« 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか by 美崎栄一郎 | トップページ | 億万長者のビジネスプラン by ダン・ケネディ »

1年の目標を20分で達成する仕事術 by 林正孝

今日は、ゲスト書評家として、岩橋 亮さんをお招きしました。

岩橋 亮さんの自己紹介:
『行動なくて読書の価値なし』をテーマに中小企業経営に役立つ
実践的なビジネス書・自己紹介書を紹介している書評ブロガー

中小企業経営に役立つビジネス書・自己啓発書レビュー

ゲスト書評家を希望の方はこちらをご覧ください。


●自分を追い込むためにまずプライベートな予定を埋める

筆者はまず、プライベートな予定を埋め、
そのあと仕事の予定を組むまれています。

家族旅行は年5回、映画館は年120回と
仕事以外の時間をまず優先的に作っています。

なぜそのような営業スタイルが確立できたのか?
それはお客様から”世界でたった一人の営業マン”と
認められるようになったからだと言います。

そのための具体的な取り組みを本書で紹介しています。
営業ノウハウ以上に、自分を磨く、自己研鑽の手法が
中心に書かれている印象を持ちました。自らの能力に
さらに磨きをかけたい向上心の高いビジネスパーソンに
お薦めの一冊です。


●インターネットレベルの情報は役に立たない

保険の営業は主に経営者や富裕層を相手にすることが多い。
そういう方々に、誰でも入手できるインターネットレベルの
情報は役に立たない。

なぜなら、キーボードを叩くだけで誰でも入手できる
情報は同じような話が多く、かなり脚色されて流されて
いるからである。

そういう意味ではテレビの報道も、彼らのビジネスには
役に立たない。ニュースとしてセレクトされている時点で、
一方的な視点のアナウンスである。放送されるニュース選び
には、テレビ局やキャスターの姿勢や考え方までが反映
されている。

しかし、ビジネスの現場は、私たちが生きている
現実社会である。お客様が知りたいのは、そこにある
味つけされる前の素材に近い情報なのだ。

だから私は、実際に現地へ行って体験してくる。


●バカになってやってみる

先入観を持たないこと、偏見を持たないこと、
自分のフィルターを通さないこと。
これが学びの基本姿勢である。

私は、林塾で次のようなトレーニングをする

「次の土曜日空いてる?
 空いてるんだったら電話をくれ」

具体的な説明は一切しない。電話が折り返し
かかってきて、「行きます」とコミットメント
したときにはじめて内容を話す。

「楽しそうだったら行くけど、
 そうでなければ行きません。」

というのでは既に自分のフィルターをかけている
状態だ。だから内容は話さずに、スケジュールだけを
確認するのである。空いていなければ、それでこの話は
終わるだけのことだ。

自分の専門分野だけを極めてうまくいくのなら、
みんなそこだけに目を向ける。ところが、
成功する人は逆のようだ。

視野を広げておかないと、自分の事業も危うくなると
考えている。


●相手によって視点を変える

自分のフィルターを外し、本、映画、旅行など
仕事以外も含めてあらゆる体験を経営につなげる。

そしてその体験を話すときに注意しなければ
ならない点は相手によって視点を変えることだ。

経営者が相手であれば、「相手の企業にどういう
利益をもたらすか」という視点になる。

一方で従業員が相手の場合は、「それが会社での
評価にとって、あなたの人生にとって、どう
プラスになるか、生かされるか、」というのが前提になる。

体験を言葉にする時は相手の視点を意識しながら
話を構築していくことが大切である。


●今できることに集中する

スキルを積み重ねるために大切なのは、
「今できることに集中する」ことである。

極論すると、やる内容はどうでもいい。
目の前にあることに集中して、それができる
ようになると、自信になる。その自信が、
次へ進む原動力になる。

生半可にやってきたり、逃げてきたりした人間が、
ある時期から何かにこだわれるようになるとは、
とても思えない。

「こんな雑用は自分のやる仕事じゃない」

と、目の前にあるやるべきことを避けたりして
いないだろうか?クラーク博士が素晴らしい言葉を
残してくれている。

「ボーイズ ビー アンビシャス(少年よ、大志を抱け)」

実は、この言葉には続きがある。

「ライク ア オールドマン(老人のように)」

老人というのは、いつ死ぬか分からない。
だからその日1日を大事に生きている。

少年たちも大きな志を持ちつつ、老人のように
死生観を持ちながら1日1日を大切に生きなさい、
というメッセージである。


◆1年の目標を20分で達成する仕事術
著者:林正孝
出版社:大和書房

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

1年の目標を20分で達成する仕事術
1年の目標を20分で達成する仕事術
おすすめ平均
stars世界一流であり続けるため
starsどんなことも自分の肥し
starsトップになる人間は発想が違う
stars実はこれも「ワークライフバランス」の一例と思います
stars営業はスキルではない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■編集後記

◆新しい携帯

結局、iPhoneではなくて、S001というCyber-sho携帯を購入しました。

以前から、デジカメ並の能力がある携帯が欲しいと思っていたからです。
試してみると、まあまあなレベルです。

さて、次は、面白いシーンに出会うのを待つだけですね。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか by 美崎栄一郎 | トップページ | 億万長者のビジネスプラン by ダン・ケネディ »

仕事術:書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年の目標を20分で達成する仕事術 by 林正孝:

« 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか by 美崎栄一郎 | トップページ | 億万長者のビジネスプラン by ダン・ケネディ »