« Amazonギフト券プレゼント、ビジネス書購入にどうぞ | トップページ | 携帯アフィリエイト »

『実況LIVEマーケティング実践講座』 by 須藤実和

『実況LIVEマーケティング実践講座』は二部構成になっており、前半がマーケティングの理論を一通り説明して、後半を演習にあてています。前半にも身近な実例がちりばめられており、マーケティングの現場を手軽に知ることができます。

◆ドリルではなく穴

よく、マーケティングの本で、顧客は製品であるドリルを欲しがるのではなく、穴が欲しいのだというのがでてきます。その穴は、何インチ?、何のため?、一度にあなをいくつあけたらいいか、いくらかが適当か?、いつまでに必要か?を把握して、製品を提供するのがマーケティングだと説明しています。(他の本からの引用ですが)

良く理解できる説明です。さらに、マーケティングに優れた会社は、顧客の気持ちを掴むことに長けている会社だと定義しています。

◆マーケティングの流れ

マーケティングの具体的な流れは以下の様になります。

1.環境分析
2.ターゲットの設定
3.マーケティングミックスの策定
4.アクションプラン作り
5.アクションプランの実行

環境分析は、顧客分析、競合分析、自社分析に分けられます。

顧客分析を詳しく解説しており、特に、仮説立案の大切さを訴えています。仮説が成り立つか否かベースに調査を行います。データ分析後、当初、打ち立てた仮説が成立しないようでしたら、仮説の修正を行います。

環境分析を簡単に紹介します。

◆DAKARAを例に演習

スポーツ飲料DAKARAを用いた演習では、最初に立てた仮説「スポーツする人の不満を明らかにして改善する」という趣旨でアンケートを用いて調査したのですが、調査結果は「現状のスポーツ飲料に満足している」というものでした。

そのため、シェアNo.1のポカリスエットで満足する要因を分析して、複数の要因の一つにフォーカスして、その要因を補強することで、差別化を図るというものでした。満足する要因を用いて、差別化を図るというのは私にとって新鮮な発想でした。

また、演習では、まず、チーム作りが大切だとか、ターゲットを特定するのに基本的な性別・年代をまず用いる、CMでの薬事法の制限の回避など、具体的な方法について、興味深く読みました。

◆まとめ

全体的にオーソドックスな感じです。が、細かく見ると、実際に現場で使われているやり方をできるだけ、伝えていこうという意図がみえるように思えます。説明が少々すっきりしない印象がありますが、それも、現実をできるだけ反映している結果のようがしました。

さらっと読んで、演習で考えてみると、いろいろな事を発見できます。

後悔度:★★★★★

実況LIVE マーケティング実践講座
447850248X須藤 実和

おすすめ平均
starsマーケティングにちょっと興味をもったひとに
stars今まで読んだマーケティングの本の中では最も良い
starsいまいち
starsマーケティング担当者以外の人にもお読み頂きたい
starsわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆復活

ブログの更新が遅れていましたが、徐々に復活します。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« Amazonギフト券プレゼント、ビジネス書購入にどうぞ | トップページ | 携帯アフィリエイト »

マーケティング:書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33517/7031745

この記事へのトラックバック一覧です: 『実況LIVEマーケティング実践講座』 by 須藤実和:

» 実況liveマーケティング実践講座 [パワボン]
久々のタイトル負けした本でしたが(笑)、内容は実践的。いまでは、私の大切なマーティングの教科書になりました。 → more [続きを読む]

受信: 2006.01.22 21:54

« Amazonギフト券プレゼント、ビジネス書購入にどうぞ | トップページ | 携帯アフィリエイト »