« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »

2010年12月

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人 by 竹内正浩

この本は、タイトル通り、30代で年収3000万円になった人300人を
調査して、稼げる人とそうでない人との違いを本にしたものです。

稼げる人になりたい、そして、客観的な情報を知りたい人には、お勧めの
本です。


◆さらに詳しく

このテーマの本は多いのですが、その多くは個人の体験をベースにした
ものです。なので、かなりバイアスが入っています。偏りがあり、更に、
本人が書いたので、自分で気が付くことしか書いてありません。

本書『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人
稼げない人』の場合、300人ものデータと、更に、この300人に対して、
著書が取材をしているので、客観的な視点から稼げる人の特徴がわかります。

読んでいて、説得力がありました。


◆稼げる人の特徴

稼げる人とそうでない人の違いはそんなにはあません。

・特に、早起きというわけでもありません
・能力が特に優れているわけでもありません
・精神的にタフというわけでもありません
・やりたいこと、なりたい姿が明確というわけでもありません

わかりやすい違いは、次の2つです。

・テレビの視聴時間は1時間未満
・毎月の平均読書量は9.88冊


◆稼げる人の重要な僅かな違い

著者の竹内正浩氏が、稼げる理由は、以下の3つのわずかな違いにあると、
主張しています。

・変われる
・本気で働く
・成功の手順を踏む

それぞれを更に、細かく分解すると

・変われる
1.変化を受け入れる姿勢を持つ
2.望む人生を求める決意をする
3.自ら変化を起こす

・本気で働く
1.人の役に立つ・貢献する
2.目線・基準を高く持つ(相手の期待を超える)
3.目的に対して、合理性をもつ
4.長時間労働をする
5.自己投資をする

・成功の手順を踏む
1.弟子入りする(適切な会社に入って働く)
2.好き・強みを磨く
3.目標を設定する
4.やってみる
5.思考実験をする


◆まず、やってみることは?

「変われる」や「本気で働く」というのは、本書を読んで、どいう意味かを
じっくりと味わうといいですね。

で、「成功の手順」で、5つの手段が上げられています。それぞれの手段で、
何が一番人気だと思いますか?

実は、4の「やってみる」でした。意外ですよね。とにかく、経験値を
増やしてみて、その結果どうなるかを体験してみることが、適切な判断が
できるようになる元になるようです。

実際に、筆者が取材した中で出てきたやってみるべき事を紹介します。

・海外に行ってみる
・フルコミッションの仕事をしてみる
・外資系金融機関に入社してみる
・IPO(新規株公開)しそうな会社に入社してみる
・何か商売をしてみる(何でもいいから売ってみる)
・情報発信してみる
・ビジネスプランをつくり、300人と会ってみる
・自分のなりたい姿を300人に話してみる
・仕事を3つ、4つかけもちしてみる
・仕事を半端じゃない量をこなしてみる(量稽古)


◆30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!
 稼げる人 稼げない人
著者:竹内正浩
出版社:東洋経済新報社

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人
竹内 正浩

東洋経済新報社 2010-12-01
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人 by 竹内正浩"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徹底網羅! お金儲けのトリセツ by 水野俊哉

多くの書評本を出している水野俊哉氏のお金に関する新しい常識を
まとめたのが本書『徹底網羅! お金儲けのトリセツ』です。

水野俊哉氏は、20代の頃に起業し、IPOを目指して企業経営に取り組んだ
経験が活かされた内容になっています。

私自身が詳しい「ネットビジネス」の章で判断すると非常に的確に内情を
把握しているように感じました。

全体で6章あります。第1章はお金に対する全体像を説明しています。
第2章以降は、個々のお金儲けのジャンルに対する全体像を解説しています。

内容は「儲かる!」という感じの煽る記述は無く、「多分、これが本当なの
だろうな」と感じさせる全体像を知ることが出来ます。お金儲けの情報を
集めているなら、この本を読んで、冷静になってから、個々の詳細な本を
読むといいです。


◆どんな本?

お金儲けのジャンルとして、以下の5つを取り上げています。

・株式投資
・不動産投資
・外貨投資
・独立・起業
・ネットビジネス

それぞれのジャンルで手堅いやり方の概略を教えてくれます。

例えば、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資は、
以下の条件下であれば、成り立つ。

・収入で返せる範囲の借り入れ
・空室リスクに耐えられるように、生活費は別途用意
・自分が住んでもいいと思える物件を買う

このようなレベルで教えてくれます。


◆注目ポイントは?

それぞれの章のページ数をカウントしてみると、株式投資と独立・起業に
より多くのページ数を割いています。

やはり、水野俊哉氏の経験を考えると独立・起業の章に注目すべきでしょう。

起業はお金持ちになるための最短最速の道と断言しています。

そして、時代と共に、お金持ちの職業が変化すると事を指摘しています。

これまでのお金持ちは、都内に住む会社経営者か、地方に住む開業医でした。

しかし、これからは、マイクロ法人という規模の拡大を目指さない、
利益率重視のスモールビジネスの法人を推奨しています。

今後、うまくいく起業のパターンを満たしているからです。これから、
うまくいくのは以下の5つの要素を満たすビジネスと主張しています。

・小資本、低コストの経営
・成長業種
・ITやネットブランディングをフル活用
・利幅が大きい
・経験やノウハウがある


◆結局、お金儲けはどのジャンルがいい?

その答えは、それぞれの経済状況、年齢、人生に対する方針によって、
異なります。お金儲けのジャンルを一通り、説明している本書を購入して、
検討してみるといいでしょう。

また、「ネットビジネス」については、お金をかけずに、始められるので、
もし、とりあえず、何かやりたいのなら、最適かもしません。ただし、
お金が必要でない分、時間を必要とします。


◆徹底網羅! お金儲けのトリセツ
著者:水野俊哉
出版社:HP研究所

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

徹底網羅! お金儲けのトリセツ徹底網羅! お金儲けのトリセツ
水野 俊哉

PHP研究所 2010-10-23
売り上げランキング : 16529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天はこちらをクリック!

続きを読む "徹底網羅! お金儲けのトリセツ by 水野俊哉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »