« 『よく「遊ぶ人」ほど成功できる』 by佐藤富雄 | トップページ | 『ぼちぼちいこか!1億円』 by なにわ1億円倶楽部 »

『考える技術』by 大前研一

先週、予告していた大前研一氏の新刊の書評です。ゲラ原稿を、かなり以前に、スタッフの方からいただいていて、何度も、読み返してしまいました。氏の経営コンサルタントとしての現場での働きぶりが想像できるような臨場感を感じます。

本書の前半は、「論理思考」のポイントを解説しております。後半は、この「論理思考」で、『新・資本論』で述べられている「見えない大陸」における法則を使い大きな仕掛けをする方法が述べられています。後半での「IBMを倒す快感」などの言葉に代表される視点が気持ちいいのです。

実際のビジネスの場面に使用しやすいと思われる前半の「論理思考」のポイントを紹介します。

「論理思考」というと机上で、データ分析を行い、仮説を導き出すという、ある意味、記号の操作的なイメージが私にありました。ところが、氏は、データ分析結果である仮説を立てるだけは不十分だと述べます。その仮説が本当であるかの裏付けが必要だと説きます。

その裏付けは、具体的には、それを実証する個々の現実、具体的には、例えば、営業マンに会いインタビューなどを通して、その背景にある原因を特定します。その原因から派生する結果の因果関係を理論的に説明できるかを検証していきます。

そして、その原因は、通常、一つのことから派生します。その一つを特定する作業をフィールドワークという地味な作業を通して、浮かび上がらせます。多くの人は、現象(結果)と原因を区別できません。

例えば、売上が伸びない時に、現象を捉えて、それらが原因のように考え勝ちです。その現象とは、「営業マンに元気がない」、「製品が悪い」、「価格が高い」などです。「営業マンに元気がない」のは、「売上が伸びない」ということから引き起こされた結果かもしません。「製品が悪い」というのは、成績が悪い営業マンの単なる言い訳にすぎないかも知れません。「売上が伸びない」という真の原因を探し出す必要があります。

現象を捉えて、それぞれに、独立した一貫性のない対策を実施すると最悪な結果になる場合があります。例えば、「製品の付加価値を向上」させ、「価格を下げる」という施策を同時にとれば、「利益が出ない」という最悪な結果になります。一つの真の原因を見つけ出し、一貫性のある対策を実施する必要があります。

そして、重要なのは「仮説」ではなく、「結論」です。結論とは、与えられた目的に対応して、それに最適な結果を出せるような「結論」です。よくないコンサルタントは「その問題は難しい」という結果を出せないレポートを提出する場合があります。実際に、実施して、結果のあるレポートでなければ意味があません。

更に、私が潔いとおもうことは、提言も一つであることです。最終的に、社長にその提案した「結論」を実施してもらう場合、あれもこれもということは、現実には難しいのです。膨大なデータ収集・分析、フィールドでのインタビューなどに裏打ちされた一つの提言は、実行させる迫力があります。

また、コンサルティング依頼に対しても、「何がやりたいんですか?」と目的に一つにして、依頼を受けます。一つの目的に対してしか、明確な答えを出せないのです。

私は、前半の「論理思考」についての部分を読んでいくと、大学で行った実験レポートを思い出しました。個々のデータから、緻密に、最終的な結論を組み立てていくそんな作業なのです。その実験データを元にした論理構成を経営コンサルティングに応用した手法から導き出される結論は迫力があります。

■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 大切なことは、仮説ではなく、結果をだす結論です。
■■ 提言は、データ・事実に裏付けられた一つに絞り込みます。


考える技術
著者:大前研一、出版社:講談社、ISBN:4062124920

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

考える技術
大前 研一

おすすめ平均 
大前氏の発想に学ぶー思考トレーニング実践法
光る論理的思考
頭はいい人なのだろう、だけど。
事実に対して忠実に、謙虚に
タイトルと内容に少々乖離が…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『よく「遊ぶ人」ほど成功できる』 by佐藤富雄 | トップページ | 『ぼちぼちいこか!1億円』 by なにわ1億円倶楽部 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ビジネス書:書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『考える技術』by 大前研一:

» 大前研一氏「考える技術」を読む。 [ドラマチックな映画好きのための・・spark!シネマ日記]
大前研一氏の「考える技術」という本を読み始めた。大変刺激的な本だ。私は知らなかったのだが氏はMIT大学院で原子力の研究をしていたのだそうだ。その後就職した日本企... [続きを読む]

受信: 2004.12.12 21:00

» 考える技術 [未来の成功のためのレッスン]
考える技術 大前 研一 (著) 大前氏の発想に学ぶー思考トレーニング実践法 大前 [続きを読む]

受信: 2005.01.30 09:42

» 読まないと絶対後悔する [あにやんのカフェ@WebryBlog]
ちょっと屁理屈を交えながら考察してみよう。 [続きを読む]

受信: 2005.02.28 14:14

» 堀式洞察力養成法とは [現代社会への仮説と提言]
昨日は、「問題発見能力」の重要性について書いきました。解決するべき問題は何かを発見するには、物事の本質を見抜くことが必要です。また物事の本質を見抜く力を一般的に... [続きを読む]

受信: 2005.03.24 00:15

» 考える技術 [上場企業法務マンの仕事術]
大前研一/著、集英社 価格:1,600円(税別) 評価:★★★ ついに郵政解散選挙も終わり、国民の多くは「郵政を民営化すべき」との判断を下したようです。 私は今の自民党が言っている郵政民営化法案の中身を詳しく知りません。 しかし、この本のおかげでベストな...... [続きを読む]

受信: 2005.09.12 07:37

» 外国為替トレード勝利の方程式 [為替マイナスからの日記]
帰ってきました。昨日も書きましたが、今日は東京からリターンです。 久々の東京でSuper Onobori-sanでした。写真は渋谷駅でたら幸田未来さんの 巨大看板があったので、女子高生が携帯で写している横で、デジカメで撮ってしまいました。 まあ、それはいいんですが、なぜ東京に行ったかというと 外国為替トレード勝利の方程式今井先生の為替セミナーに行くためです。 メンタル面の話を丁寧にして頂い... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 16:22

« 『よく「遊ぶ人」ほど成功できる』 by佐藤富雄 | トップページ | 『ぼちぼちいこか!1億円』 by なにわ1億円倶楽部 »