« 2006年2月 | トップページ | 2008年9月 »

2006年5月

『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明 前編

石原明氏の『成功曲線を描こう』は私のお気に入りの著書です。その石原明氏の最新の著書が、『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』です。実は、半年はほど前に、石原明氏のセミナーに参加しました。そのセミナーで話されたことが書籍になったようです。

石原明氏の『成功曲線を描こう』の書評はこちらから

◆現状維持てば会社は衰退する

会社は発展するか、衰退するかどちらかしかありません。現状維持でいいと思っているいると、結局は衰退するしかあまりせん。というのは、世の中は日々進歩しています。それに合わせて、進歩しなければ衰退するしかありません。

会社を発展させる決め手は、会社を発展させるノウハウを知っているか否かがポイントです。近年、リクルート出身者が起こした会社が急速に多くなっているのは、つまり、発展されるノウハウを知っているということにほかなりません。

大きくするポイントは、次の5つです。

1.販促
2.採用
3.教育
4.環境整備
5.システム

特に、ビジネスのベースを築いたら、販促、つまり、広告の規模を拡大するだけで、ビジネスは大きくなります。広告により、拡大させたビジネスは優秀な人材を採用して、ビジネスを支えるようにします。それだけで、急速に発展していきます。

◆商品の選択

ビジネスで商品の選択は非常に重要です。しかし、多くの社長はそれを分かっていません。少なくとも、意図して商品を選択したという社長はほとんどいません。

商品選択は、単価が高く、リピート性の高い商品が理想的です。ただ、両方を満たす商品は少なく、どちらか一方の性格を帯びます。優秀な社長は、リピート性の高い商品と単価の高い商品を組み合わせて、ビジネスを構築します。

その一つの実例が、書店に必要なマンガ本にビニールをつける機械を製作している会社のビジネスです。機械自体は高価な商品で、消耗品のビニールはリピート性の高い商品です。

・・・後編に続きます。

◆今日の言葉
「世の中は自分のためにお金を出して実験してくれている」
→儲かる仕組みを構築している会社を観察するとタダでノウハウが手に入る。

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

著者:石原明、出版社:サンマーク出版、ISBN:4763196359 後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!
石原 明

サンマーク出版 2006-02-11
売り上げランキング : 10717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天ブックス: 『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明

続きを読む "『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』 by 石原明 前編"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2008年9月 »