« 『新ネットワーク思考』 by アルバート・ラズロ・バラバシ | トップページ | 『インターネット・ブランディングの11の法則』 by アルーライズ・ローラ、アルーライズ・ライズ »

『はじめの一歩を踏み出そう』 by マイケル・E・ガーバー

普通の起業家への実戦的アドバイス

経営学に出てきそうなイノベーションを起こす華々しい起業家ではなく、どこにでもいそうな「ふと、商売を始めてしまった」という職人肌的な人達へ送る「事業家への道案内」という内容です。

自分がいなくても、自動的に運営される組織を生み出す手順をマクドナルドが生み出したフランチャイズ方式を例に説明している。

基本的なサイクルは、「イノベーション」→「数値化」→「マニュアル化」である。「イノベーション」は、「お客様へ声のかけ方を工夫する」等の具体的な手法、「数値化」はその「イノベーション」の効果を計ること、「マニュアル化」はそれを誰でもできるように文書化することである。マニュアル化は、一見、人間的でなように感じてアレルギーを起こしそうであるが、料理でのレシピにあたるもので、確実に業務をこなす上で必要である。

そして、次の7つのステップを実施する。
1.事業の究極の目標を設定する。
2.戦略的目標を設定する。
3.組織戦略を考える。
4.マネジメント戦略を考える。
5.人材戦略を考える。
6.マーケティング戦略を考える。
7.システム戦略を考える。

私がおもしろいなと思ったのが、人材戦略である。章タイトルに「事業とはゲームである」というのがそれを語っている。組織の中にいて、何がやる気を失わせるかというと「自分がやっていることが利益等にどう影響するのかわからない」というものがある。自分がやっていることが確実に最終結果にどう影響するのか分かり、個々の業務上の工夫がその結果に結びつけばやる気が起こるのは目に見えている。(このホームページのカウンタのようにね)

ゲームは雇用から始まるが、その進め方が面白い。
1.会社説明会では、きっちりとした台本を用意して、オーナーの理念を伝えるプレゼンを行う。その他に、経営理念を実践することで成功を収めたという会社の沿革や、従業員に求められる資質についての説明も行う。
2.応募者と面接を行う。経歴と業務経験だけでなく、オーナーの経営理念について議論を行う。また、自分が適任だと思う理由も聞いてみる。
3.採用者には、電話で連絡する。電話で話す内容にも、台本が必要である。
4.新人を迎え入れる初日のオーナーと新人の仕事は次の通りである。
・オーナーの経営理念をもう一度確認する。
・経営理念を説明するためのシステムを紹介する。
・新人からの質問にしっかり答える。
・業務マニュアルを支給する。
・業務マニュアル、戦略目標、組織図、役職契約書の内容を確認する。

多くのサラリーマンに、直接的に関係ない、経営戦略本が売れるのは、きっと、自分がやっていることが最終的にどう関連しているのか知りたい気持ちが強いのではないだろうか。ゲームと割り切り、仕事を進める考え方は、テレビゲーム親しんでいる世代にとって、モチベーションをあげ成果を生むうまい考え方である。

最後に、次の中国のことわざを引用している。
「聞いたことは忘れてしまうが、見たものは記憶に残る。しかし、自ら実践しないかぎりは、何も理解することはできない。」

はじめの一歩を踏み出そう
著者:マイケル・E・ガーバー、出版社:世界文化社

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『新ネットワーク思考』 by アルバート・ラズロ・バラバシ | トップページ | 『インターネット・ブランディングの11の法則』 by アルーライズ・ローラ、アルーライズ・ライズ »

起業:書評」カテゴリの記事

コメント

税理士の吉澤と申します。

私も、「はじめての独立・起業なるほど成功ガイド」という本を書かせていただいたので、この本に強く興味を持ちました。

是非一度読んで見ようと思うのですが、Amazon.co.jpだと4-6週間待ちになってますね。

ひょっとしてこのブログの影響でしょうかね(^^)

非常に参考になる本が多く紹介されていますので、勝手ながら、私のブログにもリンク設定させていただくことにします。


投稿: Yoshizawa Accounting Office | 2006.01.17 22:20

初めまして、管理人さん
#629のシーナと申します
トラックバックありがとうございました

読んだ本の中で私は抜粋していくタイプなので
こちらで話の大筋を補完して頂いている感じで
とっても助かります

どうもありがとうございます
これからもこちらのサイトを参考にさせて頂きたいと思います

投稿: シーナ | 2004.08.22 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『はじめの一歩を踏み出そう』 by マイケル・E・ガーバー:

» 『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 [ニュース - OutLogic Inc.]
http://images-jp.amazon.com/images/P/4418036016.09.MZZZZZZZ.jpg [url=http:/... [続きを読む]

受信: 2004.08.16 00:07

» 企業を立ち上げる時に読む本 [♯629]
はじめの一歩を踏み出そう―... 今日読む本はこちら こちらも同じく「金持ち父 [続きを読む]

受信: 2004.08.22 09:15

» 営業も、職人も、起業に成功しないホントの理由 [中堅サラリーマンがゆっくり豊かになれる、成功に効く読書。知識を取り込み、実践して知恵にしていきます。]
私の周りには、起業で成功しつつある人、成功した人が、4人いる。 失敗した人も1人いる。 成功した人の特徴は、ビジネスの仕組み化にとても注意して起業を... [続きを読む]

受信: 2004.10.02 17:25

» マイケル・E. ガーバー (著), Michael E. Gerber (原著), 原田 喜浩 (翻訳) 『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 (世界文化社) [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術 マイケル・E. ガーバー (著), Michael E. Gerber (原著), 原田 喜浩 (翻訳) 『はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術』 (世界文化社) おすすめ度:★★★★★  本書は、スモールビジネスを経営し....... [続きを読む]

受信: 2005.12.23 20:48

» 「はじめの一歩を踏み出そう」〜起業の目的〜 [本のソムリエ提供!【今日の名言】]
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術posted with amazlet on 05.12.29マイケル・E. ガーバー Michael E. Gerber 原田 喜浩 世界文化社 (2003/05)売り上げランキング: 1,511おすすめ度の平均: 起業を考えているサラリーマン、技術者必見の本 涙が出ました・・....... [続きを読む]

受信: 2005.12.29 23:53

» Amazon.co.jpベストセラー第1位! [起業家のためのへそまがりワンポイントアドバイス]
10/20に日本実業出版社から発売されました、「はじめての独立・起業なるほど成功ガイド」がおかげさまでAmazon.co.jpのベストセラーランキングでビジネス・経済・キャリア部門で第1位、和書 [続きを読む]

受信: 2006.01.17 22:10

» Amazon.co.jpベストセラー第1位! [起業家のためのへそまがりワンポイントアドバイス]
10/20に日本実業出版社から発売されました、「はじめての独立・起業なるほど成功ガイド」がおかげさまでAmazon.co.jpのベストセラーランキングでビジネス・経済・キャリア部門で第1位、和書 [続きを読む]

受信: 2006.01.17 22:10

» マイケル・E・ガーバー はじめの一歩を踏み出そう [農家の本棚]
なぜ多くの人が起業に失敗するのか?経営者の努力の方法が間違っているから。 [続きを読む]

受信: 2006.01.26 07:30

« 『新ネットワーク思考』 by アルバート・ラズロ・バラバシ | トップページ | 『インターネット・ブランディングの11の法則』 by アルーライズ・ローラ、アルーライズ・ライズ »