« 最近の読んだ本でおすすめ本5冊×2人分 | トップページ | ネットビジネス本ベスト3冊×2人分 »

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく by 堀江貴文

堀江貴文氏の本は、『稼ぐが勝ち』から、10冊程度は、読んでいます。

今回の『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』は、今までの本とは、趣が違い、何か、思いを真摯に伝えたいという思いが伝わってきます。

その思いは「働くこと」です。

「働くこと」について、丁寧に思いをいろいろな側面で語っているのですが、そのなかで、個人的に感銘をうけた部分を取り上げてみます。

『仕事を好きになるたったひとつの方法』

「仕事を好きになるたったひとつの方法」が特に心に響きました。
堀江貴文氏によると、3つのコツで仕事を好きになるそうです。

以下、その部分を引用します。

『人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。
        ・・・中略・・・
 ここで大切なのは順番だ。
 人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。
 順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のだ。』

『じゃあ、どうすれば没頭することができるのか?
 僕の経験から言える答えは、「自分の手でルールをつくること」である。』

『ルールづくりのポイントは、とにかく「遠くを見ないこと」に尽きる。』

私自身、本当に小さな事業を運営しているのですが、どうも、好きになれない作業が発生して、困っているのです。しかし、この説明を聞いて、なるほど、そうすればいいのかと頷いてしまいました。

と言うのも、以前、必要に迫られて英語の勉強をしたことを思い出したのです。英語自体は、もともと苦手で嫌いな科目だったのです。しかし、自分で工夫して勉強するうちに、勉強自体が苦にならなくならなくなりました。逆に、やや好きになったほどです。この時は、必要に迫られて始めたことでしたが、結果的に、没頭することで好きになりました。

この時、ルールというか、楽しみとして設定していたのが、こなした問題集のページをグラフ化するとか、勉強時間をノートに記録するとか、英語学習仲間の掲示板で報告しあうなど、ちょっとしたことでした。

これが、「遠くを見ないこと」に対応するのかと思います。

まとめ、仕事を好きになる方法

まとめると、以下のようにやるといいようです。

  • 自分のルールを作り、仕事に没頭する。
  • ルール作りでの目標を身近のものにする。

他にも

他にも以下のことが印象に残っています。

  • お金の正体
  • 起業のリスクについて
  • 自由について
  • 働くことで生まれる人との繋がり

読んでいくと、自然に「はたらこう」と思えるようになります。個人的に、非常にお勧めで、「騙されたと思って読んで下さい」と言いたくなります。


◆ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
著者:堀江貴文
出版社:ダイヤモンド社

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

おまけ

こちらの動画もよろしく。
ビジネス書を俺が代わりに読んでやる!(仮) vol.1 最近のおすすめ編



この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 最近の読んだ本でおすすめ本5冊×2人分 | トップページ | ネットビジネス本ベスト3冊×2人分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33517/58756800

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく by 堀江貴文:

« 最近の読んだ本でおすすめ本5冊×2人分 | トップページ | ネットビジネス本ベスト3冊×2人分 »