« 発想の視点力 by 三谷宏治 | トップページ | お客様は「えこひいき」しなさい! by 高田靖久 »

ザ・コピーライティング by ジョン・ケープルズ

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。


●広告には経験則があった

「ジョン・ケープルズは違う。何と49年間も、
 コピーライターの仕事に専念してきたのである。
 だからこそ、類のない一連の知識を蓄積してこれた。
 この本は間違いなく、いままでで1番役に立つ
 広告の本である。」

  by「広告の父」デビット・オグルヴィ

筆者は推測ではなく、事実だけを扱って
経験則に基づいてこの本に自らのノウハウを
まとめている。

広告の世界全般に言えることだが、個人的な意見や
印象だけで判断されるコピーがあまりにも多い。

一般広告に大いに欠けているのは、通販の広告が
行っている、沈着冷静に分析を行う科学的な手法なのだ。

デビット・オグルヴィが本書より学んだ7つの原則は
下記の通り。

1.成功(最大限の費用対効果)へのカギは、
  広告のあらゆる要素を絶えずテストする
  ことである。

2.どう言うかより、何を言うかのほうが重要。

3.ほとんどの広告では、見出しが1番重要。

4.1番効果的な見出しは、相手の「得になる」と
  アピールするか、「新情報」を伝えるもの。

5.中身のない短い見出しより、何かをきちんと
  伝えている長い見出しのほうが効果的

6.一般的な内容より、具体的な内容のほうが信用される。

7.短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

※コピー=チラシやDMの本文の部分

本書は非常にボリュームが多いが、書評では
DM、チラシに加え、ブログやホームページにも
活用できる見出しについてのポイントをご紹介します。


●効く見出しを書く5つのルール

1.得になるものを必ず盛り込む

 相手のほしいものがここにある、と見出しで知らせる。

2.新情報を伝える

 新製品や従来製品でも、新たな使い方などがあれば
 見出しで大々的に伝える。

3.好奇心を刺激だけで終わらせない

 「好奇心」だけでは不十分。「好奇心」を「新情報」や
 「得になる」と組み合わせれば強力な見出しになりやすい。
 新聞・雑誌には「好奇心」だけで売り込もうとしている
 広告の見出しが必ず見つかるくらいだ。

4.明るい面、プラス面から見て書く

 暗い面、マイナス面を描くことはなるべく避ける。

5.手っ取り早く簡単にほしいものが手に入れられる

 ただし、信頼できる情報であること。

 「もっと楽な仕事でもっと収入アップしたい方へ」

 この見出しは、話がうますぎ、信頼性がなかった
 ために問い合わせが多くなかった。


●見出しを書くコツ

1.たくさん書く

2.一晩寝かす

3.次の日に読んでみる

4.読んだことのない人に見てもらう

5.”4”で実際に試した結果、
  良い結果がでれば、今後とも
  その人に見てもらうようにする。


●見出しで伝える効果的な訴求ポイント

・収入を増やす、お金を節約する

・退職後の生活の安心

・もっと健康に

・仕事やビジネスで成功する 

・名声、喜び

・家事をもっと楽に、快適さ

・脂肪を減らす

・心配から解放される

・みんなと同じでいたい願望

・人気者になりたい

・注目されたい

・ご近所に差をつける


●たくさんの人が今やコピーライター

本書は見出しだけでも、

・見出しを書く13のアドバイス
・35の見出しの型 -効果は検証済み

などが紹介されています。

見出し、コピー、問い合わせを増やす方法、
注目されるレイアウトとビジュアル、効果を
検証する具体的テスト方法など、コピーライティングに
関する情報を体系的にまとめられてあります。

ただ、訳本であるため見本として紹介されている
広告が英語なのが難点です。その部分を差し引いても
この本を熟読されれば、見出しの書き方が間違いなく
変わります。


パソコンやプリンタが発達することで
チラシやDMが気軽に自作できるように
なりました。

また、小規模事業でもホームページやブログを
気軽に自ら運営できるようになりました。

チラシやDMは発行部数による反応数で、
ホームページやブログはアクセス解析で
簡単に効果を測定できます。

普段から見出しを工夫して、より多くの人に
注目される見出しを書く練習をすることで
ビジネスにつながるコツをつかまれればと
思います。


◆ザ・コピーライティング
 ~心の琴線にふれる言葉の法則~
著者:ジョン・ケープルズ
出版社:ダイヤモンド社

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

◆詳細&購入

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則神田 昌典

おすすめ平均
starsテスト、テスト、ひたすらテスト
starsパワーポイントユーザーに
starsヒントがいっぱい入っている
stars実例が盛り沢山
starsコピー初心者です!でもとても読みやすかったです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■編集後記

◆見るだけで癒される、天使雲とエンジェル・ヴォイスの動画

これが「見るだけで癒される、天使雲とエンジェル・ヴォイスの動画」です。

ちょうど、雲の形が天使とイエス・キリストに見えるんですよね。
ちなみに、この動画を作成したのは私です。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 発想の視点力 by 三谷宏治 | トップページ | お客様は「えこひいき」しなさい! by 高田靖久 »

マーケティング:書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・コピーライティング by ジョン・ケープルズ:

« 発想の視点力 by 三谷宏治 | トップページ | お客様は「えこひいき」しなさい! by 高田靖久 »