« 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営 by 寺尾恵介 | トップページ | iPhone HACKS! by 小山龍介 »

巨怪伝〈上〉 by 佐野眞一

~正力松太郎と影武者たちの一世紀

読売新聞、日本テレビを作り上げた人が、警察の上層部の人だとは。
とにかく、正力松太郎氏の迫力が伝わってくる本です。今は、きれいに見えるメディアの遺伝子の中に正力氏の思いが入っているんでしょうね。

巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)
巨怪伝〈上〉―正力松太郎と影武者たちの一世紀 (文春文庫)佐野 眞一

おすすめ平均
stars怒涛のような傑作
stars圧倒的な正力松太郎の伝記
stars善悪・イデオロギーを超越した怪人、正力松太郎
stars恐るべき正力松太郎
stars善悪の彼岸

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[目次]

第1章 暴圧と故郷―青白いガス燈の下、血だらけで立つ正力
第2章 虐殺と伝令―伊藤博文愛用のステッキから凶弾一発
第3章 美談と略奪―武者ぶるいして読売に乗り込む
第4章 社旗と伝説―新聞の生命はグロチックとエロテスク
第5章 疑獄と遭難―正力テロ事件、六十年目の真相
第6章 不倫と絹糸―サヨナラ・ホームランをみた摂政宮
第7章 転向と墓銘―笑顔よしの沢村から微笑が消えた
第8章 決起と入獄―共産党の手に渡るなら読売をつぶせ!
第9章 祝宴と嫉妬―笹川良一がハダカで正力に説いた「浴槽の美学」

 


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営 by 寺尾恵介 | トップページ | iPhone HACKS! by 小山龍介 »

ビジネス書:書評」カテゴリの記事

ミニ書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨怪伝〈上〉 by 佐野眞一:

« 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営 by 寺尾恵介 | トップページ | iPhone HACKS! by 小山龍介 »