« 『2004年7月ベスト』 by Tulipa | トップページ | オフ会大盛況 »

『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文

最近、何かと話題になっているlivedoorの社長、堀江氏の著書『稼ぐが勝ち』を読みました。タイトルの『稼ぐが勝ち』も、前作の著書のタイトル『100億円稼ぐ仕事術』と同じぐらいのインパクトがあり、それに、惹きつけられたこともあります。

本書を流れる全体の基調は、インターネットがメディアとしての将来性を評価していることと、旧世代に対する対抗意識という点でしょう。インターネットのメディアとしてのポテンシャルを利用して、一気に旧世代が握っている不合理な仕組みを覆すことで、多くの人にメリットを与え、自社も成長していこうという方針のようです。

私が共感した点は、インターネットは数年後にテレビを抜くメディアとして考えていること、何事もシンプルに考えるという点です。

まず、インターネットがテレビを抜くメディアになるということは、既に、メディアの占有率が15%を超え、高い伸び率で推移しているということと、テレビにはないインタラクティブな仕掛けが容易につけられるという点で、優位であると主張しています。インタラクティブとは、直接、販売に結びつく営業が可能であることを強調しています。

更に、人とのコミュニケーションという究極のコンテンツを提供していること、人々の価値観が多様になっている中で、ニッチな層へのきめ細かな対応ができることをその強みとしてあげています。そして、一方のテレビの影響力は、ながらテレビの例などを出し、年々低下していることを説明しています。

livedoorの仕事は、要するに、既存のメディアに載っているコンテンツを如何に、インターネット向けのコンテンツに変換していくかという事をテーマにして、取り組んでいます。そして、コンテンツの質による競争の時代に備えて、オリジナルのコンテンツを保持する重要性を認識しています。

シンプルに考えるという点も、気持ちいいぐらいに徹底しています。「シンプルに、こだわらず、考えない」という姿勢をモットーにしています。「会社は人を使うための道具」という文章に、端的にみられるように、はっきりとした形で人に事実を突きつける点がシンプルさの利点です。シンプルに、お金を評価単位として使用することにより、誰でも理解できる内容になり、コミュニケーションが成り立ちます。このコミュニケーションが成り立つことがビジネスとして、重要です。

ビジネスチャンスが無限大のインターネットとそのシンプルな考え方を武器に、基本に忠実にビジネスを展開していることだけで、驚くほどの成功を手に入れらる気がしてきました。本書の中にも、年商20億、30億の会社で、何億かのキャッシュを作ることはそんなに難しくないと断言しています。


■■ 今日のエッセンス
■■
■■ インターネットがメディアの首位になることを考慮していますか?
■■ 何事もシンプルに考えて、事実を素直に受け止めていますか?


稼ぐが勝ち
著者:堀江貴文、出版社:光文社、ISBN:4334974600



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

大前研一氏のノウハウを『無料』でゲット

経営コンサルコンサルタントの頂点に立つ大前研一氏のノウハウの一部が、『無料』で、入手できます。この無料CD-ROMを入手した知り合い、いわく、この無料CD-ROMは、少なくとも、本一冊分の情報は入っているとのこと。私も、早速、申し込まねば。(Tulipa)

Click Here!


堀江さん本のもう一つの書評

2003年の年末に、出版された『100億円稼ぐ仕事術』の書評も、このblogにあります。こちらの【『100億稼ぐ仕事術』 by 堀江貴文】です。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『2004年7月ベスト』 by Tulipa | トップページ | オフ会大盛況 »

起業:書評」カテゴリの記事

堀江貴文」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。遅れましてごめんなさい。
確かに、堀江氏の着目点と、その着目点をビジネスとしてペイできるものにするための行動力というかバイタリティは本当にすごいなと思いました。先見の明に感服しつつ、自分もがんばって仕事しなくちゃと思いました。

投稿: SARAH | 2004.08.26 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『稼ぐが勝ち』 by 堀江貴文:

» 広島のオーナーの反応 [がんばれライブドア! 抵抗勢力をぶっつぶせ!]
広島球団にあいさつ状が届いたことを 松田元オーナーが明らかにして、 ライブドアに好感を持ち、前向きな姿勢を示しています。 http://sports.... [続きを読む]

受信: 2004.08.23 12:09

» 8月23日 [BLOGニュース - 天まで届け・・・]
今日のBLOGには book review と 隠居生活供給公社 を選びました。 書評ページは、あまり本を読まない私に貴重な情報を与えてくれます・・・... [続きを読む]

受信: 2004.08.23 13:09

» すごいですね。稼ぐが勝ち [現役ナース ルーの4753(ライブドア)株式投資blog(ブログ)]
いいサイトですね。トラックバックありがとうございます。私も稼ぐが勝ちついつい買ってしまいました。ライブドアからライブドアデパートの買い物かごのシステムは使ってみ... [続きを読む]

受信: 2004.08.26 01:47

» にっぽんの古株メディアのホンネ [中堅サラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
最近では、ライブドアと楽天の記事が新聞に載らない日はない。 腐っても鯛、プロ野球は今でも耳目を集める力がある。 だから、球団新規参入は売名行為にぴったり... [続きを読む]

受信: 2004.10.02 17:15

» 稼ぐが勝ち [賢者は先人に学ぶ!]
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 今日はお世話になってる「livedoor Blog」に感謝し、 「稼ぐが勝ち」を読んでみた。 代表取締役は... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 21:33

» 書評:「稼ぐが勝ち」 [エンジニアのマーケティング:「技術」を売る256のコツ〜実践!テ...]
数日前に買った、ライブドア・堀江社長の「稼ぐが勝ち」を読んだ。やはり、大学もそこそこ会社を興して社長になり、30そこらで株式公開し、100億稼いだと豪語するだけ... [続きを読む]

受信: 2005.01.24 23:01

» 堀江貴文がテレビに出続ける理由 - 教祖と信者の構図 [世に倦む日日]
堀江貴文の本当の狙いは何なのだろうか。それは彼があのように頻繁にテレビに出演している理由について考えると透けて見えてくるように思われる。堀江貴文が株の買収でフジ... [続きを読む]

受信: 2005.04.06 15:29

» 稼ぐが勝ち ゼロから100億、僕のやり方 [淡々と映画や本を語るブログ]
100億稼ぐ仕事術は、割と手堅いビジネス書であったが、本書は、ホリエモン節炸裂の思想書。おそらく、強烈な信者と反感を呼ぶであろう・・・。というホリエモンは、「僕は無駄に敵を作らないタイプ」だそうで・・・。 ホリエモンははっきりと、他人の力を利用した者が金持ち..... [続きを読む]

受信: 2005.05.19 20:35

» 『稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方』堀江 貴文 (著) [時事連動型書評]
『稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方』は良心的な本である [続きを読む]

受信: 2005.06.16 00:52

» 稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方/堀江 貴文 05219 [分譲マンション屋の読書日記]
堀江 貴文 稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 ★★☆☆☆ 娘と一緒に久しぶりに図書館へ行った。 娘を絵本コーナーや図鑑コーナーで遊ばせている中で 自分も物色した。 なんと、公共の図書館で「ホリエ本」を発見。 なんとなく、図書館にはもっとも似... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 20:19

« 『2004年7月ベスト』 by Tulipa | トップページ | オフ会大盛況 »