« 『考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法』 by船川淳志 | トップページ | 『地上最強の商人』 by オグ・マンディーノ »

『カリスマ体育教師の常勝教育』 by 原田隆史

先週末、楽天日記で交流のあった有名企業のオンラインショップを運営する会社の社長にお会いしました。その方とは、楽天日記で、たまたま、同じ時間に日記を始めた縁で、交流させてもらっています。

その時に、この『カリスマ体育教師の常勝教育』を読むことを勧められました。なんでも、この本を読んで、人に役立つちょっとしたことを1000日間、行う修行(?)をされて、しかも、blogで公開しているとか。しかも、そんな社長が多数いるらしいです。

そういえば、こんなことを言っていました。

「社長はコストがかからず効果があると言われている事はなんでもやりますね。たとえ、それが素手でのトイレ掃除でも、やるんですよ」

そんな所が、普通の会社員との大きな違いかもしれませんね。

既に、購入はしていたので、早速、読んでみました。

その内容は、環境の悪い中学に配属されたことから始まります。その中学校の陸上部を受け持ち、単に、その陸上部の成績を向上させるだけでなく、学校、地域を巻き込んで、自立できる人間を育てることに取り組んでいる過程を描いています。

原田氏は、次の5つの段階を繰り返して、生徒を成長させています。

1. Plan
2. Check
3. Do
4. See
5. Share

通常のマネジメント・サイクルは、Plan、Do、Check、Actionの4段階か、Plan、Do、Seeの3段階のサイクルと違います。

特に、Check、Shareという考え方が異なります。Checkは自己の精神状態が前向きになっているかを確認して、そうでなければ、修正していく作業を指します。原田氏の言葉で言うと、「コップを上に」して、外からの働きかけを受け入れられる様にすることです。Shareは皆が協力できるように、得られたノウハウや喜びの感情を共有するようなことを指しています。

私が特に、共感したのは、目標設定(Plan)とやはり千日修行(Do)の箇所です。

目標設定は、以前に紹介した『加速成功』と重なる部分が多く、基本的に、その実現レベルを考慮し、3段階設定して、かつ、予測されるリスクを考慮してあらかじめ対策を考えていくものです。

そして、千日修行ですが、ちょっとしたこと(e.g.皿洗い)を一日も欠かさず、千日間続けるのです。そうすると、それが自信となり、目標を達成できるようになるのです。

これは、きっと、自分で決めたことを成し遂げるのが一番難しいことを踏まえた上での修行なのでしょうね。他人との約束は、守らないといろいろな不都合が生じますが、自分との約束は破ってもなんら困ることはありません。そういう点で、自分との約束は守りにくいものです。それを千日間続けることは大きな自信に繋がるということは容易に想像できます。

千日間修行をやってみませんか?


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ 具体的な目標設定とそれに対するリスク管理はOKですか?
■■ 自分に対するコミットメントを守っていますか?


カリスマ体育教師の常勝教育
著者:原田隆史、出版社:日経BP社、ISBN:4822243613

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する

カリスマ体育教師の常勝教育
原田 隆史

おすすめ平均
現代の吉田松蔭?
もう少し他の著作も読んでみないと・・・
首を長くして待ってます!

Amazonで詳しく見る4822243613

この本を買った人はこんな本も買っています

本気の教育でなければ子どもは変わらない
おすすめ平均 
気づかせて動かす―熱情と理のマネジメント
おすすめ平均 
日本一勝ち続けた男の勝利哲学
おすすめ平均 
仕事ができる人の心得
おすすめ平均 
儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
おすすめ平均 



月20万稼ぐアフィリエイターに会う

最近、あるセミナーでお会いしたアフィリエイターの方と飲みにいきました。私のblogに対して、いろいろと貴重な意見をもらいしました。

その方は、人に教えるのが好きな方で、おもしろ、おかしく、アフィリエイトの本質について、教えてくださいました。

楽しかったです。

いろいろと話をしてみると、二人とも、神王リョウさんの『Webノウハウ』という情報商材を持っていることに気がつきました。その方は、『Webノウハウ』を絶賛いていました。私も、いい本だと思います。

最近、アフィリエイトの本を6冊程度(日本で出版されている本のほぼ全て)を読んでいますが、『Webノウハウ』のレベルには、まだまだ、達していません。

以前から、『Webノウハウ』をお勧めしようと思っており、実際に、私のサイトで効果が出てから、お勧めしようかと思っていました。しかし、ネットの進展を考えると、そのタイミングでは遅いかもしれませんね。

もし、アフィリエイトを本格的にやりたいと思う方は、是非、購入してください。私から、購入すると、正規パートナーサイトの契約を結んでいるので、一割安く、購入できます。

購入の際に、ギフトナンバー『w3503』を入力するだけで、OKです。

神王リョウさんの『Webノウハウ』のサイト

月20万稼ぐアフィリエイター、カフェモカさんの楽天日記は、こちら。


Click Here!


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法』 by船川淳志 | トップページ | 『地上最強の商人』 by オグ・マンディーノ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自己啓発本:書評」カテゴリの記事

コメント

メセニです。

トラックバックありがとうございます。

Tulipaさんのブログ、
しっかりとした記事に、デザインもきれいで、読みやすいですね。

Mybloglistでリンクさせていただきました。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: メセニ | 2004.09.04 19:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『カリスマ体育教師の常勝教育』 by 原田隆史:

» カリスマ体育教師の常勝教育 [OREGONOMI!!]
カリスマ体育教師の常勝教育 原田 隆史 僕には自慢がある。 小学生の頃からずっと日記を書き続けていることだ。 大きく分けて5種類(普通の日記、筋... [続きを読む]

受信: 2004.09.04 13:41

» 堀江社長の最初の一歩? [非常識な方向音痴の克服法&右脳力開発法]
堀江社長の最初の一歩は何だろう?この質問の問いが知りたくて「堀江貴文 はじめの一歩」で検索してみた。著書では、堀江社長の最初の一歩はA4の事業計画だったそうだ。... [続きを読む]

受信: 2005.02.24 20:30

» セミナーに行ってきました。 [ぎりぎり29歳のぎりぎり奮闘記]
かなり暑かったですね! 今日はランチ営業終了後、セミナーへ参加してきました。 講師は、人材育成などでカリスマ体育教師と話題の、原田隆史さん。 以前から書籍なども有名で興味があったので、 機会を与えていただき、とても楽しみにしていました。 会場は大手町から二分。時間どおり出るはずなのに、 店を出るときに飛び込みの営業に足止めされ、 対応しながらもダッシュででたら、携帯を店に置いてきてしまい(うぅ、、、) なぜか日比谷線に乗ってしまい(もう訳わかりませ〜ん) 15分ほど..... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 23:25

» 体育教育に数値目標? [ASIA SEASON]
なんか、新聞を読んでたら性教育の見直しのついで程度に書かれてた内容なんですが・・・■読売ニュース体育の分野では、高校卒業時点で最低限、身につけるべき身体能力について、例えば「50mを○秒で走る」「ハンドボールを○メートル投げる」などの数値目標の設定が可能かどうか、... [続きを読む]

受信: 2005.07.28 12:41

» Success streetsには気合いだー! Fire ! [Success streets]
成功した人は 一流になろうとしている人は 気合いがはいっている。 これしかない! っていう執念がある! 今朝から自分も気合いがはいってきた! ありがとうございます。 今日一日を今から振り返ってみます。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 09:25

» カリスマ体育教師の常勝教育 [ある起業家の日々〜株と起業と心と]
心>技・体 心が大事だという著者。メンタルトレーニングや試合前のリラクゼーションが結果に大きな影響を及ぼすことは、広く知られるところであるが、荒廃した中学校の建て直しにスポーツを利用し、子供たちに自律した素直な心を育むだけでなく陸上競技で日本一の記....... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 22:37

» カリスマ体育教師の常勝教育 [男を磨く本を読みあさるっ!]
原田 隆史 カリスマ体育教師の常勝教育 【オススメ度】★★★★★☆☆☆ よく読んでいるブログで、「読む価値あり!」の一覧に入っていた。 実際に読んでみると、まさに「読む価値あり!」でした。 大阪の中学校で、陸上部を日本一にのし上げた、... [続きを読む]

受信: 2006.03.28 06:50

« 『考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法』 by船川淳志 | トップページ | 『地上最強の商人』 by オグ・マンディーノ »