日記・コラム・つぶやき

去年の実績と反省と今年の計画と抱負

沖縄に帰ってきてもうすぐ3年。帰ってきてから、いろいろなことに振り回されています。昨年も、いろいろなことがありました。プライベートなことが多いのですが。

さて、仕事関係で達成したことは、主に、以下の3つ。

  • 自分のビジネスが回り始めたこと。
  • そのビジネスでルーチン作業から開放されたこと。
  • 念願の引越しを果たしこと。

3点目について説明しますと、基本的に家で仕事するので、「引越し」をして、いい環境を手に入れることは大切なのです。

達成できなかったことはいろいろとありますが省略します。(笑)

反省というか認識したことは、以下の3点。

  • 自分が好きでないことは、できる限り人に任せたほうがいい。
  • 成果があげられなければ、違う方法を試すべき。なんでもいいから。
  • 個人でできることは限界があるので、ひとつのことに集中すべき。

この3点は、これだけでは伝わらないと思うので、また、改めてこのブログで説明します。

今年の計画は、以下の4つ。

  • 売上を2.3倍にする。
  • 店舗系のマーケティングで実績を積む。
  • ダイエットと体力強化。
  • 体のメンテナンスをする。

今年の抱負というようなことは無いのですが、3年以内に今のビジネスの売上を10倍にして、無くてはならないサービスにしたいです。

↓この本は、良いですよ。人生の計画というかシナリオを書くときに。

書くだけで人生が好転する妄想ノート (成美文庫)
書くだけで人生が好転する妄想ノート (成美文庫)久恒 啓一

成美堂出版 2012-07-05
売り上げランキング : 225375


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ、ブログを更新しなくなったのか?

あけまして、おめでとうございます。

このブログ、最近、ほとんど更新しなくて、申し訳なく思っています。

なぜ、ブログを更新しなくなったのか?

なぜ、更新しなくなったかというと理由は簡単で、私の中でこのブログの役割が終わったからです。もともと、ビジネス書の書評を書く目的が勉強というか、情報のインプットがメインでした。実は、このブログや書評メルマガを書く以前は、あまり、ビジネス書は読んでいませんでした。(本はよく読む方でしたが、小説がメインでした。)それに、記憶力があまりなく、読んだ端から忘れてしまう方なので、文書を起こせばそれなりに記憶に残るのではということが始まりでした。

その当時は、今にして思えばビジネス書の転換期で、新鮮な情報や斬新な視点の書籍が多量に供給されはじめの段階で、刺激的でした。というのも、それ以前のビジネス書は大学の教授や大企業の役員など方が抽象的なテーマで本を出すのがほとんどでした。ところが、10年前ぐらいから、第一線で活躍されている方ですが、世間的には名前が知られてない方が登場し始めて、生々しいビジネス現場情報が書籍を通じて知られるようになりました。

新しい本を読むたびに「こんな視点があるのかろ」「この業界はこんなことが起こっているのか」・・・今まで知らなかった情報に触れて、ワクワクしていました。

ところが、ビジネス書を読むにつれて、自分とっての新鮮なネタが少なくなりました。さらに、多くのビジネス書が発売されるに比例して、だんたんと質が低下しているように感じ始めました。加えて、サラリーマンをやめて、事業を起こす側にまわると情報を仕入れるだけでなく、それを実行に移す必要に迫られて、情報の仕入れ、つまり、新しい本を読む必要性が薄れてきました。それを定着するために文書化する意義も薄くなりました。

どういう思いで、再開するのか?

前述の理由で、今までのようなビジネス書の要約というスタイルで書くのはつらいのですが、文書にして書きたいことはいろいろとあります。ビジネス書も、楽しみとして、多量に読んでいます。さらに、ライフログとして、ブログに、今、感じていることを残しておくのもおもしろいかと思っています。

このブログでキーワード検索を使い過去に書いた記事を読むと、当時の考えていたことが蘇り感慨深いものがありました。

どんなことを書くの?

従来の様にビジネス書の要約的な内容でなく、関心のあることや仕事関連の以下のことを書いていきます。

  • ビジネス書の活用法
  • 再読した時の感想
  • 特定分野の複数の本を紹介
  • iPhone・iPadなどガジェット関係
  • ライフハック系
  • インターネットマーケティング関連
  • ビジネスモデル関連

ということで、よろしくお願いします。

p.s.いろいろと書いてしまいましたが、忙しくて更新できなくなるというオチがついたりして・・・


超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル
超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル百世 瑛衣乎

翔泳社 2005-04-19
売り上げランキング : 15883


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊の本をプレゼントします

書評のメルマやブログを運営しているため、
新刊の本を週に2,3冊、頂きます。

非常に、ありがたいことです。

活字好きには、たまりません。

しかし、本業が忙しくなり、
しかも、自分でも本を購入しているため、
なかなか、読めません。

更に、書評を書いている時間が無くて、
いただいた本を紹介することが少なくなり、
申し訳なく思っています。

そこで、思いついたのが、
このメルマガ(ブログ)を読んでいる方への
プレゼント企画です。

この本について、
書評を書いても良いかも
と思う本を2冊、あげます。

そして、書評を1つ書いて欲しいのです。

それをここで、公開します。

その時、Amazonのアフィリエイト報酬は、
あたなに差し上げます。

如何でしょうか?

あなたは、無料で本が手に入ります。

しかも、一部は、まだ、書店に並んでない本です。
アフィリエイト報酬も、もらえます。

その時に、あなたのブログの紹介もしますので、
アクセス・アップにもなります。

献本された方は、自分の本の宣伝になります。

私は、ちょっとした罪悪感から解放されます。
加えて、本がどんどん溜まっていく恐怖からも。

あと、正直に言うと、
書評を書くプレッシャーから解放されます。


写真をクリックすると拡大されます。


では、事務的に、条件や手順など書いていきます。

◆条件

書評をひとつ書くことを条件に、
上記の写真の中から、2冊の本をプレゼントします。

書評の形式などは、こちらと同じになります。
→書評ブロガーにご提案があります


◆送料

着払いで送ります。
つまり、送料は応募者が負担します。

500円以下で、送る予定です。

500円よりも、多くかかる場合は、
メールで了解を頂いて、送ります。


◆手順

1.写真に掲載されている本から、第4希望まで考えてください。
(写真をクリックすると拡大され、本のタイトルが分かります)

2.その希望を下記のアドレスに、メールでお伝えください。
 tulipa■yahoo.co.jp (■を@に変えてください)
 タイトルは、「本プレゼント応募」にしてください。

3.本をお送りします。
 先着順にお送りします。
 なので、希望の本が無い場合は、次の希望の本を送ります。

4.2週間以内に、書評を下記のアドレスにお送りください。
 tulipa■yahoo.co.jp (■を@に変えてください)


以上です。ご応募、待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス書の書評家の集まりに参加しました。

その詳細は、こちらのブログに書いてみました。

ちなみに、今年、読んだ中で、ベストな本2冊を上げるという宿題がありました。各自の回答は以下の通りです。意外に、バラバラなのが面白い。

知識をチカラに こばやし

『凡才の集団は孤高の天才に勝る』キース・ソーヤー(著)
『凡才の集団は孤高の天才に勝る』キース・ソーヤー(著)

『がんばらないで成果を出す37の法則』平野敦士カール(著)
『がんばらないで成果を出す37の法則』平野敦士カール(著)


鹿田尚樹の「読むが価値」
 鹿田さん

『馬券会計学』丸の内龍太郎(著)
『馬券会計学』丸の内龍太郎(著)


シゴタノ 大橋さん

『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹(著)
『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹(著)

『全脳思考』神田昌典(著)
『全脳思考』神田昌典(著)


俺と100冊の成功本 聖幸さん

『会社を辞めずに年収を倍にする』藤井孝一(著)
『会社を辞めずに年収を倍にする』藤井孝一(著)

『小飼弾の 「仕組み」進化論』小飼弾(著)
『小飼弾の「仕組み」進化論』小飼弾(著)

『成果を5倍にする ライブハックス!』大橋悦夫(著)
『成果を5倍にする ライブハックス!』大橋悦夫(著)


ほぼ日blog 杉本さん

『抜擢される人の人脈術』岡島悦子(著)
『抜擢される人の人脈術』岡島悦子(著)

『頭のいいお金の使い方』午堂登紀雄(著)
『頭のいいお金の使い方』午堂登紀雄(著)


joshiben(女子勉) 女子勉さん

『オヤジの知恵』早坂茂三(著)
『オヤジの知恵』早坂茂三(著)

『奇跡のリンゴ』石川拓治(著)
『奇跡のリンゴ』石川拓治(著)


エンジニアがビジネス書を斬る! 丸山さん

『東大を出ると社長になれない』水指丈夫(著)
『東大を出ると社長になれない』水指丈夫(著)

『影響力の武器 実践編』R.B.チャルディーニ (著)他
『影響力の武器 実践編』R.B.チャルディーニ (著)他


ビジネス選書&サマリー 藤井さん

『貧乏はお金持ち』橘玲(著)


後悔しないための読書 外間

『全脳思考』神田昌典(著)
『全脳思考』神田昌典(著)

『アンサー (THE ANSWER)』ジョン・アサラフ(著)
『アンサー (THE ANSWER)』ジョン・アサラフ(著)

続きを読む "ビジネス書の書評家の集まりに参加しました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評ブロガーに提案があります

確か、勝間和代さんの呼びかけの影響で、書評ブロガーが増えたような気がします。しかし、なかなか、アクセスを呼び込むのに苦労しているのではないでしょうか?

そこで、いい書評を書いているブロガーにこのメルマガの場を提供しようと思いました。読者数12,614人のメルマガです。メルマガでしたら、確実に、読者のメール・フォルダーに届きますので、読んでいただける確率が高いのです。

さらに、母数が多いので、例えば、10%しかメルマガを読んでなくても、約1,200人が読みます。

ブログで言うとユニーク・ユーザが1,200、PVだと少なくても2倍にはなる
ので、2,400PVです。これだけのブログはなかなかありません。

詳細はこちらをご覧ください。

続きを読む "書評ブロガーに提案があります"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『偽善エコロジー』 by 武田邦彦

この本を読むと、エコロジーによさげとイメージで判断されて、結局は、環境破壊に荷担していたという皮肉なことが取り上げられています。例えば、エコバッグは、環境に良さそうですが、逆に貴重な石油資源を浪費している
ことになります。

エコと唱えていれば、誰も反対できないことをいいことにいい加減な情報が氾濫しているようです。

ちなみに、テレビCMのエコ替えは、ビックリですよね。エコにいいと言って、新車を売るというのは消費者をバカにしています。最初、見たときは、皮肉っているのかと思いました。

続きを読む "『偽善エコロジー』 by 武田邦彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バカの壁』に思う

『バカの壁』の話題が、和宅のお気に入りで、人気blogランキング3位のブログ『世に倦む日日』に掲載されていました。かなり、憤慨しているようでタイトルもその高さを表す『文藝春秋1月号の誌面から - 日本人の知性劣化と「呪術の園」』。

文芸春秋の広告「司馬遼太郎さんの予言 - 没後十年をむかえて」を気になり、書店に出向いたところ、養老孟司氏による司馬遼太郎論にかなり、お怒りの様子。引用してみると、

養老孟司が現在の日本の思想界で司祭のようにふんぞり返っている事実が私には異常に見える。あの男はただの解剖学者で、ただのお医者さんで、これまで先哲の古典思想など読んだこともないし、学問的に考えたこともないはずだ。歴史の知識もない。なぜ養老孟司が日本の思想界の第一人者のように振る舞うことができるのだろう。文藝春秋の新年号には一年の総括と展望が特集される。特集にはそのときの日本の思想界の大御所が登場してそれを司(つかさど)る。そしてその人間が文春知識人の第一人者であり、嘗ては司馬先生や立花隆が分担していた。梅原猛にはデフォルトでその資格がある。養老孟司はやめて欲しい。

続きを読む "『バカの壁』に思う"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Google Sitemapsへ登録

昨日、「アフィリエイトは儲かんないってば」のブログで、Google Sitempの話題が出ていたので、登録しました。Google側が英語表記なので、今ひとつ、意味が分からないまま登録しました。
Google Sitempの追加情報もあります。

続きを読む "Google Sitemapsへ登録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSと楽天

TBSに楽天が経営統合を迫っている理由に、放送と通信の融合となっています。で、ふと、思ったのが、真の狙いはは、「携帯向け放送のワンセグによるアフィリエイト」かなと思いました。

それは、

続きを読む "TBSと楽天"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

Amazonギフト券プレゼント、ビジネス書購入にどうぞ

Amazonギフト券を140名様にプレゼント!

人気ビジネス書評系メルマガが協賛して、意識の高いあなたに贈ります。

延べ月間発行部数合計120万部のメルマガ発行者が、
書籍購入のためにAmazonギフト券140名様プレゼント!
キャンペーン締め切りは、【9月末】応募はお早めに。

詳細はこちらから、どうぞ。

続きを読む "Amazonギフト券プレゼント、ビジネス書購入にどうぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (4)