« 英語学習で具体的な目的があれば近道はあるかも | トップページ | 英語学習と学習曲線について »

英語学習のモチベーションの保ち方

英語学習は膨大な時間が必要になります。なので、モチベーションを維持することは英語学習で非常に大切です。私の英語学習の経験上で有効なやりかたを紹介します。

  • 英語学習の仲間を作る
  • 英語学習の学習時間を記録する
  • 負の感情をエネルギーとして使う
  • 忙しい時にやる

簡単に説明していきます。

英語学習の仲間を作る

モチベーション維持に、一番効果があったのは英語学習の仲間を作ったことです。Yahoo!掲示板でTOEICの勉強仲間を募集しました。休日に集まってTOEIC勉強会を開いていました。TOEIC勉強会といっても、各自、それぞれの参考書を黙々とやるというものです。平日は朝にTOEIC勉強会をしたり、掲示板で英語学習内容を報告し合いました。まわりが英語学習をしていると嫌でもやってしまいます。

この勉強会を主催して面白かったことは、その当時、一日数時間も英語学習をしていたのですが、それを毎日報告すると、多くのひとがそのペースが普通だと思い、徐々にみんなの学習時間が増えたことです。もう一つが、主催者である私のTOEIC点数が最低で、なぜか、高得点者が集まって来ました。これも私のモチベーションになりました。

英語学習の学習時間を記録する

毎日の英語学習時間を記録していました。更には、Excelでグラフ化していました。学習時間と比例して、TOEICの点数が上がるので、それが楽しみになっていました。

学習時間とTOEICの点数の上がり方は、ある程度の法則性があります。それについては、次回に、書いてみます。

負の感情をエネルギーとして使う

強い感情は行動へのエネルギーになります。特に、負の感情、怒りや逃避などは、行動を起こす強いエネルギーになります。なので、それを英語学習に利用しましょう。例えば、会社で起こった理不尽なことをエネルギーにして、外資系会社の転職のためにTOEIC点数をあげようなんて、感じで使います。

忙しい時にやる

私に限らず、勉強仲間とも不思議に感じたことなのですが、忙しい時に勉強時間が増えるのです。かえって、休日の時には勉強しないものなのです。なので、忙しい平日に勉強する時間を取るといいでしょう。忙しいほど、勉強に対する集中力も高くなることも期待できます。


最近、このTOEIC本が目につきますね。そのうち、読んでみて、紹介します。

ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法
ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法杉村健一

アスコム 2012-05-28
売り上げランキング : 2584


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 英語学習で具体的な目的があれば近道はあるかも | トップページ | 英語学習と学習曲線について »

英語学習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語学習のモチベーションの保ち方:

« 英語学習で具体的な目的があれば近道はあるかも | トップページ | 英語学習と学習曲線について »