« 『第11番目の鍵』 by ロバート・シャインフェルド | トップページ | 『パフォーマンス・マネジメント』 by 島宗理 »

『ブルー・オーシャン戦略』 by W.チャン・キム他

経営とは新しい市場を創造することというようなことを聞いたことがあります。では、実際に新しい市場を創造するということはどういうことかに対して、明確な答えが無かったような気がします。『ブルー・オーシャン戦略』は、それに答えようとしている本だと私は思います。

『ブルー・オーシャン戦略』では、従来の市場で競争している状況をレッド・オーシャンと呼び、市場を創造してその市場が無限に広がっている状況をブルー・オーシャンと呼んでいます。ブルー・オーシャンを生み出すと、利益が大幅に増加とする主張しています。著者が108社を調査したところ、利益の61%がブルー・オーシャンから生み出されたものという結果が出ています。

このブルー・オーシャン戦略を作成するのに、3つのツールを考案しています。それは、1.戦略キャンバス、2.4つのアクション、3.アクション・マトリックスです。

戦略キャンバスとは、競争要因を横軸にして、縦軸はそのレベルを表します。そこに、業界内にあるいくつかの戦略グループの特徴を描き出します。すると、競合他社が何に投資しているか、製品、サービス、配送などの何を売りにしているかなど、どのような現状にあるかを知ることが出来ます。それを元にブルー・オーシャンを創造する手助けになります。

4つのアクションとは、ブルー・オーシャンを生み出すために、競争要因に対して、操作する視点です。それは、業界の標準に足して、1.取り除くべきものは?、2.思い切り減らずべきものは?、3.大胆に増やすべきものは?、4.付け加えるべきものは?を考えていきます。

アクション・マトリックスは、4つのアクションを補足する分析手法です。これは、4つの四角を田の字型に置き、それぞれに4つのアクションを並べます。

実際に、ブルー・オーシャンを生み出す際に考えていくヒントが次の6つです。

1.代替産業に学ぶ
2.他の戦略グループ
3.買い手グループ
4.補完材や補完サービス
5.機能特性と感性特性を逆にする
6.将来を見通す

「代替産業に学ぶ」を簡単に説明します。「代替産業に学ぶ」は、代替産業の特徴を導入することです。代替産業とは、代替材や代替サービスを提供する産業です。

代替材、代替サービスとは、同じ役割をはたす、あるいは同じ効用をはたすものです。例えば、資産管理ソフトと税理士や会計士は同じ役割をはたします。なので、一方を代替サービスの関係になります。また、レストランと映画館を比較すると、「外出して楽しい夕べを過ごす」という目的では同じになります。これも、同様な関係が成り立ちます。

この例としては、iモードが上げられます。比較されたのは、インターネットです。インターネットのキラー・アプリケーションを考えると、電子メール、身近な情報、娯楽です。これらをiモードは置き換えました。

『ブルー・オーシャン戦略』は、新しい市場を創造するうえでのツールを考案し、それを生み出していく際の考え方、そして、紹介できませんでしたが、具体的な実現の手順を教えてくれます。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 競合他社の競争要因を分析して、差別化を行う。
■■ 代替産業を分析して、その特徴を導入する。

ブルー・オーシャン戦略~競争のない世界を創造する
著者:W.チャン・キム/レネ・モボルニュ、出版社:ランダムハウス講談社
ISBN:4270000708

後悔度:★★★★★

★★★★★:読まないと絶対後悔する、★★★★:読まないと、とても後悔する、★★★:読まないと、やっぱり後悔する、★★:読まないと、後悔する気がする、★:読まないと、後悔するかな?

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する
4270000708W・チャン・キム レネ・モボルニュ 有賀 裕子

おすすめ平均
starsうちの社長に読ませたい1冊。でも、この本に書かれている内容、
starsブルー・オーシャンを泳いでみたい!
stars現実には企業の現場では難しい
starsポーター競争戦略への強烈なアンチテーゼ
stars人生を戦いと思って疑わない人たちに。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

インテリア雑誌

MdNから出ているmeubleというインテリア雑誌がお気に入りです。最近、PenやGQ Japanのインテリアの特集も、よく、美容院で読みます。

気持ちいい空間に憧れます。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『第11番目の鍵』 by ロバート・シャインフェルド | トップページ | 『パフォーマンス・マネジメント』 by 島宗理 »

ビジネス書:書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33517/5053538

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルー・オーシャン戦略』 by W.チャン・キム他:

» ブルー・オーシャン戦略 [ブログで大阪ナイトカルチャー]
「ブルー・オーシャン戦略」((ランダムハウス講談社)という本を今読んでいる。「既存の市場(レッド・オーシャン)で競争する時代は終わり、未開拓の市場(ブルー・オーシャン)を産み出すことが必要だ」という趣旨の内容である。恐縮ながら、コンサルタントの書いた本...... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 23:44

» 発想の転換+潜在マーケットの顕在化 [DreamTheatre]
これまで「素養」とか「感性」ということで片付けられてきたマーケティングに関するある種のスキルが、見事に論理化され非常に分かりやすいケーススタディとともに、フレームワークがきっちり学べる大変有益なビジネス書です。 これまで根拠の無い自説だから・・とか、ただの理想論?・・などと考えて今ひとつ自分を解き放つことが出来なかった方(私です^^;)これで胸を張って語れます。さあ一緒に「ブルーオーシ�... [続きを読む]

受信: 2005.08.10 23:38

» 次回ミーティングの開催は? [BSCは社員を幸せにするか?]
Mです。 次回のミーティング開催はいつ頃でしたっけ? 書籍コンサルティングを受けた後でしたっけ? 書籍と言えば、以下の本がお勧めです。 ↓ 「ブルー・オーシャン戦略〜競争のない世界を創造する」 W・チャン・キム (著), レネ・モボルニュ (著), 有賀 裕子 (翻訳) ランダムハウス講談社 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4270000708/249-9387261-21771... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 16:43

» BSC「顧客の視点」の強化本 [BSCは社員を幸せにするか?]
Mです。 最近BSCに関する書籍を久々に読んでいます。 ↓ 「ブルー・オーシャン戦略〜競争のない世界を創造する」 W・チャン・キム (著), レネ・モボルニュ (著), 有賀 裕子 (翻訳) ランダムハウス講談社 この本は、BSCで言うと顧客の視点にあたるフレームワークです。 松原先生に進められました。今、読んでますけど、これまでの競争戦略「ポーター」、成長戦略「アンゾフ」、コアコンピタンス「ハメル&プラハ�... [続きを読む]

受信: 2005.08.24 16:54

» 「読書」 [コトバの向こうには]
月に一度、企業の経営に携わっている方々が集まって、「経営書を読む会」というのをや... [続きを読む]

受信: 2005.10.08 22:53

» 【ビジネス書 レビュー】 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (W・チャン+キム レネ・モボルニュ 著/有賀 裕子 訳) [やわらか頭で本を読もう。]
技術の進歩と言うものはかくも恐ろしい。 オイラの業界は、ミクロン〜ナノレベルの高精密な技術でさえ海外との競争で叩き売りの状態が起きています。IT業界なら技術者の敷居が低くなったと同時に、価値ある技術を生み出すには、これまでに比べ、何倍も高いハードルが待ち受... [続きを読む]

受信: 2005.10.23 08:26

» ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する/W・チャン・キム 05297 [分譲マンション屋の読書日記]
W・チャン・キム, レネ・モボルニュ, 有賀 裕子 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する ★★★★★ 面白い! マーケティングや経営戦略の本では久々の大ヒットだと思った。  レッド・オーシャンは今日の産業の全てを表す。  つまり、既知の市場... [続きを読む]

受信: 2005.10.31 13:02

» 書評:ブルー・オーシャン戦略 [アックインテリジェンス通信]
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する W・チャン・キム+レネ・モボルニュ(著) [続きを読む]

受信: 2005.11.09 21:40

» ブルーオーシャン戦略 [MBAで教える「交渉術」]
『ブルーオーシャン戦略』って何でしょうか? 実は今年上半期からアメリカはじめ世界各地でベストセラーになったビジネス本です。 日本でも青い表紙で日本語版がこの夏から書店に並んでいると思います。 今アメリカ等のビジネス界ではこの本がけっこうなブームを呼んでいるらしく、『イノベーションのジレンマ』等の90年代のベストセラー記録を塗り替える勢いでブレイクしているらしいです。 この本の著者は筆者のビジ... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 18:02

» ブルー・オーシャン戦略 [発想するリーダー宣言!]
『ブルー・オーシャン戦略』W.チャン・キム他 従来の競争市場で血を流している状況をレッド・オーシャンと呼び、新規市場を創造してその市場が無限に広がっている状況をブルー・オーシャンと命名した。 成功事例を分析して、ブルー・オーシャン戦略の実施の方法を提示...... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 09:03

» 【本】 ブルー・オーシャン戦略 ☆☆☆☆ [ishikoro]
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する W・チャン・キム, レネ・モボルニュ ランダムハウス講談社 2005/6 INSEADの2人の教授による戦略論。 レッド・オーシャン:従来の市場で競争している状況。 ブルー・オーシャン:市場を創造してその市場が無限に広がっている状況。  他社がまねできない商品・サービスを作り出せば、大きく利益を伸ばすことができる。しかし、他社がカンタンに追いつける場合には、消耗戦になる。当たり前だが、ほとんどの会社は、直視できない事実を丹念に... [続きを読む]

受信: 2005.12.22 16:24

» ネクスト・マーケット [hello!]
今年最初に読んだ書籍は「ネクスト・マーケット(C・K・プラハラード著)」である。第2章のケーススタディは今後時間があるときに回すとして、全体を概括した第1章を読破した。 この書籍は、ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)、すなわち経済ピラミッドの最底辺にあ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.06 02:18

» ブルーオーシャンって? [そぞろ日記]
お客さんに「ブルーオーシャンの本ありますか」と聞かれまして、どっかで聞いた単語だなと、パソコンに走りました。となりにいた社員さんに... [続きを読む]

受信: 2006.02.27 20:37

« 『第11番目の鍵』 by ロバート・シャインフェルド | トップページ | 『パフォーマンス・マネジメント』 by 島宗理 »