« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法 by 岡本達彦

この『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』は、チラシ・DM・
ホームページ用の集客するためのセールスレターをどのような内容に
すべきかを、悩んでいる人にお勧めです。

セールスレターをどのような内容にすべきかを、アンケートの回答で、
分かるという本です。要するに、アンケートを取るだけで、売れるチラシ
などが作れるのです。


◆売れる広告に必要な情報とは?

通常、セールスレター(お客さんを集めるための宣伝用の文面など)は、
は、広告主が勝手に推測して、作ります。

ところが、その広告主が思っている商品・サービスの魅力や
顧客から選ばれている理由はピントはずれな場合がほとんどです。

商品・サービスの魅力やそれが顧客から選ばれている理由を、アンケートで、
自分の顧客に聞いて、セールスレターに盛り込むと効果の高いレターに
なります。

本書で提案しているアンケートは、たった5項目で、お客さんが気楽に、
回答できるように工夫されている優れものです。

5項目なので、お客さんは疲れることなく、書くことができ、
多量の項目に書くのが疲れて、適当なデータが集まるのを防いでくれます。

勿論、売れるセールスレターに、必要な部分を網羅しています。

売れるセールスレターに必要な情報は、顧客の購買の過程で、
どのような気持ちを持っているかです。


◆具体的なアンケート項目

具体的には、以下の5つです。→がアンケートの質問です。

・欲求発生段階
→Q1.商品を買う前に、どんなことで悩んでいましたか?

・情報収集段階
→Q2.何で、この商品を知りましたか?

・購入不安
→(商品名)を知ってすぐに購入しましたか?
 Q3.もし購入しなかったとしたら、どんなことが不安になりましたか?

・購入実行段階
→Q4.いろいろな商品がある中で、何が決め手となって
 この商品を購入しましたか?

・購入評価
→Q5.実際に使ってみていかがですか?


◆チラシ・DM・ホームページ作成テンプレート

上記の回答を以下のようなテンプレートに入れます。

--------------ここから-------------

(強みを伝えるのに使う利用媒体/Q2の回答)

「(悩み/Q1の回答)を持っていませんか?」

あなたと同じように(悩み/Q1の回答)を持っていた人が、
この商品(サービス)を購入して、今までは(感想/Q5ノ回答)と
思っています。

この商品は(決め手/Q4の回答)がお勧めです。

といっても、(すぐに買わなかった理由/Q3)が不安ですよね。

そので当社(当店)では、○○○という特典や対策を用意しました。

まずは、お問い合わせ下さい。

--------------ここまで-------------


◆広告の実例は

実際は、記のようなテンプレートそのままというわけでは、
ありませんが、構成自体はこれを踏まえて、さらに、工夫します。

本書のなかで、アンケートの回答を実際にどのようなチラシなどにしたかを
いくつか掲載しています。

アンケート結果とそれを元に作成した広告の実際が掲載されていますので、
広告のプロはどのようにしているのか勉強になります。

実際に、すぐに、役立ちそうなので、集客に悩んでいる人は、
この本を購入することをお勧めします。

すぐに、投資費用を回収できるどころか、何倍ものリターンが期待できます。


◆「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法 by 岡本 達彦
 ~チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
著者:岡本 達彦
出版社:ダイヤモンド社

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
おすすめ平均
starsとにかく簡単!すぐに実践できる。
starsアンケートの書き方から、活用方法まで具体的に教えてくれる販促本
stars人生で初めてアンケートの回収が出来た!
starsこれは凄い本です
stars販促のバイブル本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法 by 岡本達彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気のスイッチ! by 山崎拓巳

●やる気は長続きしない。

昨夜はやる気満々でも、朝起きてみると
意外とやる気が出ないこともよくあります。

物事を長続きさせられる人は、そのやる気が
「すぐに冷めるもの」だと知っているから
冷めないようにいつも工夫していると筆者は
言います。

そのための具体的な34の方法を本書では
紹介しています。ご自分にあった方法を
見つけて実践されてみてはいかがでしょうか。

特に注目した3点をご紹介します。


(1)凄いことはアッサリ起きる

凄いことを起こすには相当ま努力や苦労が必要。

そう思いこんでいると、目の前にツルツルと
うまくいくチャンスがあったとしても、気付かないし、
目に入らない。

チャンスを受け入れる準備ができた瞬間から、
素敵なことがどんどん集まってきて、
今までやりたかったことや欲しかったものが、
まわりが驚くほど簡単に実現し、手に入るだろう。


(2)無意識の検索

人は疑問に思ったことは、無意識がずっと記憶の
中を検索し続ける。その答えが見つかった時に
”ひらめき”が起こる。

「どうしてうまくいかないんだろう?」
「どうしてワクワクしないんだろう?」
「どうしてがんばっているのに成果が
 あがらないんだろう?」

こういう人はひらめくことができない。

「どうしたらうまくいくんだろう?」
「どうしたらワクワクするんだろう?」
「どうしたらもっと成果があがるんだろう?」

と、「どうしたら…」からはじまる疑問形に
置き換えると、とたんに答がヒットするようになる。


(3)「欲」+「公」=「志」

人は満たされると飽きがくる。
今のあなたの「働く理由」は何のためか。

なりたいのはなりたいが、そこまでして
なりたくない。そういう気持ちなら欲求の質を
変えるチャンスである。

もしも自分だけの欲求に心が動かなかったら
「公」を加えたらいい。

「旅に出たい」を「仲間と旅に出かけよう」へ
「家が欲しい」を「住んでいる街を良くしたい」へ
「美味しいものを食べたい」を「美味しいものを広めたい」へ

「志」が生み出すやる気には、限界がない。


●心理学や脳科学の考えを応用

本書は苫米地英人さんや、茂木健一郎さんの書籍も
参考書籍として挙げられています。

心理学や脳科学の考えを”やる気”を軸にとても
わかりやすくまとめている印象を持ちました。

仕事、学習、コミュニケーションなどで
行き詰まっている方にとって新しい光を
もたらす一冊となるかもしれません。

◆昨日のやる気を、今日出せない人へ やる気のスイッチ!
著者:山崎拓巳
出版社:サンクチュアリ出版

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと、絶対、後悔する
★★★★ :読まないと、とても後悔する
★★★  :読まないと、やっぱり後悔する
★★   :読まないと、後悔する気がする
★    :読まないと、後悔するかな?

やる気のスイッチ!
やる気のスイッチ!
おすすめ平均
starsきれいな本で写真がいっぱい入っている
stars気つけ薬
stars心のストレッチ! またはサプリメント!! 的な1冊です
starsエピローグで紹介されている「100個夢を書く」も、お奨め!
stars表紙のスイッチにつられて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。

続きを読む "やる気のスイッチ! by 山崎拓巳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1回きりのお客様を100回客に育てなさい by 高田靖久

主に、店舗を持つ飲食店向けに書かれた本です。

◆「頑張ってるのに儲からない」のはなぜか?

「それは「1回きりのお客様」ばかり集めているから」というのが、
それが、この『1回きりのお客様を100回客に育てなさい』の著者
高田靖久氏の主張していることです。

現状の総人口が減り続け、更には、若い人の人口比率が、
激減している状況に対応したノウハウが書かれています。

要するにお客様全体の人口が減る中では、新規の顧客獲得は、
難しくなっていきます。

更に、若い人が減ると言うことは、新しいことをする人が減る
ということですから、ますます、新規の顧客獲得は難しくなります。

そんな中で、売上を確保、あるいは、伸ばすには、既存客に、
如何に、お店に足を運んでもらいのかがカギになります。

好都合なことに、若くない人は、気に入ったお店が見つかると、
そのお店に通い続ける傾向があると、私は感じていますので、
そういう意味でも、時代にあったノウハウです。

そのノウハウを具体的に、解説したのが、
この『1回きりのお客様を100回客に育てなさい』です。

しかも、筆者の高田靖久氏は、顧客管理システムの営業の方なので、
どのような施策が、どの程度があるのかを数字で把握しています。

しかも、800店舗以上で、実践されたノウハウなので、再現性も高いと
思われます。


◆どんなことが書いてあるのか?

高田靖久氏が提唱している手法は、リピーターを増やす手法です。

なぜ、リピーターを増やすかというと、単純に、新規客を増やすよりも、
いままで、来てくれたお客さんに、来てくれるのが簡単だからです。

すでに、一度、来てくれたお客さんは、どんなお店かを知っています。

どんな人が接客をしてくれるのか、どんな食事が提供されるのか、
どんな雰囲気の店内なのかを知っているので、気に入れば、
心理的な抵抗が無いので、来てくれやすいのです。

そして、ファンになって頂けると、そのファンのお客様が、
さらに、もう一回、来てくるのは、更に容易になります。

というのは、お店に払う金額が、すでに、10万円払っているとすると、
さらに、一回、たとえば、1,000円増やすのは抵抗が少ないからです。


◆売れる仕組み構築プログラムの4つのステップとは?

では、ファンになるような熱いリピーターを獲得するにはどうすれば、
良いかというと、次の4つのステップが必要だと主張しています。

それは、

第一ステップ→新規客を【集める】手法
第二ステップ→お客を【固定客にする】手法
第三ステップ→お客を【成長させる】手法
第四ステップ→お客を【維持する】手法

です。

この『1回きりのお客様を100回客に育てなさい』では、
4つのステップで特に重要な
『第一ステップ→新規客を【集める】手法』と
『第二ステップ→お客を【固定客にする】手法』
を公開しています。

中でも、『第二ステップ→お客を【固定客にする】手法』を
特に、重要だと考えており、まず、この手法から説明しています。

というのは、まず、漏れがないような体勢を作らないと、
新規にお客様を獲得しても、漏れだしていくだけなので、
売上に対する効果が薄いからです。


◆まず、何をすればいいのか?

まず、「1回きりのお客様」を「2回」に、変えるだけで、売上は、
向上し始めます。

これは、800店以上の顧客管理システムの数字から出た事実です。

しかも、その割合を10%だけ向上させれば、良いのです。

「1回きりのお客様」は、70%もいます。
それを10%だけ、「2回」に変えます。

そんなわずかな違いで、売上は向上し始めます。


◆さらに、具体的には?

具体的には、お店を思い出させるように、
ダイレクト・メールを送ります。

3日後、3週間後、3ヶ月後に、メールを送り、思い出してもらうのです。

お店を思い出して、もらうためのメールです。

お店を気に入っても、来てもらえない単純な理由は、
外で食事をしようと思い立ったときに、選択肢に浮かばないというだけです。

単純に、そのお店を忘れているだけなのです。

なので、思い出してくれるために、メールを送ります。

3日後に、サンキューメール
3週間後に、ライクメール
3ヶ月後に、ラブメールを送ります。


◆長くなりすぎました

長くなりすぎましたので、このへんで、終わりにします。

もし、飲食店の経営に携わっているなら、
購入しても、損はしない内容です。

何もしないでいると、お客様の減少と同じペースで、衰退します。

逆に、状況にあわせて、経営の方向を変えると、良い結果がでると思います。

そういう意味で、本書がいい切っ掛けになると思います。


◆1回きりのお客様を100回客に育てなさい
著者:高田靖久
出版社:同文館出版

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)
1回きりのお客様を100回客に育てなさい (DO BOOKS)
おすすめ平均
stars実践できる指南書
stars「3ヵ月以内にあと2回利用しても らうと7倍固定客になりやすい。」
stars目からうろこです。
stars現場に落とし込みたい内容です。
starsすごく読みやすい!!参考になる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "1回きりのお客様を100回客に育てなさい by 高田靖久"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊の本をプレゼントします

書評のメルマやブログを運営しているため、
新刊の本を週に2,3冊、頂きます。

非常に、ありがたいことです。

活字好きには、たまりません。

しかし、本業が忙しくなり、
しかも、自分でも本を購入しているため、
なかなか、読めません。

更に、書評を書いている時間が無くて、
いただいた本を紹介することが少なくなり、
申し訳なく思っています。

そこで、思いついたのが、
このメルマガ(ブログ)を読んでいる方への
プレゼント企画です。

この本について、
書評を書いても良いかも
と思う本を2冊、あげます。

そして、書評を1つ書いて欲しいのです。

それをここで、公開します。

その時、Amazonのアフィリエイト報酬は、
あたなに差し上げます。

如何でしょうか?

あなたは、無料で本が手に入ります。

しかも、一部は、まだ、書店に並んでない本です。
アフィリエイト報酬も、もらえます。

その時に、あなたのブログの紹介もしますので、
アクセス・アップにもなります。

献本された方は、自分の本の宣伝になります。

私は、ちょっとした罪悪感から解放されます。
加えて、本がどんどん溜まっていく恐怖からも。

あと、正直に言うと、
書評を書くプレッシャーから解放されます。


写真をクリックすると拡大されます。


では、事務的に、条件や手順など書いていきます。

◆条件

書評をひとつ書くことを条件に、
上記の写真の中から、2冊の本をプレゼントします。

書評の形式などは、こちらと同じになります。
→書評ブロガーにご提案があります


◆送料

着払いで送ります。
つまり、送料は応募者が負担します。

500円以下で、送る予定です。

500円よりも、多くかかる場合は、
メールで了解を頂いて、送ります。


◆手順

1.写真に掲載されている本から、第4希望まで考えてください。
(写真をクリックすると拡大され、本のタイトルが分かります)

2.その希望を下記のアドレスに、メールでお伝えください。
 tulipa■yahoo.co.jp (■を@に変えてください)
 タイトルは、「本プレゼント応募」にしてください。

3.本をお送りします。
 先着順にお送りします。
 なので、希望の本が無い場合は、次の希望の本を送ります。

4.2週間以内に、書評を下記のアドレスにお送りください。
 tulipa■yahoo.co.jp (■を@に変えてください)


以上です。ご応募、待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »