« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

『お金持ちになるマネー本厳選「50冊」』 by 水野俊哉

『お金持ちになるマネー本厳選「50冊」』は、水野俊哉氏が数百冊の投資関連の本を読んで、厳選した50冊を紹介するという本です。

50冊それぞれに3ページの本の紹介がコンパクトにまとまっており、非常にお買い得な本です。本自体の値段も1,200円とお得感があります。

投資関連の本は本書でも指摘していますが、質の悪い本が多いので、『お金持ちになるマネー本厳選「50冊」』を参考にして、数冊、購入して、目を養ってから、他の投資本を購入するのもいい使い方かなと思います。

書評本の書評というは非常に書きにくいのですが、この本の最後にある「マネー本から読み解いたお金持ちになれる法則ベスト10」が面白いので簡単にご紹介します。

◆10位 マネー雑誌があまり役立たない理由

マネー雑誌が役に立たないのは、マネー雑誌の広告主が銀行や証券会社などの金融機関だからです。金融機関は何でお金を得ているかというと、金融商品を販売することでお金を得ています。金融商品が売れれば、その後の運用が良いか悪いかということは気にしていないのです。

逆に、金融機関は、多くの場合、手数料で収入を得ており、その金融商品に手数料が多く付けられるものであれば、金融機関にとっては良い商品になります。その場合、金融商品の購入者の利益を損ないます。

つまり、広告主を重視するので、雑誌購入者の役には立たないのです。

◆9位 最強の投資商品はあなた自身である

労働報酬と同じ額を投資から得ようと思うと、とんでもない金額が必要になります。労働収入を生み出すあなた自身を投資商品と見るととんでもない金額の価値を持っているのです。

5%の利回りの金融商品だとすると、年収500万の人は1億円、年収1,000万の人は2億円の資産を持っていることになります。

なので、将来の投資のための元金を貯めながら、本業に集中して、自分の価値を上げることがもっともよい運用方法になります。

◆6位 「1億円儲かる話」の真相

要するに、デタラメな投資方法でも、非常に多くの人がやっていれば、たまたま、稼げる人が生まれます。その稼げた人が本を書くと、「1億円儲かる話」本ができます。それだけの話です。

◆まとめ

法則ベスト10の上位は、更に面白くなっています。さすがに、それを公開するのは気が引けます。購入するか、本屋さんで立ち読みでもしてください。

紹介している本でいくつか興味をそそるのがありました。そのうち、購入して、紹介しますね。


◆お金持ちになるマネー本厳選「50冊」
著者:水野俊哉
出版社:講談社

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

お金持ちになるマネー本厳選50冊
お金持ちになるマネー本厳選50冊水野 俊哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『お金持ちになるマネー本厳選「50冊」』 by 水野俊哉"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『夢をかなえる一番よい方法』 by リチャード ブロディ

『夢をかなえる一番よい方法』の著者リチャード ブロディは、マイクロソフトの3番目の社員で、かつ、Wordの開発者です。更に、『ミーム』と本書で、ベストセラー作家としても、知られています。

この本『夢をかなえる一番よい方法』は、日本版では2002年という、かなり、以前の本ですが、読んでみて興味深いので、紹介します。

夢をかなえる方法というよりは、人生全体の目的を知り、それに集中する方法というのが正しい表現かなと思います。

◆真実の罠とミーム

自分の夢を実現してもいいと思うのを妨げている代表的なものに、「真実の罠」と「ミーム」があります。

「真実の罠」というのは、自分が信じている真実はそれを証明するような証拠を無意識のうちに集めてしまい、より、真実が強化されます。その真実が自分の人生によい影響を与えるならいいのですが、悪い影響を与えるものだと加速度的に人生が悪くなります。

例えば、「人は信頼できない」という信念を持つ人はそれを指示する証拠を見いだし、そう主張する人を友人にします。しかし、これはその人をダメにする信念です。信念は自分を夢に役に立つ信念を持つ方が何倍も楽に生きられます。

「ミーム」とは、複製されやすい情報です。「ミーム」は遺伝子のように人の行動に影響を与えます。3つほど、代表的なミームを紹介します。

・危機意識ミーム
人類は危機にあり、今すぐ行動する必要があるという信念。

・伝統ミーム
いれまでに行われ、信じられてきたことを今も行い、信じることが重要だという信念。

・ローリスク・ハイリターン・ミーム
莫大な利益の可能性があるという信念は、現実離れしても尊重されると言うこと。

◆ぐずぐず延ばしの治療法

いつまでもやり残したことが頭にあると、一番大切なことをしないいい訳をもつことになり、なかなか、一番大切なことを始められません。それを一掃する方法は、以下の3つのステップを踏みます。

ステップ1
1.ぐずぐず延ばしを事項を書き出す
2.それをやらな言い訳を書き出す
3.「ぐずぐす延ばし」をしている間に好んでやること、「逃げ場」を書き出す

ステップ2
1.書き出した「ぐずぐす延ばし」をやるか、やらないかを決める
2.決めたら、自分と約束したら、必ず、やる

ステップ3
1.ぐずぐす延ばし事項を実行する
2.すぐに、完了できないことだったら、まず、第一歩を踏み出す

ここで、大切なことは自分を欺いてはいけないと言うことです。自分との約束を破ると、それが自分自身を信じられなくなる原因になります。自分を信じられないと夢の実現に大きなマイナス要因になります。

◆人生全体の目的を知る質問

まず、この質問の答えを書いてみます。

・あなたは何を求めているのか?
・これまでの人生でもっとも成功したことは何か?
・あなたは他人のどのような面を尊重するのか?
・人生の主流からははずれるが、あなたが楽しめることは何か?
・あなたの一番大切な価値観は?
・子供の頃、心から楽しめた遊びは何か?
・理想的な仕事について描写しよう。
・理想的な人間関係について描写しよう。
・あたなのお気に入りのペットから見た、あなたの人生はどんなものだろうか、書いてみよう。

この質問の答えから、共通の求めているものを抽出していきます。それが、あなたがほしいものになります。

◆まとめ

かなり、駆け足で説明した。本書の構成は、最初に、自分の夢を実現してもいいということに許可を与えることを示し、次に、本当の夢を見えなくしているものをクリアして、最後に、本当の夢を探す手段を提示しています。

最後に、なかなか自分がやりたいことを見つけられない人に、本書は、次の夢を提案しています。

「可能な限り内容の濃い、満足のいく、有意義な人生を送ること」


◆夢をかなえる一番よい方法
著者:リチャード ブロディ
出版社:PHP研究所

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

夢をかなえる一番よい方法
夢をかなえる一番よい方法Richard Brodie 大地 舜

おすすめ平均
starsある意味そうとう深いぞ!
starsほしいものを手にいれるための道具
starsお仕着せでない、本当の価値観が発見できる
starsたくさんの気づきがこの本にありました。
starsいわゆる「燃えつき症候群」になる前に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夢をかなえる一番よい方法 (PHP文庫)
夢をかなえる一番よい方法 (PHP文庫)Richard Brodie 大地 舜

おすすめ平均
starsなんか好きです・・・
starsそうですね
stars人類全員、必読の書ですね。
stars有益で満足な人生を送るために・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『夢をかなえる一番よい方法』 by リチャード ブロディ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『3分でわかるラテラル・シンキングの基本』 by 山下貴史

ロジカル・シンキングだけでは行き詰まることが多いなと思ったときに、この本を見つけました。

大企業内での部署間の調整などの複雑な問題や専門性の高い問題には、問題を丁寧に分解するロジカル・シンキングは役立つのですが、小規模のビジネスや独創性が必要な分野では、ロジカル・シンキングより飛躍した発想が必要なラテラル・シンキングが有効です。

ほとんどの産業が成熟化している日本では、同じ答えが出るロジカル・シンキングではなく、人によって異なるラテラル・シンキングがより重要だと私は思います。

この本は、そんなラテラル・シンキングを網羅的に説明している本です。本書『3分でわかるラテラル・シンキングの基本』は、多くの関連事項を説明しいるので、全部はお伝えできません。私が、経験上、特に、有用だと思っている「前提条件を疑う」の関連事項をお伝えします。

◆まず、前提を疑う

問題や課題は、制約条件と目標が明確で、解決方法を求めるという図式になっています。解決方法を求める前に、制約条件や目標が本当に正しいのかを十分に検証してみると違った風景になることがあります。

例えば、「現在、法人におろしている素材で、年商5億程度の消費者向け商品を開発したい」という課題の前提に疑問を持つと、以下のようになります。

「なぜ、消費者向け製品を開発したいのか?」→「社長の鶴の一声です」
「なぜ、社長はそう考えたのか?」→「同業他社が成功しているので」
「そもそも、販路や予算のあてはあるのか?」→「ないです」
「法人向けは儲かってないのか?」→「悪くはないです」
「法人向けに特化した方がいいでは?」→「私もそう思います」
「そのことを社長に言ったことはありますか?」→「言っていいんですか?」
「まずは社長に言いましょう!!」

◆前提を変えてみる

前提を変えてみると、また、違う風景が見えてきます。4つの変え方があります。


・ネガティブな問題をポジティブな表現に変えてみる。
・思いこみや固定概念を「○○の日だから」と理由づける
・範囲や時間を変更して、前提条件を変える
・ポジショニングマップで評価軸を変更する

特に、ポジショニングマップを使用する方法は斬新です。図解しないと説明が難しいので、本を見て確認してください。

◆暗黙の前提を疑う

人間は経験則で無意識のうちに判断することがあります。この経験則で自動的に判断を下す方法をヒューリスティクスといいます。このヒューリスティクスは多くの場合に正しいのですが、時には大きな間違いを犯します。そのヒューリスティクスの罠を避けるように気をつけましょう。

代表的なヒューリスティクスを以下にあげます。

・利用可可能性ヒューリスティクス
「よく見かけるものだから、それだけでOKと思いこんでいませんか?」
・代表性ヒューリスティクス
「身近な成功体験、過去一回の成功体験から判断していませんか?」
・感情ヒューリスティクス
「本当に理論的に考えた結果ですか?」
・再認ヒューリスティクス
「知っているからと言って安易に高い評価を与えていませんか?」
・アンカリング効果
「事前に見た数字の情報に引っ張られていませんか?」
・確証バイアス
「仮決めだったはずの結論に都合のよう情報ばかり集めていませんか?」
・保有効果
「自分のところにあるからと高い評価をしていませんか?」
・現状維持バイアス
「前例踏襲で本当にいいのですか?」
・フレーング効果
「今の気分で物事を見ていませんか?」
・サンクスコスト効果
「『せつかく、ここまできたのだから』『今までの努力を無駄にしたくない』と思いこんでいませんか?」
・連合の原理
「権威のある人の発言に何の疑いも持たずに従っていませんか?」
・同調の原理
「周りのみんなが選んでいるから、それでいいと思い込もうとしていませんか?」

◆結論

ロジカル・シンキングよりも、ラテラル・シンキングに魅力を感じたら、購入を検討するといいと思います。

今回は取り上げていませんが、独創的なアイディアを生み出す方法が後半に整理さています。


◆3分でわかるラテラル・シンキングの基本
著者:山下貴史
出版社:日本実業出版社

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?


3分でわかるラテラル・シンキングの基本
3分でわかるラテラル・シンキングの基本山下 貴史

おすすめ平均
starsオーソドックスな発想法の本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『3分でわかるラテラル・シンキングの基本』 by 山下貴史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『読書は1冊のノートにまとめなさい』 by 奥野宣之

ビジネス書を読んでも、すぐに、忘れませんか?

実は、私もそうです。この書評を始めるきっかけも、さすがに、書評を書けば、ある程度は、覚えているのではないか?また、忘れても見返せることもで思い出せるのではないかということがが原点でした。

奥野宣之氏は新聞記者だけあって、更に、本から得たネタや着想を発展させることを見据えて読書をシステム化しています。「探す」「買う」「読む」「記録する」「活用する」の5つのステップ分けて、丁寧に説明しています。

この中で、「読む」「記録する」「活用する」の印象に残った箇所をご紹介します。

◆成果を可視化する効用とは?

読書の成果を読書ノートに記録すると、読書ノートというアウトプットを前提にすることで、自動的にインプット能力が向上します。人に教える目的で本を読むと身に付くことと同様です。

この読書ノートは、「本の抜き書き」と「自分の感想」で構成します。

読書ノート作成を義務化すると、必然的に、読書は「読書ノート」作成の前作業になります。誰しも、「抜き書き」と「自分の感想」を長々と書きたくないので、短く書こうとします。短く書くことは、「抜き書き」を厳選するために何度も読み返すことになり、「自分の感想」は短く深く書くようになります。

そうすると、結果的に本を読みながら、深く考えることになります。

◆本からオリジナルの思考を得る

読書ノートに記録している「自分の感想」がオリジナルの思考になります。というのは、本から触発された思いが、本にはないオリジナルな思考だからです。この思考の断片をいくつかつなぎ合わせると、オリジナルな発想が生まれてきます。

◆参照システム

この読書ノートを後で、参照しやすくするために索引をつけ、その索引をパソコンに入れます。テキストファイルにすると、パソコンで簡単に検索できるので、後で、読み返すときに便利です。

読書ノートは、これを前提に作成します。具体的には、時系列でノートを取ります。更に、後で、検索しやすいようなキーワードを付加します。このキーワードは、本のタイトル、出版社、用途、ジャンルなど使いやすいように決めます。

更に、この読書ノートは持ち運びが便利で、A4の用紙に相性がよいA6のノートを用います。

◆まとめ

読書ノートを作成するを前提にすると、自然に、読書内容を身につけることになります。また、読書ノートに記載する自分の感想が、後々の発想につながり、オリジナルな考えを考えを持てるようになります。

読書ノートを中心に紹介しましたが、この『読書は1冊のノートにまとめなさい』には、「ハブ本」、「レファ本」「ブログに書評を書く方法」など、興味深いアイディアが提示されています。


◆読書は1冊のノートにまとめなさい
~100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディグ
著者:奥野宣之
出版社:ナナコーポレートコミュニケーション

後悔度:★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?


読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング奥野宣之

おすすめ平均
starsこれなら続けていけそうな、今までありそうでなかった読書法
stars時間はかかるが参考になる
stars一冊のノートシリーズ第二弾登場
starsマニアな読書
stars面白いやり方ですねぇ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◆今日まで、Amazonキャンペーン中!

期間限定で2大特典プレゼント!
購入するなら、こちらからがお得です。

続きを読む "『読書は1冊のノートにまとめなさい』 by 奥野宣之"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『36倍売れた!仕組み思考術』 by 田中正博

この『36倍売れた!仕組み思考術』は、メルマガやブログで紹介してないのにもかかわらず、9月、10月共に、ベスト10に入る人気のある本です。

実は、私も出版直後に読んでいます。読んでみて分かるのは、本書『36倍売れた!仕組み思考術』の魅力はノウハウを詳細に公開している点にあります。実際に、公開されいる情報で実行できます。

私自身、友人との共同事業の営業で使用してみました。意外に簡単に了解を取ることができました。若干、商品やサービスによって、工夫しないといけないです。

ちなみに、その事業はこれです。

◆基本的な考え方とは?

著者である田中正博氏の提唱する方法は、簡単に言うと、

・電話でDM送付の許可を取る
・成約率の高いDMを送付する
・そして、待つ

となります。簡単です。

これだけで、DM(ダイレクト・メール)の成約率10%の驚異的な販売ができます。ちなみに、一般的なDMの成約率は、0.3%だそうです。

この販売方法の秘密は、まず、非常に短い時間(1分程度)で、購入の可能性のある顧客にDMの送付許可を得ることです。つまり、多くの顧客候補を短時間で選別します。

通常の電話営業ですと無理に販売しようとするため、長い時間を一人の顧客候補に消費します。すると、どうしても、対応する顧客数が減ります。

逆に、電話トークを最低限に短くして、数を稼ぎます。トークの内容は、商品に関心のある人を見つけ出すことに絞ります。関心のない人に商品に関心を持ってもらうのではなく、関心のある人を見つけ出すようにします。

つまり、時間あたりのパフォーマンスで考えると、顧客を説得するとよりも、商品に関心のある顧客を探し出す方が、効率がいいという理屈です。

◆電話トークの秘密

テクニックは、6つあります。

1.用件はズバリ、簡潔に10秒で伝える
2.言葉を選んで、選んで、選び抜く
3.質問の威力を使う
4.決定権を100%お客様にゆだねる
5.最後にキラーワードを添える
6.素人に徹する

最後の「6.素人に徹する」というのが、面白いです。

テレアパや電話セールスの「プロ」の共通点(声がでかい、早口、ハイテンション、へりくだった物言い、オーバーアクション)があり、そのため、「あ、電話セールスだ」と相手にバレて切られてしまいます。なので、普段通りのしゃべりにするのがいいのです。

◆DMの秘密

DMの秘密の概要をお伝えしようかと思いましたが、長々と書きすぎたので、これについては、購入して確かめてください。

電話セールスに関心がある方は、読んで損はしない内容なので、購入することをお勧めします。


◆36倍売れた!仕組み思考術
~なぜ私は営業マン0人で営業利益1億円を稼げたのか?
著者:田中正博
出版社:ライブドアパブリッシング

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?


36倍売れた! 仕組み思考術
36倍売れた! 仕組み思考術田中 正博

おすすめ平均
starsテレアポや新規回りが苦手な営業さんは読むべし
starsこの本を批判する人はたぶん自分で実践していないのだろう
stars広く一般に知られた手法であっても、実際にやれば儲ける事が出来るお手本
stars意外といける内容でした。
starsノウハウではなくアイデアを真似ろ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『36倍売れた!仕組み思考術』 by 田中正博"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『11月の売れ筋』 by Tulipa

11月の売れ筋を発表します。やはり、メルマガで紹介した本が多いですね。

◆1位:70倍・自動化営業法
70倍・自動化営業法の書評

70倍・自動化営業法
70倍・自動化営業法田原 祐子

おすすめ平均
starsこの本のいいところ
stars「知っている」より「やっている」かどうか
starsわかりやすい。すぐに実行できそう。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆2位:デキる人は皆やっている 一流の人脈術
デキる人は皆やっている 一流の人脈術の書評

デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)
デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)島田 昭彦

おすすめ平均
stars誰もが知っている人脈術
starsまたでた「サクラ」本
starsこれから存在価値を増したいなら・・・
stars熱く、力強く、でも、心地よく背中を押してくれるメッセージの数々。
stars本当にマネできる「人脈術」が満載です!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆3位:君を幸せにする会社
君を幸せにする会社の書評

君を幸せにする会社
君を幸せにする会社天野 敦之

おすすめ平均
stars自分の立ち位置が見えなくなったら読む本
starsあるある、こんなとき!
stars誰もが幸せになれる世界
stars中学生にも読んで欲しい
starsサービス業の経営者を目指す方に絶対お薦めです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆4位:問題は「数字センス」で8割解決する
問題は「数字センス」で8割解決するの書評

問題は「数字センス」で8割解決する
問題は「数字センス」で8割解決する望月 実

おすすめ平均
stars「数字」の見方と感覚が変わる本
stars数字を生かせる人に
stars数字は世界共通のコミュニケーションツール
stars「数字」系の"初めの1歩"を踏み出すときに最適
stars素直に数字に親しめる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆5位:白いネコは何をくれた?
白いネコは何をくれた?の書評

白いネコは何をくれた?
白いネコは何をくれた?佐藤 義典

おすすめ平均
starsドッグイア
stars軽い気持ちで、戦略BASiCSについて学べます。
stars人生の戦略
starsとてもおもしろい
starsこだわりが消えた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆6位:心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)
心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)の書評

心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)
心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)野口 嘉則

おすすめ平均
stars浄化
starsゆるせない自分をゆるしてください
stars社会人になる前に是非読んで欲しい一冊!
stars人間力を学ぶための一冊
starsこれからは心眼力の時代

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆7位:普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法
普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法の書評

普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法
普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法別所 諒

おすすめ平均
stars背中を押してくれる本
stars即効性のあるノウハウが満載!
starsサラリーマンが会社をリストラする時代
stars努力しても報われないと思っている20代・30代のサラリーマンのみなさんにお奨め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆8位:仕事はストーリーで動かそう
仕事はストーリーで動かそうの書評

仕事はストーリーで動かそう
仕事はストーリーで動かそう川上徹也

おすすめ平均
stars感情を動かすスキル!
stars私もボルヴィックのCMでついつい買ってしまった人です
starsロジックがあってのストーリー
stars最強のビジネススキル!?
starsこのスキルがあるかないかで、大きな差が出てしまう一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆9位:ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則山岡 洋一

おすすめ平均
stars続編と思いきや
starsこれだけの事を2千円ちょっとのお金と数時間の読書で知ることができるなんて!!
stars必読
stars経営者だけでなく、凡庸な人材を抜け出したい個人にも役立つ
starsおすすめです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆10位:影響力の武器[第二版]
影響力の武器の書評

影響力の武器[第二版]
影響力の武器[第二版]社会行動研究会

おすすめ平均
stars人間理解に深い洞察を与えてくれる本
stars期待以上の第2版
stars自分の行動は読まれてる?
stars本格的な一冊
starsもやもやを視覚化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『11月の売れ筋』 by Tulipa"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »