« 『企画力』 by 田坂広志 | トップページ | 『キャズム』 by ジェリフー・ムーア »

『2004年8月ベスト』

8月に紹介した本の私が考えるベストの本を選出します。

基準としては、仕事やビジネスにおいて、「具体的で実行できる」、「実際に役立つ」という2点で判断しています。

番外というを1冊、取り上げています。これは、「特定の人が対象で、すべての人にあてはまらない」、「仕事やビジネスには関係ない」、「行動には結びつかないけど、とても有益で、興味深い知識が示されている」本としています。


1位:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文
インターネットは数年後にテレビを抜くメディアとして考えて、ある意味、地道に手を打っている様子が伝わってきます。細かい事項が批判されていますが、時代を見る視点を見習っていきたいです。

書評:『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文

おすすめ平均
恐るべし。だがしかし。。。。
賛否両論ですが・・・
稼げそうな気になる

Amazonで詳しく見る4334974600

2位:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典
米国は、日本と比較して、10年以上、進んでいます。日本がまだ、工業国として、トップの地位に留まっているのに対して、米国は「知価社会」に突入しています。日本の未来を見る視点を養う手段を教えてくれます。

書評:『お金と英語の非常識な関係(上下)』 by神田昌典



お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

おすすめ平均
日本の行方
英語学習に対する危険な発想
なんということだ、これってヒントだらけじゃないの

Amazonで詳しく見る4894511711

お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
神田 昌典

おすすめ平均
うーん。
海外展開したい人は必読
成功のための行動力が具体的に記述されてます。

Amazonで詳しく見る489451172X

3位:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

レバレッジについての書籍です。レバレッジとは、てこのことです。少しの力で、より大きなものを動かすあの「てこの原理」と同様な効果を得る手法を整理して示しています。この本を読んでから、レバレッジを常に意識しています。

書評:『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』 by ロバート・T.キヨサキ/シャロン・L.レクター

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法
ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター, 白根 美保子

おすすめ平均
レバレッジの使い方
ラットレースから抜け出すために。
不動産を買ってみました!

Amazonで詳しく見る4480863478


4位:『加速成功』 by 道幸武久
私も、短期間で成果を上げたいという強いストレスを持っているので、多く
の指摘は、つぼにはまります。セミナーににも参加したためか強く印象に残っています。また、タイムマネジメントの方法について、バランスの取れた17の方法は、特に、手帳に書いて持ち歩いるほど気に入っています。

書評:『加速成功』 by 道幸武久



加速成功―願望を短期間で達成する魔術
道幸 武久

おすすめ平均
メモをとりながら・・・
バランス感覚に満ちた読み易い成功哲学の実践版
心が燃えました。今日から始めます!

Amazonで詳しく見る4763195956

5位:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅
本書は、「広告が信頼されてない」時代に、どのようにして信用されている
メッセージを発信するかについて、その手法を詳細に教えて、実践的な内容になっています。消費者に伝わってないと感じる方には、とても、参考になります。

書評:『儲けのDNAが教える“超”競争戦略』 by 鈴木博毅



儲けのDNAが教える“超”競争戦略―市場制覇の新法則
鈴木 博毅

おすすめ平均
まだまだ評価するには早いが・・・
この本は難しいと思う・・・
久しぶりにしびれました

Amazonで詳しく見る4569635725

番外:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト
マインドの法則を説明して、それをもとに、ブランディングの法則を説明します。まず、マインドの原則を丁寧に説明して、具体例を示し、最後に、原則以外の重要なポイントを教えてくれます。

書評:『ニューポジショニングの法則』 by ジャック・トラウト



ニューポジショニングの法則―勝つブランド負けるブランド
ジャック・トラウト , 新井 喜美夫

おすすめ平均
マーケティングとは心理戦である

Amazonで詳しく見る4884970632


Click Here!

↑この「ぽすれん」サービス、実は、愛用しております。何がいいのかわかりにくいと思います。補足しますね。

まず、品揃えが豊富、次に、リアルの店舗に比べて大幅に探索時間が短縮、最後に、ずっと借りていられるのです。

小説など読んでいると古典的な映画の名前が出てきて、見てみたいと思うときがありませんか?私は、よく、あります。そんなとき、近所のレンタルDVD屋さんに行っても、まず、置いていません。都心の大きなお店に行けばあるかもしませんが、そこに行く時間や店舗内で探す時間が、かなり、かかります。ようやく、借りても、つい、忙しくて、返す期限を過ぎていまい、追加料金を払うはめに陥ります。

それらを解決する夢のようなサービスです。ネットで目指す映画のタイトルを入力し検索して、クリックするだけで、DVDが届きます。好きなだけ、借りていられます。返すときは、ポストに投函するだけです。

ちょっと、料金が高めかもしれませんが、この快適さに慣れると、レンタルDVD屋さんを使う気になれません。時間がない人には、特に、お勧めです。

[livedoorぽすれん]のご登録は、こちらから


悲しい話

同僚の話を聞いていると、ときどき、悲しくなることがあります。自分の能力や家族の能力を信じてないのです。

いわく、

「友人ですごいやつがいて、将来、重役かな。そしたら、車の運転手に雇ってもらおうかな」とか

「家内がタバコの自動販売機にある見本を作る内職をしているんだよ。まあ、たいした金額でないけど、月に数千円は入れば・・」

真剣に考えて、長期的な目標を設定して、少し工夫すれば、そんなに、稼ぐのは難しくないですよね。せめてテレビを見る時間の1/4でも、「真剣に、お金を稼ぐこと」を考えることをすればいいのにといつも思います。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『企画力』 by 田坂広志 | トップページ | 『キャズム』 by ジェリフー・ムーア »

ロバート・キヨサキ」カテゴリの記事

堀江貴文」カテゴリの記事

神田昌典」カテゴリの記事

ベスト:書評」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!ゴローです。
僕も書評のブログを運営していますが、8月のベスト本は、僕もほとんどかぶっています!(笑)堀江氏は、今、話題なのと、友人の知人なので、つい発売されると買ってしまいます・・・神田氏の本は、奥が深いですよね!色々と紐解いていくと、神田氏のネットワークで世の中にビジネスを仕掛けているのが、非常によく分かります。

投稿: ゴロー | 2004.09.23 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33517/1458018

この記事へのトラックバック一覧です: 『2004年8月ベスト』:

» 仕事上、重要なファイルをiPodにバックアップしていますか? [iPodとインターネットラジオで「らくらく英語リスニング」]
忙しい時間をやりくりしながらスキルアップに励む皆さんのための「iPodでらくらく英語リスニング」を実践するiPod英語学習研究会のシンヤです。 (もう31,00... [続きを読む]

受信: 2004.09.24 01:18

» ビジネスモデル研究会/第一回は丸の内オアゾにて、iPodで議事録... [iPodとインターネットラジオで「らくらく英語リスニング」]
忙しい時間をやりくりしながらスキルアップに励む皆さんのための「iPodでらくらく英語リスニング」を実践するiPod英語学習研究会のシンヤです。 (もうすぐ33,... [続きを読む]

受信: 2004.09.27 07:25

» マッシブ・アタック~後悔しないための音楽~ [犬に咥えさせろ]
 「犬に咥えさせろ!」が送る音楽と交流記。今日はマッシブ・アタック。「後悔しないための読書」。 [続きを読む]

受信: 2004.10.21 06:22

» 自分で責任を取ることの見返り【書評】 [中堅サラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
 金持ち本の走りと言えば、「金持ち父さん貧乏父さん」。 このシリーズの中の「若くして引退する方法」は、よくある啓蒙書 のように最初に、今の資産運用に疑問... [続きを読む]

受信: 2004.10.23 22:04

« 『企画力』 by 田坂広志 | トップページ | 『キャズム』 by ジェリフー・ムーア »