« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

『あなたの収入が1,000万円を超える!ザクザク稼ぐメールマガジン』 by石田健

8万部の部数を誇るメルマガ『毎日一分!英語新聞』の石田さんのレポートです。メルマガから、収入を得ることを夢見ている私の弱点をつくようなタイトルに興味を感じて、購入しました。

石田さんのメルマガ発行の裏側を本人から直接、バーで聞いているような感覚で、読めてしまいました。このレポート、少し値がはりますが、飲み代と思えばやすいでしょうか。

まず、メルマガ『毎日一分!英語新聞』を発行する当時の様子がリアルに描写されています。いわく、銀行預金には、380円しかなかった。新潟の片田舎のアパートで、事業資金が底をついて、そのことで夫婦の仲がぎこちなくなった様子が生々しいのです。

それが、わずか、4年後、東京の赤坂で、メルマガだけの収入が年収1,200万円、しかも、一日に一時間しかかけていません。この収入は、全体の一部です。そして、本業にも、メルマガを生かした顧客のフォローを行っており、着実に、成果を上げています。

何が生活を変えたのでしょうか。それは、直接的には、メルマガの広告からあがる収入です。ただ、それを得たのは、メルマガから広告収入を得るという決意から、生活が変わり始めました。

普通のメルマガ発行者は、メルマガのコンテンツに邪魔な広告を入れることを、何か、やましいことのように考えます。それで、コツコツとボランティアのようにメルマガの発行作業を行います。しかし、それでは、だんだんと辛くなってくるのです。

逆に、純粋に広告収入を得ることを目的にすると、自然と、広告を入れた分のマイナスを跳ね返すような内容のクォリティを目指すのです。石田さんの場合も、独自のコンテンツを開発したり、配信を正確に行ったり、相互紹介等の活動をまめに行い読者を開拓するなど、クォリティが格段に上げてきました。

お金を受け取るタイミングできちんと受け取り、よい循環サイクルに入った好例なのでしょう。とにかく、よいクォリティで、正当な収入を得ようと決めたのがすばらしいです。

メルマガの活用で、面白く感じるのが、業務への利用法です。種種の工夫を行い、Web見積もりを行う自社のフォーム画面で、メルマガを購読するようにして、通常、60%程度の仕事の受注率が82%へとあがりました。これは、メルマガで自社アピールして、見方になってもらう作戦です。これをうまく、実行しています。

いろいろと、目から鱗的なノウハウが入っており、メルマガ発行者にとって、多くの示唆を与えるレポートです。メールマガジンで、ザクザク稼ぎたい方にお勧めです。

■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 受け取るべき報酬を受け取り、よい循環サイクルを作っていますか?
■■ 本業の業務に、自分の特技を生かすことを考えていますか?

あなたの収入が1,000万円を超える!ザクザク稼ぐメールマガジン
~毎日一分!英語新聞の裏側~
著者:石田健、発行:アカデミアジャパン株式会社

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

詳細はこちら→ 『あなたの収入が1,000万円を超える!ザクザク稼ぐメールマガジン』

続きを読む "『あなたの収入が1,000万円を超える!ザクザク稼ぐメールマガジン』 by石田健"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『非常識な成功法則』 by 神田昌典

神田さんの『非常識な成功法則』を注意深く読んでみようと思い立った。というのは、大胆にも、インターネット上のマーケティングで神田さんと同様な成功を収めてみたいなと思ったからです。1/10の成果でも、劇的に、生活が改善されますよね。

本書で書かれている内容を具体的に実行できる内容を箇条書きに抜き出してみました。全部で、14項目ありました。あくまで、私が、すぐにできなと思った項目です。

細かく読んでみて、改めて、神田さんの著書が明確な意図を持って、まとめられていることに、驚いています。普通、本のコンセプトと関わりのない事、同じような内容の繰り返し、抽象的でお話の域をでない内容が混ざるのですが、見事に、すぐにできる成功法則にまとめられています。

14項目をあげて、いちいち説明しても芸がないので、本書のねらいと私が特に興味深く感じた項目を説明します。

まず、この本は成功者が書いた本という位置づけではなく、『成金』(神田さんが本書で使用している言葉)段階の人が書いた成功法則となっています。なぜ、成功者でなく、成金かというと、成功者段階になると自分を戒める事を成功法則として語ります。ところが、普通の人から成金になる段階の成功法則と成功者の成功法則では、その内容が異なります。

そして、多くの成功法則は「成功法則を商売にして成功している人」が書いています。成功者が書いた本は、その人、個人の経験しか分からないので、なぜ成功したのかを客観的に説明できないのです。

それに対して、神田氏は、自分の成功体験と、コンサルティングを行い、顧客の多くの人の実例を見てきたという経験を一般化し、成功法則として抽出しています。

3つほど、紹介します。


まず、一つめは、目標設定に関することです。目標を設定する際に、やりたくないことをまず、書き出します。非常に、わがままな願望レベルでOKです。やりたくないことを明確にするとやりたいことが見えてきます。多くの場合、目標の中にやりたくないことが含まれることが多く、やりたいけど、やりたくないという意識してない葛藤で、前に進めなくなることが多いのです。

次は、短期的な目標をクリアにする方法です。これは、毎晩、10個、目標を書き出します。その中かで、重要な目標一つに丸をつけます。この重要なという基準は、その目標が達成されると他の目標も達成されることです。

例えば、「1.給与を上げる」、「2.売上を伸ばす」、「3.新車を買う」という3つの目標があった場合、「2.売上を伸ばす」を解決すれば、他の2つも解決されます。そのような目標です。

そして、その一つの目標について、すぐにできる一歩を考え、それを書き出します。思い浮かばなければ、夜、考えて、朝、考えてみると思い浮かびます。まず、普通の人は最初の一歩が踏み出せません。それをクリアすると比較的簡単に次の段階にいけます。

最後、将来から、現在を振り返ります。これは、イメージトレーニング的な手法を使います。簡単に書いてみますね。

1.目を閉じて、暗い廊下に立っていることを想像します。
2.エレベータホールに行き、「将来」というボタンを押します。
3.そこにつくと、盛大なパーティが行われています。
4.そう自分が二年(何年でもいい)後成功した記念のパーティです。
5.そして、将来、自分が現在の未来に、語りかけます。
6.自分のこの成功は、昨日、実行したこと、一週間前に実行したこと、一ヶ月前に実行した事、半年前に実行したこと、一年前に実行したこと、そして、二年前に最初に踏み出した一歩のおかげです。
7.さて、この最初の一歩は、何だったのでしょうか?

このようなイメージトレーニングをして、次の踏み出せない膠着した状態を抜け出すヒントを得るのです。

久しぶりに、この『非常識な成功法則』を読んでみて、成功法則の必要最低限が示されていることをあらためて、認識しました。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 自分がやりたくないことを明確にしていますか?
■■ 成功をイメージして、現在を逆算して行動していますか?


非常識な成功法則
著者:神田昌典、出版社:フォレスト出版、ISBN:4534036523

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
神田 昌典

おすすめ平均 
誰にも教えたくない名書
シンプルな内容
全ての成功法則、現代版がここにある。
神田さんだから可能。力のない人は鵜呑みにするな。
衝撃

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『非常識な成功法則』 by 神田昌典"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』 by タカイチアラタ

たまたま、本田健さんの著書を取り上げているblogに、トラクバックした先が、タカイチアラタさんのblogでした。イメージトレーニングの第一人者とは知らずに、本田健さんの著書に似たタイトルの本を出すのだなと漠然した認識でした。その本は、『幸運な人生を送るイタリア賢者の教え』というタイトルです。

そんなことを友人に話すと、有名な方だと聞いて、ビックリしました。さっそく、オンライン書店から、『幸運な人生を送るイタリア賢者の教え』、今日紹介する『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』、そして、『1日7分間願望実現イメージトレーニング【願望別 実践テクニック編】』を購入しました。どれも、いいです。個人的に、インパクトのあった『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』を紹介します。

この本は、形式的には、メンターものというある賢者に出会って、主人公が成功していくという物語の形式です。そう、最近売れている本、『ユダヤ人大富豪の教え』と同じ形式です。

しかし、その7人のメンター達が変わっていて、ホームレスのジイさん、中国からの留学生、パチプロ、キャバクラ嬢だったりします。そして、その要点を心理学、量子論(!)で、理論武装しています。更に、CDがついており、その指示に従うことにより、イメージトレーニングができるというお得な構成になっています。

7つのトレーニングから、構成されています。

1.「否定的な感情を取り除く」トレーニング
2.「自己イメージを高め、精神的視野を広げる」トレーニング
3.「積極的に行動する力を高める」トレーニング
4.「直感力を高める」トレーニング
5.「創造的に対人関係を築く」トレーニング
6.「意志決定力を高める」トレーニング
7.「願望実現」トレーニング

個々の詳細は、本書に譲ります。ただ、「自己イメージ」と「感受性」という言葉が気になりました。

「自己イメージ」を高めることは、2の視野を広げることに役立つことは、もちろん、4の直感力や5の対人関係を高めるのに役立ちます。

対人関係をよくするのに、なぜ、自己イメージが大切かというと、嫌いな相手、苦手な相手がいるとき、それは、自分自身の気に入らない自分の「影」を投影していることが多いのです。自己イメージを改善すると受け入れられる人が多くなります。

「自己イメージ」を改善するには、自分の過去を肯定することが必要です。

次の「感受性」という言葉も、よく出てきており、4の直感力、5の対人関係、6の意志決定力を高めるのに、必要となります。意志決定力に関係があるのが面白く感じました。

意志決定力は、別の面からみると、行動を改善することになります。この行動する際に、苦痛を伴う努力は避けるべきだと主張しています。苦痛を伴う努力はその多くは他者の強制であるからです。他人の強制から、自己実現を達成することはできません。

自分が望んだことに集中することは、他人からみると努力に見えますが、本人とっては楽しいことです。そして、自分を高めるために、「学ぶ楽しみ」、「行動する喜び」を見いだす感受性が大切になるのです。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 自分の過去を肯定して「自己イメージ」を高めていますか?
■■ 「学ぶ楽しみ」、「行動する喜び」を見いだせていますか?


幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング
著者:タカイチアラタ、出版社:日本実業出版社、ISBN:4534036523

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング
タカイチ アラタ

おすすめ平均 
激しく期待はずれ
役に立ちます
面白すぎ!
朝礼の前の、自分のための朝礼、にいい
短時間で成功への道が開ける

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『幸運が舞い降りてくるイメージトレーニング』 by タカイチアラタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さな会社の最強メルマガ営業術』 by 平野友朗

メルマガ専門コンサルタント平野さんの三冊目の本です。今回のテーマは、メルマガを活用して、どのようにして、うまく、ビジネスとして成立させていくことかということです。

私は、メルマガを軸に起業を考えているので、非常に、参考にしなりました。

メルマガの直接的なメリットは、会社向けの本らしく、平野さんがかかわった会社のネット経由の売上が平均して、10倍になったことがあげられています。

それは、メルマガによって、その会社をブランドかすることができるからです。しかも、大きな会社ではできない人間味を感じされることにより、そのメルマガ読者から信頼を得るのです。

インターネット上に多くの情報がある現在、情報のその内容だけで、支持を集めるのは、非常に困難なことです。これをメルマガ発行者による独自な視点で情報を整理して、かつ、具体的にかみ砕いて提示することにより、価値が生まれてきます。

読者がよく知らないことを整理して紹介し、しかも、読者が支持するような信頼できる情報源になれば、確実に、時間を節約できます。信じられないくらい、多様な、そして、多量な情報が提供されている状況で、その点で大きなメリットを感じているのでしょう。

その厳選された情報とその人の持つ、人柄、人間性、ある程度のコミュニケーションで、身近に感じることができるようになります。すると、友人のような気がして、気楽に心を開いてくるのでしょう。

私も、直接的にコミュニケーションしたことがない読者にセミナーで会うと、親しみをもって、話しかけられることを体験します。また、もともとの知り合いであっても、単に、メルマガを読んでくれているだけで、久しぶりという感じからしないとのことです。強力なコミュニケーションツールであることが実感としてわかります。

この強力なメルマガをビジネスにうまく生かす方法を体系立てて紹介しています。

いくつかの手法が紹介されていますが、私が、とても、興味深く感じ手法は、販売用の1ページ完結型のホームページです。商品の紹介から、最後の注文フォーマットへの登録が一つのページで完結する構成になります。

これは、複数のページに分けると、他のページに移動する際に、「クリック」という操作が必要になり、どうしても、最終ページにたどり着く確率が落ちしまうから、一つのページにまとめるのです。もう一つのメリットが宣伝媒体ごとにその効果を測定したいときに、ページを対応宣伝媒体ごとに用意すればいいので、簡単だからです。

そのページに構成については、1.つかみ、2.納得、3.最後の一押し、から成り立っております。例を用いて、丁寧に紹介しており、すぐにでも、役立ちそうな内容です。強力でしかも、具体的に内容を公開しております。

1470円とオンライン書店が買うには、微妙な値段ですが、この際、平野さんの他の2冊と一緒に買うと、より、理解が深まります。オススメです。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ メルマガを使用したブランドの確立をめざしていますか?
■■ メルマガを使用したビジネスの仕組みは練られていますか?


小さな会社の最強メルマガ営業術
著者:平野友朗、出版社:日本実業出版社、ISBN:4534038089

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術
平野 友朗

おすすめ平均 
ここまで書きますか?!
まず、この本に書いてあることを考えよう!
これが一番よかった
小さな会社だからできるという励ましがうれしい。
小さな会社ができる という励ましがうれしい・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『小さな会社の最強メルマガ営業術』 by 平野友朗"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『キャズム』 by ジェリフー・ムーア

ある意味、古典になりつつある『キャズム』を、ようやく、読みました。「ハイテク産業が陥る『キャズム』を如何に乗り越えるか」というのが主題です。早めに、読んでおけばよかったと後悔してしまいました。IT系、特に、技術を売り物にしている会社・部門の人には必読です。

SIベンダー(コンピュータシステムを実際に構築する会社)の金融部門の営業企画に所属していた頃を思い出しました。今にして思えば、実際に、営業をしている方は、経験としてこのキャズムの手法を理解している様でした。ただ、理路整然とまとめて、かつ、その理想型と問題点を整理している本書のように明確に意識していないようでした。

そして、そのように、その理想型と問題点が明確になれば、対処の方法がわかり、ムダな時間が減ったかわかりません。

『キャズム』とは、ある製品が普及するときに、顧客の質の違いから発生する売上の落ち込みを指します。

マーケティングの理論を勉強された方は、よく、知っているとおもいますが、あるジャンルの製品(サービスでも同様)が普及するときに、いくつかの考え方の異なる顧客の層を相手にします。それは、5つの層からなります。

1.Innovators (ハイテクオタク)
2.Early Adopters (ビジョン先行派)
3.Early Majority (「価格と品質重視」派)
4.Late Majority (「みんなが使っているから」派)
5.Laggards (ハイテク嫌い)

最初のInnovatorsは、文字通り、ハイテクオタクで、新しい革新的な機能がある製品を試さずには、いられない人達です。この人達は、「役に立つか」という視点は抜きにして、その技術的なすばらしさを評価します。そして、その層の期待する価格は、原価に近いことを求めます。

私が、思い浮かぶのは、自作PCマニアでいうところの「人柱」といわれている人達です。この人達は、メーカーが保証していないか、まだ、製品として十分に練られてないPCの部品を率先して、評価して、自作PCマニア層に情報を提供することに喜びを感じています。

次のEarly Adoptersは、その新しい技術が持つ実際の効果に関心を持っています。つまり、製品レベルで評価します。その製品がどのような効果を生み出すのかを見ています。そして、その新しい製品を使用して、他社との差別化を図るのかに焦点を当てています。そして、お金は潤沢に提供します。

更に、このEarly Adoptersは、不連続的な改革により、注目を集めたいという非常に野心的なそうでもあります。この不連続的に変化を起こしたいという意図が、次に説明するEarly Majorityと異なります。

Early Majorityは、新しい技術に対する考え方は、Early Adoptersと同じで、技術的側面ではなく、その効用に関心があります。ただ、Early Adoptersとは異なり、連続的改革を指向します。そして、新しいジャンルの製品は、数年経つとそのジャンルさえ無くなることが珍しくないと知っているため、市場が確立するまで、待ちます。そして、類似製品との比較を行い、価格と品質、そして、その製品を導入する際の全体のコストを勘案して、その採用を決めます。

キャズムというのは、Early AdoptersとEarly Majorityの間に存在します。Early Majorityの層に到達するには、自社だけでは、どうにもならない市場の確立を待つ必要性があるからです。

ハイテク市場で、よく、見受けられるパターンが、顧客の一部であるInnovatorsでその技術的なすばらしさをたたえられ、一部の先進的な企業に採用されたが、その後、しばらく、ニュースが無くなるというパターンがあります。よく見られる現象です。このような状態にいるときは、キャズムに陥っている可能性か高いのです。

長々と書いてしまいました。その具体的な解決案を書くスペースが無くなってきました。解決案は、本書をご参照ください。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 五つの層を意識して、製品のマーケティングを行っていますか?
■■ それぞれに対する技術の見せ方を心得ていますか?


◆キャズム~ハイテクをブレイクさせる「超」マーケティング理論
著者:ジェフリー・ムーア、出版社:翔泳社、ISBN:4798101524

キャズム
ジェフリー・ムーア , 川又 政治

おすすめ平均
古さは感じさせません
脱技術オタク
ハイテクベンチャー関係者必読の書

Amazonで詳しく見る4798101524

続きを読む "『キャズム』 by ジェリフー・ムーア"

| | コメント (4) | トラックバック (6)

『2004年8月ベスト』

8月に紹介した本の私が考えるベストの本を選出します。

基準としては、仕事やビジネスにおいて、「具体的で実行できる」、「実際に役立つ」という2点で判断しています。

番外というを1冊、取り上げています。これは、「特定の人が対象で、すべての人にあてはまらない」、「仕事やビジネスには関係ない」、「行動には結びつかないけど、とても有益で、興味深い知識が示されている」本としています。


1位:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文
インターネットは数年後にテレビを抜くメディアとして考えて、ある意味、地道に手を打っている様子が伝わってきます。細かい事項が批判されていますが、時代を見る視点を見習っていきたいです。

書評:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文

おすすめ平均
恐るべし。だがしかし。。。。
賛否両論ですが・・・
稼げそうな気になる

Amazonで詳しく見る4334974600

2位:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典
米国は、日本と比較して、10年以上、進んでいます。日本がまだ、工業国として、トップの地位に留まっているのに対して、米国は「知価社会」に突入しています。日本の未来を見る視点を養う手段を教えてくれます。

書評:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典



お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

おすすめ平均
日本の行方
英語学習に対する危険な発想
なんということだ、これってヒントだらけじゃないの

Amazonで詳しく見る4894511711

お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
神田 昌典

おすすめ平均
うーん。
海外展開したい人は必読
成功のための行動力が具体的に記述されてます。

Amazonで詳しく見る489451172X

3位:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

レバレッジについての書籍です。レバレッジとは、てこのことです。少しの力で、より大きなものを動かすあの「てこの原理」と同様な効果を得る手法を整理して示しています。この本を読んでから、レバレッジを常に意識しています。

書評:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター, 白根 美保子

おすすめ平均
レバレッジの使い方
ラットレースから抜け出すために。
不動産を買ってみました!

Amazonで詳しく見る4480863478


4位:『加速成功』 by 道幸武久
私も、短期間で成果を上げたいという強いストレスを持っているので、多く
の指摘は、つぼにはまります。セミナーににも参加したためか強く印象に残っています。また、タイムマネジメントの方法について、バランスの取れた17の方法は、特に、手帳に書いて持ち歩いるほど気に入っています。

書評:『加速成功』 by 道幸武久



加速成功―願望を短期間で達成する魔術
道幸 武久

おすすめ平均
メモをとりながら・・・
バランス感覚に満ちた読み易い成功哲学の実践版
心が燃えました。今日から始めます!

Amazonで詳しく見る4763195956

5位:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅
本書は、「広告が信頼されてない」時代に、どのようにして信用されている
メッセージを発信するかについて、その手法を詳細に教えて、実践的な内容になっています。消費者に伝わってないと感じる方には、とても、参考になります。

書評:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅



儲けのDNAが教える“超”競争戦略―市場制覇の新法則
鈴木 博毅

おすすめ平均
まだまだ評価するには早いが・・・
この本は難しいと思う・・・
久しぶりにしびれました

Amazonで詳しく見る4569635725

番外:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト
マインドの法則を説明して、それをもとに、ブランディングの法則を説明します。まず、マインドの原則を丁寧に説明して、具体例を示し、最後に、原則以外の重要なポイントを教えてくれます。

書評:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト



ニューポジショニングの法則―勝つブランド負けるブランド
ジャック・トラウト , 新井 喜美夫

おすすめ平均
マーケティングとは心理戦である

Amazonで詳しく見る4884970632

続きを読む "『2004年8月ベスト』"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

『企画力』 by 田坂広志

最初に、田坂さんを知ったのは、日本総研時代の智融業というコンセプトを提唱して、金融機関を変革させようとする活動をされていた時でした。ちょうど、そのとき、ITベンダー側の企画部門に所属していました。そのときの印象は、発想のユニークさと説得力ある企画をされる人なのだなというものです。

久しぶりに、田坂さんのこの『企画力』を読んでみると、当時の発想のユニークさと説得力が、高い志から生まれ出たことがわかります。

本書の最初に、登場する場面は、バテル記念研究所です。普通の研究所ではなく、実際の製品に直結した成果をあげている研究所です。いわゆるテクノロジー・インベキュータと呼ばれる組織です。

「採用されなかった企画書は、単なる紙くずだ」という言葉を、上司のアメリカ人から、当然のようにと言われ、企画に対する考え方が変わった瞬間を思い返しています。そこから、企画というのは単に考えて終わりでなく、実現するまで、執拗にこだわり続きけるという姿勢を学んだのでしょう。

本書における「企画力」の定義は、まず、「人間と組織を動かす力」と定義されています。それは、バテル記念研究所での体験が色濃く出ており、具体的には、裏の企画書と呼んでいる社内戦略を練ることです。

社内での部門間の協調をはかる戦略です。Win-Winの関係を築いて、各部門のメリットを説き、そして、部門間の役割分担を考え、提案するのです。社内とはいえ、他部門のことは、詳細にはわかりません。ただ、その相手に配慮する姿勢が相手に伝わるのです。

もう一つの定義が、「物語のアート」です。

・これからの企業や市場や社会の何が変わるか。
・そのとき我々に、いかなる好機が現れるのか。
・では、その好機を前に、我々は何をなすべきか。
・その結果、我々は、いかなる成果を得るのか。

それらについて、最高の推理小説のように、次々とページを開きたくなるように作成するのです。

面白く感じたところが、企画書の隠れた重要な役割というものです。それは、問題を提起するということです。

「Can You Help You?」という態度では、ダメで、
「Why don't You Do This?」という態度で企みを提案するのです。

別な言葉で言うと、「何を行うか」よりも、「なぜ行うか」という根本的なことから考えていく態度が、「なるほど」という深い共感を呼ぶのでしょう。田坂氏の著書には、いつも、熱いものを感じてしまいます。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 企画書を作るだけで、実行は別のものだと思っていませんか?
■■ 「なぜ行うのか」を深く考えて、「問題」を語っていますか?


企画力
~共感の物語」を伝える技術と心得 プロフェッショナル講座
著者:田坂広志、出版社:ダイヤモンド社、ISBN:4478732809

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
田坂 広志

おすすめ平均
プロの心意気!
プロフェッショナルに求められているモノ
単なる企画に終わらない深い内容!!

Amazonで詳しく見る4478732809

続きを読む "『企画力』 by 田坂広志"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『マッキンゼー流図解の技術』 by ジーン・ゼラズニー

『図解』というキーワードと『マッキンゼー』というブランドに惹かれて、本書を読みました。全体の印象としては、同じく、マッキンゼー系統の『考える技術、書く技術』と同様に、定番になる可能性を持っている本だと感じました。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ・ミント, グロービス・マネジメント・インスティテュート, 山崎 康司

一時期、『考える技術、書く技術』のスタイルでひらすら、ビジネスの文書を書いた時期がありました。ちょうど、技術部門から営業企画部門へ異動した時期でした。部門の役割からして、表現力、特に、文書による表現力が重視される部門でした。

『考える技術、書く技術』を常に手本して、書いていると、目に見えて表現力がつき、上司に文章力を認められるまでになりました。『考える技術、書く技術』、『マッキンゼー流図解の技術』、いずれも、特定の型に当てはめることで、一定水準のドキュメントが作成できるようになっています。

本書を読むだけではその威力がわかりません。実践すると、よく、理解できます。いろいろなプレゼン用の図を特定の型に当てはめるのは、意外に、かなりの思考力が必要となります。

本書のやり方は、まず、次の3ステップの手順に大きく分けられます。

ステップA データから何をメッセージにするかを決めます。
ステップB メッセージをよりよく表現するデータの比較方法決めます。
ステップC 比較方法からそれを効果的に表すチャートを決めます。

ステップBとステップCは、図がないと説明が難しいので、ここでは、詳細は略します。

ステップAは、もう少し、詳しく説明すると、その図で何を伝えたいのかを明確にするということです。たとえば、製品と月別の売上のデータがあるとします。その際に、何を表現するのかを明確にします。その月別の売上の推移なのか、それとも、その製品の構成比なのか、それとも、最大の売上を達成した月にどの製品がその売上を牽引したのかを示すのか。

そして、製品別売上の推移というデータのタイトルではなく、その売上の推移の特徴から、「当社の売上は倍増した」というメッセージをタイトルにします。すると、それを見ている人は、なにをいっているのか、よく、分かります。

ステップAの段階で、よく、陥る罠に、APK症候群というのがあげられています。APKは、知識の欲張り羅列(Anxious Parade of Knowledge)という意味です。これは、そのテーマに関連したことで、自分が知っていることをすべて表現しようとするようなことを指します。

多くの人のレポートをみる機会が多いのですが、これに陥っている人が多いです。本論とは関係ないことを延々述べている資料が多く、いったい何が言いたいのかよく分からなくなっています。本人は、誠意のつもりで、なるべく、客観的に多くのデータを示したいのかもしれませんが、読み手を混乱させます。

更に、メッセージを明確にしてないで、レポートを書く人が多いので、データは多量にあるが、いったい何を主張したいのかよく分からなくなってきます。

プレゼン資料は、メッセージを明確にして、それをサポートするデータを過不足なく、示すことにより、格段に、わかりやすくなります。考えてみると、このような態度は、図解だけでなく、文章を書くときにも、役立ちます。

■■ 今日のエッセンス
■■
■■ プレゼン時に、データではなく、相手にメッセージを伝えていますか?
■■ そのメッセージに関係するデータのみを提示していますか?


マッキンゼー流図解の技術
著者:ジーン・ゼラズニー、出版社:東洋経済新報社、ISBN:4492555226

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

マッキンゼー流図解の技術
ジーン・ゼレズニー, 数江 良一, 管野 誠二, 大崎 朋子

おすすめ平均
プレゼンチャートの作り方をこれから学びたい方にはオススメ
コンサルタントに騙されない!技術
目からウロコのテンプレート集&プレゼンの作り方技法書

Amazonで詳しく見る4492555226

続きを読む "『マッキンゼー流図解の技術』 by ジーン・ゼラズニー"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

『地上最強の商人』 by オグ・マンディーノ

半年ほど前に、この本を知りました。楽天日記上で、知り合いになった億万吉さんから教えてもらいました。億万吉さんは、この本をテーマに日記(blog)やメルマガ書いています。これだけの効果をもたらす本なのです。

日記『オグ・マンディーノ研究会』
メルマガ『ちょっと、気軽に自己変革』

しかしながら、本の形式がワークシート方式の毎日書き込みながら読み続けていく形式だったので、もったいない思いがあり、今まで、読めませんでした。といって、毎日、読み続けるということは、していません。

思い切って、通常の本のように読みきることにしました。

二部構成になっています。第一部は、ちょっとした物語になっています。舞台は、紀元一世紀ごろの中近東です。一代で大富豪になった主人公の成功の秘訣が、十巻の巻物に収められている設定のちょっと感動させる物語です。第二部が、この十巻の秘訣を自分のものにするワークが続きます。

気になる十巻のエッセンスを書き出します。

1.良い習慣を作り、自ら、その奴隷となる。
2.他人に愛を与える。
3.成功するまで、頑張る。
4.自分を宇宙最大の奇跡と認める。
5.今日が人生最後の日であると心得る。
6.自分の感情の主人になる。
7.「すべては過ぎ行くものだ」と冷静に考える。
8.自分の能力の100倍の目標を設定する。
9.今、ただちに、行動する。
10.自分の神に、「欲しいものを得る方法」を求める。

これらの一つに対して、約一ヶ月、正確には、五週間をかけて、習得して行きます。一ヶ月は、ちょうど、潜在意識に取り込まれるのに必要な時間の長さです。このワークを見て、英語の学習法に似ているということを感じました。

やり方は、簡単で、朝と昼に黙読し、夜、音読します。そして、簡単な評価を行います。仕事のない日は、休んでもよく、というか、休むことを推奨されています。とても、簡単です。

以前紹介した『なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?』と同様な印象です。やり方が簡単、しかも、英語学習で類似な方法があるという点でそう思いました。

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?
ジョン・キャパス , 石井 裕之

共感した点は、最初の「良い習慣を作る」という点です。いろいろなやり方があるかもしれませんが、結局、実際に実行しないと何も始まりません。そして、それを続けないと十分な成果を得られません。そういう意味では、良い習慣を持つ大切さをあらためて認識しました。

また、人間は、何度もやることで上達するという奇跡的な能力を持っていること著者は強調しています。今、腕立て伏せを10回しかできなくても、十週間も訓練すれば、100回できるという例えで説明しています。確かに、奇跡的なことですね。

全体の感想としては、潜在意識に自己啓発書のエッセンスを埋め込むようなワークが盛り込まれており、これを続けられたら、本当に、『地上最強の商人』になれそうです。

このプログラムを実行しようと決意しました。一緒にやりませんか?


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 良い習慣で、自動的に成功できる仕組みを作っていますか?
■■ 自分が持っている能力を信じて、日々、向上させていますか?


地上最強の商人
著者:オグ・マンディーノ、出版社:日本経営合理化協会出版局、ISBN:4930838908

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

地上最強の商人
オグ・マンディーノ , 無能 唱元

おすすめ平均
実践することに意味があるのかも
これはすごい!!高いけど。。。
たぶん生涯読書でBEST5には入ることになる

Amazonで詳しく見る4930838908

続きを読む "『地上最強の商人』 by オグ・マンディーノ"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

『カリスマ体育教師の常勝教育』 by 原田隆史

先週末、楽天日記で交流のあった有名企業のオンラインショップを運営する会社の社長にお会いしました。その方とは、楽天日記で、たまたま、同じ時間に日記を始めた縁で、交流させてもらっています。

その時に、この『カリスマ体育教師の常勝教育』を読むことを勧められました。なんでも、この本を読んで、人に役立つちょっとしたことを1000日間、行う修行(?)をされて、しかも、blogで公開しているとか。しかも、そんな社長が多数いるらしいです。

そういえば、こんなことを言っていました。

「社長はコストがかからず効果があると言われている事はなんでもやりますね。たとえ、それが素手でのトイレ掃除でも、やるんですよ」

そんな所が、普通の会社員との大きな違いかもしれませんね。

既に、購入はしていたので、早速、読んでみました。

その内容は、環境の悪い中学に配属されたことから始まります。その中学校の陸上部を受け持ち、単に、その陸上部の成績を向上させるだけでなく、学校、地域を巻き込んで、自立できる人間を育てることに取り組んでいる過程を描いています。

原田氏は、次の5つの段階を繰り返して、生徒を成長させています。

1. Plan
2. Check
3. Do
4. See
5. Share

通常のマネジメント・サイクルは、Plan、Do、Check、Actionの4段階か、Plan、Do、Seeの3段階のサイクルと違います。

特に、Check、Shareという考え方が異なります。Checkは自己の精神状態が前向きになっているかを確認して、そうでなければ、修正していく作業を指します。原田氏の言葉で言うと、「コップを上に」して、外からの働きかけを受け入れられる様にすることです。Shareは皆が協力できるように、得られたノウハウや喜びの感情を共有するようなことを指しています。

私が特に、共感したのは、目標設定(Plan)とやはり千日修行(Do)の箇所です。

目標設定は、以前に紹介した『加速成功』と重なる部分が多く、基本的に、その実現レベルを考慮し、3段階設定して、かつ、予測されるリスクを考慮してあらかじめ対策を考えていくものです。

そして、千日修行ですが、ちょっとしたこと(e.g.皿洗い)を一日も欠かさず、千日間続けるのです。そうすると、それが自信となり、目標を達成できるようになるのです。

これは、きっと、自分で決めたことを成し遂げるのが一番難しいことを踏まえた上での修行なのでしょうね。他人との約束は、守らないといろいろな不都合が生じますが、自分との約束は破ってもなんら困ることはありません。そういう点で、自分との約束は守りにくいものです。それを千日間続けることは大きな自信に繋がるということは容易に想像できます。

千日間修行をやってみませんか?


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 具体的な目標設定とそれに対するリスク管理はOKですか?
■■ 自分に対するコミットメントを守っていますか?


カリスマ体育教師の常勝教育
著者:原田隆史、出版社:日経BP社、ISBN:4822243613

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

カリスマ体育教師の常勝教育
原田 隆史

おすすめ平均
現代の吉田松蔭?
もう少し他の著作も読んでみないと・・・
首を長くして待ってます!

Amazonで詳しく見る4822243613

続きを読む "『カリスマ体育教師の常勝教育』 by 原田隆史"

| | コメント (1) | トラックバック (7)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »