« THE ANSWER by ジョン・アサラフ マレー・スミス | トップページ | 全脳思考 by 神田昌典 »

あなたの会社を潰さない最後の戦略 by 野元泰秀

扇情的なタイトルにつられて、購入してしまいました。

気になる「最後の戦略」とは、扱っている商品を変えることでした。まず、多くの会社は扱っている商品を売る方法を変えようとします。しかし、その前に、その商品自体の寿命が尽きているとどうしようもないという事があります。なので、まず、「売れる商品であるか」から、考えていこうという主張です。

◆隠れたヒット商品を狙う

中小企業が売るべきモノは、「隠れたヒット商品」です。この「隠れたヒット商品」とは、ある一定数が売れているのだけど、目立たない商品のことです。この「隠れたヒット商品」は比較的長い間、売れ続けています。しかし、一般的にはマイナスの要素があり、取扱がしにくい商品のことです。

隠れたヒット商品を見つけるヒントは、この3点です。

1.ヒット商品に似ているモノ
e.g.VIPカーに似ているモノとして、エアロパーツを装着した「軽自動車」
2.競合相手が苦手としているモノ
e.g.「カラフルな自転車」競合は在庫回転率の悪さから嫌厭してしまう。
3.既存製品のなかに
e.g.スポーツ点におけるユニフォーム。既存の商品に埋もれてしまう。

「隠れたヒット商品」の条件は、以下の2つ。

1.欲望を刺激する
2.顧客の信用を得る

顧客の信用を得るには、その商品分野のことを必死に勉強する必要があります。その分野での顧客のこだわりに応えられるような知識がないと、そのお店で購入する気が無くなるからです。

◆隠れたヒット商品を企画する

隠れたヒット商品を企画するには、3つの柱が必要です。

1.ジャンル
2.テーマ
3.企画

ジャンルとは、特定の業種から、更に、専門的な業態に絞り込むことです。スポーツ用品店であれば野球用品専用、歯科医であれば審美歯科、税理士事務所であれば個人商店専門などに絞り込むことになります。ポイントは、「誰のための商品なのか」「何のための商品なのか」を徹底的に考えます。

「『何に』心を惹かれるのか」
「売れる理由はあるのか」
と考えるのが「テーマ」の決定になります。

例えば、モンキーフリップというメガネ店は、「ロックテイストのデザイン」というジャンルを持っていました。更に、一律二万円というお買い得感で販売して成功しました。ここでのテーマは、「カッコいいのに、お買い得」です。

企画とは、売れるために商品に工夫されていることです。一般的に、商品のセールスポイントは、「NEWS」「PEMIUM」「OFFER」の3つの要素があります。つまり、新しい、希少価値、お得な要素を盛り込みます。

これら、ジャンル、テーマ、企画を意識して、隠れたヒット商品を企画します。


◆あなたの会社を潰さない最後の戦略~大不況サバイバル!
著者:野元泰秀
出版社:フォレスト出版

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

あなたの会社を潰さない最後の戦略―大不況サバイバル!
あなたの会社を潰さない最後の戦略―大不況サバイバル!野元 泰秀

おすすめ平均
stars「マーケッティングを勉強しても成果の上がらない方へ」お勧めです
stars困るコンサル続出!
stars自分のための「最後の戦略」でした
stars当たり前のことを当たり前に
stars「シンプルisベスト」・・・やっぱりそうなんだ!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆先週のセミナー

先週、セミナーをやりました。
集客から、すべてを独力でやるのは、初めてでした。

結構、大変でしたが、収穫も大きかったです。
来月も、やります。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« THE ANSWER by ジョン・アサラフ マレー・スミス | トップページ | 全脳思考 by 神田昌典 »

マーケティング:書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたの会社を潰さない最後の戦略 by 野元泰秀:

« THE ANSWER by ジョン・アサラフ マレー・スミス | トップページ | 全脳思考 by 神田昌典 »