるヒントがたくさんこもっています。

オーナーの物語も書かれていて、美容業で
独立を目指す人には大変良い刺激になる本です。

◆すべては記憶に残るサービスのために
著者:金井 豊
出版社:フォレスト出版


後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

すべては記憶に残るサービスのために―最先端ヘアサロン「RITZ」がなにをやっているか
すべては記憶に残るサービスのために―最先端ヘアサロン「RITZ」がなにをやっているか
おすすめ平均
starsおすすめです☆
starsこれだけ良い箇所一切無しの本も珍しい…
stars人は勝手に育たない
stars店舗運営をしている人必見!!!です。
stars現場のパワーが伝わってきます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。

続きを読む "すべては記憶に残るサービスのために by 金井 豊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹

以前から、金森氏のメルマガを取っています。そのメルマガで、一番先に読んでいたのが、金森重樹氏の自伝的な内容を綴っていた「お金の味」のコーナーでした。生々しい状況描写が「ナニワ金融道」を思い起こさせる味わいでした。

25歳フリーターに利息24%の1億円もの借金を背負った人の現実をおそるおそる覗いている気分でした。そして、そこから理論的な思考で生還する様子は、よくできた映画を見る思いでした。

再度、本になった『借金の底なし沼で知ったお金の味』を読みと、教訓になりそうな言葉が散りばめられています。そんな言葉を紹介していきます。

◆水は方円の器に従う

周囲の環境の影響を受けて生きているので、周囲にお金持ちがないければ、お金持ちの行動を学ぶことができない。そして、自分の環境を意識しないでそのまま受け入れると周りの影響を受けてしまう。

動物は自分が置かれた環境に縦横することしかできないが、人は環境を変えることで自分を変得ることができます。

◆「働くおじさん」と「働かせるおじさん」

学校教育もお金持ちになるにはマイナスの影響を与えます。「将来労働者になることを前提とした教育が行われている」という前提で教育が組み立てられているからです。

なので、「労働の現場」は教えても、「働かせるおじさん」について教えることはありません。会社組織は「働くおじさん」と「働かせるおじさん」の両方で成り立っているのですが、「働かせるおじさん」は取り上げてくれません。

◆税理士が会社をダメにする場合がある

税理士は経費削減の提案はできるのですが、売上向上や会社組織全体の経営視点からの物事を捉えられない場合があります。

なので、人件費の圧縮を図った結果、残って欲しい人材が流出したり、取引業者までに情報が漏れて、取引条件が悪化する場合があります。また、売上をあげる必要があるのに広告費までを削って、売上自体を落とす場合もありす。

◆金持ちになるための手がかりは簿記の本に

不動産デベロッパーの業界を調べていると構造的な問題があり、財閥系か鉄道会社系しか生き残れない構造になっています。これは、財務分析から出た疑問点を丹念に調べた結果から分かりました。

会社経営で利益を出して聞くのに、会計の知識がないと理解できないことがあります。

◆まとめ

強く、印象に残った言葉を紹介してきましたが、実際にあった出来事のリアリティに圧倒されます。このリアリティは本書『借金の底なし沼で知ったお金の味』は物語を読まないとその迫力は感じられません。

最後に、金森重樹氏は、当初、一山当てるために東大に合格して、上京しました。しかし、巨額の借金を背負ってしまいましたが、それがために、もしかしたら、早く、目的を達成できたしたら、借金も神様が用意してくれたのかも知れませんと感じました。


◆借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹
~25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
著者:金森重樹
出版社:大和書房

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記金森 重樹

おすすめ平均
stars素晴らしい内容の本です!
stars自分にとってのお金の味は・・・
stars羨ましいような羨ましくないような
stars生きる勇気
starsお金持ち

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

過去に取り上げた金森重樹氏の本

『超・営業法』 by 金森重樹

『超・マーケティング』 by 金森重樹

『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 by 金森重樹

続きを読む "借金の底なし沼で知ったお金の味 by 金森重樹"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『新規事業がうまくいかない理由』 by 坂本桂一

『新規事業がうまくいかない理由』を読んでいると坂本桂一氏が、多くの新規事業を見て、あまりにも、ピントはずれな運営方法にいらだっているような感じを受けます。

本書を読むと、企業内起業の難しさと、可能性を感じることができます。類書は見たことがない(私の見識不足かもしませんが)ので、新規事業を立ち上げようとしている方には貴重な本になるでしょう。

まえがきに、もっと、ノウハウを詰め込んだ本にしようかという企画もあったそうなので、今後、そのような本も出版されるかもしません。読んでみたいですよね。

◆企業内起業とベンチャー

企業内企業とベンチャーを比較すると、リソース的には企業内起業が恵まれているが、実際の成功率を見るとベンチャーが勝っています。それは、圧倒的にモチベーションと後がないというハングリー精神が勝っているからです。

そういう強烈な精神力を、企業内起業を実行するサラリーマンに求めるのは無理というものでしょう。彼らは、安定を望んでリラリーマンになったわけですから。

企業内起業では考え方を変えて、ハングリー精神やモチベーションの乏しい人間がオペレーションを行うという前提で、事業を選ぶべきでしょう。

◆うまくいかない理由

新規事業従事者、会社側にそれぞれ失敗する理由があります。そのいくつかをピックアップして、説明します。

・成功が前提になっている。
新規事業の場合、多くは失敗に終わります。非常に、用意周到に望んでも、せいぜい50%程度がいい方です。なので、会社側がそれを認識してないと、結局、貴重なリソースを無駄に消費するだけで終わります。

・意志決定者が多く関わりすぎる
多くの事項について、なるべく、多くの人の意見を取り入れた方が成功の確率が高まると思われていますが、それは違います。特に、過去の成功や実績から結論を出してしまうと、必ず、失敗します。

・既存事業の評価やルールを適用する
既にある事業を発展されようとするのと、新しく事業を立ち上げることは、野球とサッカーほど違います。その違う事業環境に、同じ評価基準を持ち込むのは無謀です。

◆新規事業を立ち上げるには

新規事業を成功させるには、以下ようなことを守る必要があります。

・新事業の目的をはっきりさせる
新規事業を立ち上げるには、目的があるはずです。その目的をまず、決めます。

新規事業の目的は、本業の重心移動、本業周辺の強化、未来を担うビジネスにシフトする、他社のキャッチアップ、衰退しつつある本業を補うなどかあります。

・グループにアイディアを出させる
多くの新規事業は、社内公募等で個人に良いアイディアを提案させて、その事業案から検討を行います。

これはダメなパターンです。新規の奇抜なアイディアは必要なく、また、そのようなアイディアはサラリーマンから生まれません。そして、審査する方もサラリーマンなので、よいアイディアが選ばれる事もありません。

目的に沿った事業を綿密に、最低三ヶ月、数百時間に検討して、スキームを組み立てていきます。

・ビジネスプランの策定
通常のビジネスプランは、P/Lを作成しますが、新規事業は目的は何でそれを達成するためにどのようにやるのかを第三者が見ても分かるようにまとめることが重要です。

どんな優秀な頭脳でも未来のことは分かりません。変更があれば、対応できるような柔軟性と成し遂げるという執念が必要なります。

◆まとめ

本書のあとがきに、リクルートなどように、新規事業を立ち上げるのがうまい会社とそうでない会社の違いは、単に、成功体験の差からではないかと述べられています。

うまくいく企業は成功体験から、当然、うまくいくものだと思いこんで行動します。そして、以前の成功体験から学んだノウハウが少しずつ蓄積されて、新規事業が得意な会社に成っていきます。

その第一回目の成功、少しの成功でもいいからこの本で学んで欲しいと述べています。


◆『新規事業がうまくいかない理由』
~「プロ」が教える成功法則
著者:坂本桂一、出版社:東洋経済新報社
出版社:明日香出版社

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

新規事業がうまくいかない理由
新規事業がうまくいかない理由坂本 桂一

おすすめ平均
starsともかく読んでみましょうよ。
starsありがちな罠を明快に
stars面白い視点
stars社会で働く若者にお勧め!
stars新規事業担当者に是非おすすめの1冊!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『新規事業がうまくいかない理由』 by 坂本桂一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by石原明 後編

石原明著『社長、「小さい会社」のまましゃダメなんです』の後編です。

◆中途採用にいい人材はいない

多くの会社は即戦力になる人材を狙って、中途採用を行います。しかし、中途採用で実際に有能な人材はほとんどいません。いるとしたら、年収1,500万レベルの人材からです。

というのは、優秀な人材は会社がやめさせないし、本人も会社から大切にされていることを分かっているので、会社を辞めません。会社倒産などの場合でも、優秀な人材はすぐにヘッドハンティングされるので労働市場に出てきません。

なので、新卒を採用しましょう。採用すべきは、新卒の中の上位25%です。優秀な新装は会社の宝になります。特に、優秀で新鮮な発想をもつ新卒者は社長の頭を刺激します。

優秀な新卒者を採用するには、3年程度の時間が必要です。なぜなら、良い会社があるという情報が学生に浸透するには、その程度の時間が必要だからです。

一年目は、新卒を採用する会社に、まず、加わりましょう。日本の会社の0.5%しか新卒者を採用しません。次に、優秀な学生が応募してくれるような環境に整えます。ワイキューブという会社が得意で、300万から600程度というリターンを考えると安価な値段でコンサルを引き受けてくれます。

優秀な会社と分かると、まず、優秀な女子学生が応募してきます。そして、次の年の採用担当にその優秀な女性を担当させると優秀な男子学生を得ることができます。

◆システム投資はお金だけをかけてもダメ

販促、ホームページ製作、新卒者の採用などは、お金をかけるとそれに見合う価値のある投資にすることができます。しかし、システム投資だけは、構造的にお金をかけるだけではダメです。これは、日本の国策の影響です。

社長のITインテリジェンスが必要になってきます。多くの社長は、システム投資は分からないからと理解することすらやめますが、一種の設備投資なのですから、利益が本当に上がるのかを吟味する必要があります。なので、ITインテリジェンスが必要とされます。

◆まとめ

しっかりとしたビジネスモデルを構築すると、後は、機械的に成長させることができます。それは、まず、販促を行い、お客様を集めます。そして、次に、ビジネスの根幹となる優秀な人を集めます。その後、優秀な人材が育つように教育・環境を整え、最後に、システムを整備させます。

私見ですが、インターネット・ビジネスも同様にように思いました。ある一定のレベルで利益が出るホームページを作ります。そして、広告を次々に打っていき人を集めます。自動的にお金が集まります。集まったお金でシステムに投資したり、更に、高価な広告を打ちます。ビジネスの定石は、ネットでも変わらないものですね。

◆今日の言葉
「人は最初にふれたもののレベルによって、「それはこういうもの」というそしの事柄に対する初期設定ができあがります。」
→新人の頃に、トップレベルの人材に会わせる意味。

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

著者:石原明、出版社:サンマーク出版、ISBN:4763196359 後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
 ★★★★:読まないと、とても後悔する
  ★★★:読まないと、やっぱり後悔する
   ★★:読まないと、後悔する気がする
    ★:読まないと、後悔するかな?

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!
社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!石原 明

おすすめ平均
stars零細企業の経営者に、自分の会社を大きくすることへの「覚悟」を迫る本。
stars2006年最高の本です。
stars次回作に期待
stars会社って、どこまで大きくすればいいのかな
stars面白いテーマですな。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by石原明 後編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明 前編

石原明氏の『成功曲線を描こう』は私のお気に入りの著書です。その石原明氏の最新の著書が、『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』です。実は、半年はほど前に、石原明氏のセミナーに参加しました。そのセミナーで話されたことが書籍になったようです。

石原明氏の『成功曲線を描こう』の書評はこちらから

◆現状維持てば会社は衰退する

会社は発展するか、衰退するかどちらかしかありません。現状維持でいいと思っているいると、結局は衰退するしかあまりせん。というのは、世の中は日々進歩しています。それに合わせて、進歩しなければ衰退するしかありません。

会社を発展させる決め手は、会社を発展させるノウハウを知っているか否かがポイントです。近年、リクルート出身者が起こした会社が急速に多くなっているのは、つまり、発展されるノウハウを知っているということにほかなりません。

大きくするポイントは、次の5つです。

1.販促
2.採用
3.教育
4.環境整備
5.システム

特に、ビジネスのベースを築いたら、販促、つまり、広告の規模を拡大するだけで、ビジネスは大きくなります。広告により、拡大させたビジネスは優秀な人材を採用して、ビジネスを支えるようにします。それだけで、急速に発展していきます。

◆商品の選択

ビジネスで商品の選択は非常に重要です。しかし、多くの社長はそれを分かっていません。少なくとも、意図して商品を選択したという社長はほとんどいません。

商品選択は、単価が高く、リピート性の高い商品が理想的です。ただ、両方を満たす商品は少なく、どちらか一方の性格を帯びます。優秀な社長は、リピート性の高い商品と単価の高い商品を組み合わせて、ビジネスを構築します。

その一つの実例が、書店に必要なマンガ本にビニールをつける機械を製作している会社のビジネスです。機械自体は高価な商品で、消耗品のビニールはリピート性の高い商品です。

・・・後編に続きます。

◆今日の言葉
「世の中は自分のためにお金を出して実験してくれている」
→儲かる仕組みを構築している会社を観察するとタダでノウハウが手に入る。

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

著者:石原明、出版社:サンマーク出版、ISBN:4763196359 後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!
石原 明

サンマーク出版 2006-02-11
売り上げランキング : 10717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天ブックス: 『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明

続きを読む "『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明 前編"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

携帯アフィリエイト

携帯アフィリエイトのセミナーに参加しました。スピーカは、携帯アフィリエイトASPのトップ「アドウェイズ」の取締役COO 松嶋さんでした。 携帯アフィリエイトをしようかなと思って、参加した立場では以下のような点に衝撃を受けました。

続きを読む "携帯アフィリエイト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『起業のネタ!』 by 森英樹

週末起業フォーラムによると、起業の障害でもっとも大きい割合をしめているのが、「ネタがない」というものです。それが悩みの約半分を占めるそうです。ついで、「事業化できない」、「時間が足りない」が続きます。


この最大の悩みをコンサルタントである森秀樹氏が丁寧に解説したのがこの『起業のネタ!』です。段階をおって、説明しているため、この『起業のネタ!』に書いてある方法を実行していくと何らかのヒントが得られそうです。ただ、森秀樹氏も本書の後ろに書いてありますが、起業のネタは自分の外に転がっているのではなく、自分の内からわき出るものなので、如何に引き出すかにかかっているようです。

◆専門分野

まず、専門分野を見つける必要があります。専門分野を見つけるには、「好きなこと」、「得意なこと」、「時流に乗っていること」の3つの視点から加賀得ることができます。

まず、好きなことは、「2時間以上しゃべることができる」、「いままでに、何に一番お金を使ったのか」で知ることができます。また、本をよく購入するなら、どの分野の本を買っているかで知ることができます。得意なことは、職業上身につけたスキルがまずあげられます。そして、特に、よいのは「できない」ことが「できる」ようになった体験は説得性が高いので売り物になります。最後に、時流に乗っていることも大切で、次の4つの視点から考えることができます。

1.今後10年間で増えることは?
2.今後10年間で減ることは?
3.今後10年間にわたり、好かれるものは?
4.今後10年間にわたり、嫌われるものは?

増えたり、好かれるもは、その中での需要が見込めます。逆に、減ることや嫌われることからニッチな需要を掘り出すことができます。

◆売る切り口

得意分野が決まったら、売る切り口を考えます。4つあります。

1.モノ
2.技・スキル
3.知識・教え・情報
4.場・ネットワーク

モノを売る場合、価格競争に巻き込まれないものものを売る必要があります。目安として、通信販売の粗利70%を考えるといいでしょう。ちなみに、週末起業で古本を売っている方は、売上20万円で利益が15万円と利益率が75%にもなっています。身近なところにネタがあります。

場・ネットワークとは多対多を結び付けるものです。例えば、With9ではアマチュアバンドのメンバーを結びつけるサービスを行っています。バンドのメンバーで例えばギターが足りなくなったら、そのホームページにアクセスして、条件の合う人を探すことができます。

更に、切り口の組み合わせを考えることができます。例えば、モノと知識・教え・情報を組み合わせて、CD、DVD、小冊子を販売することが考えられます。

◆誰に売るのか

誰に売るかは意外に考えられていません。いくつかの切り口を考えて、組み合わせを考えてみると、広がります。商品軸で考えたものと誰に売るかという顧客軸で考えたものを表にして、ブレイン・ストーミングで多数のアイデアがでるように考えてみましょう。このとき、質より量を重視します。できるだけ多く出して、そして、その後、評価すれば良いのです。

◆まとめ

「専門分野×売る切り口×誰に売るか」の組み合わせで多くのネタが出てきます。それを後で、評価すると見込み高い起業のネタが見つかります。

今回、紹介できませんでしたが、評価の基準、芋ずる式ネタの出し方、オンリーワンの切り口と多くの情報が含まれています。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 専門分野は「好きなこと」、「得意なこと」、「時流に乗ること」で。
■■ 切り口は「モノ」、「技・スキル」、「知識・教え・情報」、「場」。

◆起業のネタ! ~起業・新事業のアイデアがザクザク出てくるネタ出し完全マニュアル、 著者:森英樹、出版社:明日香出版社、ISBN:4756908691

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

起業のネタ!
4756908691森 英樹

おすすめ平均
stars「起業のネタ」とは、商品と顧客の組み合わせである
starsかなり強引
stars背中を押してくれる一冊
starsネタが見つかるだけじゃない!
stars起業家予備軍にとって必読の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『起業のネタ!』 by 森英樹"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『自分の会社をつくるということ』 by 経沢香保子

女性起業塾出身の方に、縁があることが多かったので、その塾を主催しているトレンダーズ代表の経沢香保子氏の著書を購入しました。読んでみて、堅実に事業を運営している様子が伝わってきました。

『自分の会社をつくること』が提唱している企業は、従業員3-4人で、年商1億、社長の給与が3,000万程度がよいと主張しています。この規模を提唱するのは、一緒にビジネスをされている『加速成功』の道幸武久氏と同じ見解ですね。

女性のあたらしい生き方として起業を勧めています。女性は起業に向いていると主張します。そして、女性が起業に向く理由として、1.消費のプロ、2.きめ細やかで優しい、3.母性本能が人材育成に向く、4.堅実でまじめ、などをあげています。

『自分の会社をつくること』を読んでみて、感じるのは、自分サイズの起業の形へのこだわり、中小企業はブランド次第、堅実な考え方です。

まず、自分サイズの起業は、オンリーワン業種、従業員3-4人、年商1億円、社長の年収3,000万円、利益率の高いサービス業、認知度が高く、会社ブランドを持っているという会社を作ることを指しています。

このような会社を考え出すのには、一番良いのが事業計画書を何度も書くことを勧めています。というのは、書くことで明確になり実現可能性を高くすることができます。事業計画書の内容は、どんなサービスか、誰に、どのように、そして、実現する可能性を記載します。

そして、随所に会社ブランドにこだわる姿勢が目立ちます。それは、このような小さな会社では営業をおく余裕がないこと、また、仮にあっても、名前の知られてない会社が営業のみで新規顧客を開拓できないという経験があります。同様に、広告もだめでした。

うまくいったのが、マスコミをうまく活用したPRでした。マスコミに掲載されることは、社会的に意味のある特徴的な活動でなくてはなりません。特徴は会社が明確に打ち出す必要があります。その意味で、ブランド作りを意識して、会社を表現する必要が出てくるのです。

実際のブランドの作り方は、人のネットワーク、インターネット、マスコミになります。インターネットは、意外に時間がかかります。そして、大切なことはね「繰り返し」、「定期的」ということです。薄皮を積み重ねるようにして、信用を作り上げて、ブランドに変えていきます。メルマガやスタッフ日記はその代表的な例です。

最後に、現実的で地道な経営者の姿を感じました。例えば、ITバブルの頃、ビットバレーと呼ばれた多くのIT起業家が、いろいろとアドバイスしたのですが、経沢香保子氏は、自分のスタイルを貫きます。アドバイスの逆に、他からの資本を入れない、パートナーを持たない、採用は実務経験より能力の可能性を重視したなどです。

『自分の会社をつくること』から、自分サイズの起業としての従業員3-4人年商一億円、中小企業こそ会社ブランド作りにこだわること、周りに左右されない堅実な経営が大切なことだと学びました。

■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 新しい生き方としての自分サイズの起業を検討してみよう。
■■ リソースが少ない中小起業こそブランド作りに力を入れよう。

自分の会社をつくるということ~人生を自分で創り出していく生き方
著者:経沢香保子、出版社:ダイヤモンド社、ISBN:4478733015

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

自分の会社をつくるということ
4478733015経沢 香保子

おすすめ平均
stars会社のホームページと本の内容
stars良く知っているが・・・
stars女性が起業することを本気で考えているからこそ
stars成功のためのことが事細かに!!
stars共感できない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『自分の会社をつくるということ』 by 経沢香保子"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

『最強ブログ営業術』 by 横須賀てるひさ

ブログの認知度も高まり、多くのブログに関する本が出ています。特に、ノウハウ系は多く、かつ、一読者からするとどれがいいか判断しかねると思います。私は、実際に、ブログを運営してきて、かつ、ブログをビジネスに使用している立場から、ブログの実情に即していると思った本の一つが今日紹介する本です。

『最強ブログ営業術』の名前に恥じない横須賀てるひさ氏の実績が、最初に提示されています。年収が5倍。そして、500人の人脈。この人脈は、単に名刺上だけのものではなく、実際に仕事で、関わりのあったものです。更に、枝廣淳子氏の『朝2時起きで、なんでもできる! 2』の掲載を始め、新聞、雑誌の取材がありました。

横須賀てるひさ氏のブログへの思いを端的に示すものが、ブログの定義です。引用します。『ブログとは、「自分自身」をインターネット上に投影したもの。つまり、インターネット上の「自分自身」である』私も、『ブログ・マーケティング』というブログで、同様な趣旨のことを書きました。共感のもてるブログへの認識です。

「自分自身」という言葉からブログを「生きた人脈」へ、どのようにつなげるかを常に、横須賀てるひさ氏が考えていることがよく分かります。「共感」と「安心」という二つのキーワードで、オフラインでの活用の方法を説いています。つまり、同じブログ・サービスを使用しているという共感と、ブログを見ることにより相手がどのような人かが分かるという安心感です。

ノウハウ的な事で、特に、共感できることは、アクセス数の稼ぎ方、コンテンツの考え方、自分の見せ方の3つです。

まず、アクセス数の稼ぎ方ですが、ブログのタイトル、まめな更新、コメント・トラックバックの活用の3つに集約されるようです。

ブログのタイトルは、コンテンツにふさわしいメッセージ性のあるものにすべてです。そして、そのブログが価値あるものしてみられるには、コンテンツの量が必要です。そのためのまめな更新が必要です。最後に、コメントやトラックバックによるオンラインでの交流が着実にブログのアクセスになります。

次に、コンテンツの考え方は、実録・日記系を勧めています。ビジネスに効果的なコンテンツの形態として、横須賀てるひさ氏は、「ノウハウ系」と「実録・日記系」をあげています。

「ノウハウ系」は、そのビジネスのノウハウをブログで提供していく形態です。これは、効果が高いが、作成するのに敷居が高いのが難点です。それに比較して、「実録・日記系」に、自分の業務知識やスキルを織り込む形式が、無理がないと勧めています。

最後に、自分の見せ方は、どん底からはい上がる物語の形式を取るべきだと主張しています。具体的には、プロフィール部分に、過去の恥ずかしい挫折の経験を書き、それから、成功へ向かっている理想の自分を描くことを勧めています。すると、共感が増え、アクセス数も、200から300~400へと増えたと書いています。

アクセス数はどちらかという地味な方法で着実に増やし、コンテンツ自身は業務日記的な内容に自己の業務知識やスキルを織り込み提供し、ブログでどん底から理想の自分へとはい上がる物語を感じてもらえるのが、横須賀流ブログの成功術のようです。共感がもてます。

そして、この本の末尾に、「稼げるブログの作り方」の30日マニュアルがつ
いています。より具体的に、その方法を知り、実践をするのによいマニュアルです。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ アクセス数は、地味な更新、交流などの地道な努力から生まれる。
■■ 業務の知識・スキルを織り込む、実録・日記系コンテンツが鍵に。

最強ブログ営業術~小さな会社の逆転戦略
著者:横須賀てるひさ、出版社:技術評論社、ISBN:4774123501

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術
4774123501横須賀 てるひさ

おすすめ平均
starsビジネスブログを語れる行政書士はなぜどうやって成功した?
stars実践的なブログ活用術の指南書
starsオーソドックスなブログ活用ノウハウ
stars丁寧で判りやすい入門書に感激
stars成功する秘訣は「脱・日記」にあり!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『最強ブログ営業術』 by 横須賀てるひさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)