« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

『一日二時間で月一〇〇万円儲けるネット直販術』 by 砂原康治

自分の好きなものを企画して、メーカーを立ち上げ、その会社を売却するという内容です。ただ、会社と言っても、投資金額20万程度で、小さいのです。

面白いと思った点は、

・ネット・オークションをテスト・マーケティングの場にしたこと
・参入障壁を築くのに、特許や不正競争防止法を使用したこと
・発展の見込みのある会社を売却したこと
・日本の企業がリスクを取るという態度がないこと

です。


「どのカテゴリーに出品するか?」、「終了時間をいつにするか?」など、オークションでの販売方法を具体的に書いてあり、楽しめます。

一日二時間で月一〇〇万円儲けるネット直販術~自分の「脳力」を会社だけで枯らすな!
著者:砂原康治、出版社:梧桐書院、ISBN:4340039500

後悔度:★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


一日二時間で月一〇〇万円儲けるネット直販術―自分の「脳力」を会社だけで枯らすな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『実践的オンラインマネー獲得法』 by ロバート・G. アレン

【情報起業を考えている人は、是非、読んでみるべき本】

訳者のあとがき、「えげつない」という表現が使用されているほどの実践的内容の本です。300ページ以上のボリュームの本で、情報がぎっしりと詰まっています。

最初の章に、この本の内容のアイディア出しを行ったチームに、こう問いかけます。

「24時間で、24,000ドル、稼がないと、銃殺されるとする。あなたなら、どうしますか?」

そう問いかけられた結果、えげつないほど実践的な内容に仕上がっています。

私が、特に、興味深く感じたのが、3つ、あります。

1つ目が、顧客に、商品を提案するときに、6つのポイントで説得するというものです。これは、『影響力:説得の心理学』(ロバート・チャルディーニ著)で、提示されているものです。


影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

以下、示します。

1.相互作用:無料セミナー等のプレゼントをされると、人はお返しをしないでは、いられないことを利用します。
2.約束と継続性:小さなことに対して、YESを言ってもらい続けると、最終的に、大きな提案に対して、YESと言ってもらいやすい。
3.社会的証明:わかりやすく言うと、人気のあるものに対して、人は惹かれやすい。
4.好み
5.権威:学者やマスコミが取りあげると、YESと言ってもらいやすい。
6.希少価値:数や購入期間を限定すると、弱い。

2つ目が、アフィリエイトの使い方です。通常、アフィリエイトは、自分のウェブサイトやメルマガに掲載して、手数料を得ます。本書で示しているのはひとひねりした方法です。

まず、アフィリエイトを他人のサイトやメルマガに掲載して、手数料から広告料ひいた差分の利益を得ます。次に、アフィリエイト先に行く前に、顧客のアドレスと名前を得ます。この得たアドレスに対して、何度か、売り込みをかけるのです。これは、一度、購入した顧客は再度、関連した商品を購入する確率が高いからです。

3つ目が、ジョイントベンチャという方法です。自分がもっているメールアドレスのリストに対して、有利な条件で、商品の購入を勧めるものです。例として、クリーニング屋が持っているメールアドレスのリストに対して、クリスマスのプレゼントとして、ある宝石店の商品が20%安くなる特別なチケットを発行するのです。すると、顧客、自分、提携先の三者が得をするということになります。

すると、宝石店は広告費を安く済ませることができます。クリーニング屋も、手数料を受け取ることになります。顧客も、安価な値段で宝石を購入できます。

実例も豊富で、アメリカ産の本らしく、分かりやすく整理されています。じっくりと読むといろいろな応用例を思いつきます。情報起業を考えている人は、必読の本です。

実践的オンラインマネー獲得法~あなたのサイトにジャンジャンお金が流れ込む!!
著者:ロバート・G. アレン、出版社:東急エージェンシー出版部、ISBN:4884970942

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


実践的オンラインマネー獲得法―あなたのサイトにジャンジャンお金が流れ込む!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『書きながら考えるとうまくいく!』 by マーク・ビーリー

【今までにない考えつかなかった、書き続けることによるアイディア導出法】

最近、多量に、書いて、かつ、考えることが多い私に、ぴったりと思い、読んでみました。トム・ピーターズ氏による気合いの入った序文も、あり、期待も高まります。

本書は、ギアを高速にいれた状態である『天才の瞬間』を得るための手段として、プライペートライティングを提唱しています。読んでみて、役立ちそうなので紹介します。

頭を使う仕事の前に、このプライベート・ライティングを行うと高速ギア・モードに入ります。それと、自分の知らない自分の本音が分かり、悩みの解決や新しい発想を得る事ができます。いろいろと応用ができそうです。

プライベート・ライティングとは、以下の6つの事を守って、行う脳の活性法です。

1.肩の力を抜く。(一生懸命、考えるより、この方が成果を上げられます)
2.速く書き続ける。一分間に、80文字程度の高速に、紙に書く、または、PCのキーボードをたたきます。
3.限られた時間、10分から15分程度、行います。
4.考える言葉で、書きます。本書でいうところ台所言葉(家で使う、自分自身のスラング的な言葉使い)で、自分が分かっていることは書かない、話題をころころ変えてもよい。
5.思考に導かれるままに、書く。
6.フォーカス・チェンジで新しい方向を持ち込む。「ここで、何を考えていたけ?」とか、「他にどんな言い方があるのだろうか?」などと質問してみる。

このようこなことをすることにより、確実に、思考能力が高まります。

応用例の中で、役立ちそうなテクニックを紹介します。問題を解く方法です。

1.30分間で、問題になっていることのすべてと、最悪のシナリオを上記のプライベート・ライティングで書き出します。
2.翌日、自由な発想で、とにかく、15分間、プライベート・ライティングを行います。
3.3日間、プライベート・ライティングをしないで、熟成させるように、そのままにしておきます。すると、突如、頭上の電話が鳴り出します。解決案が閃きます。

もう一つ、紹介します。これは、新しいアイディアを引き出すために、紙の上(PC)で、会話をするというものです。アドバイスを得たい人に具体的にうかべます。紙の上で、会話をプライベート・ライティングで行います。例えば、エジソンに、仕事上の問題を相談すると設定して、行います。

このプライベート・ライティングは、いろいろなことに、使用できそうです。例えば、日々の反省で、自分の気がつかない思いを見つけるとか、新しいネットビジネスのビジネスモデルを考え出すことが思い浮かびます。しかも、楽しく、活用できそうです。

書きながら考えるとうまくいく!~プライベート・ライティングの奇跡
著者:マーク・リービー、出版社:PHP研究所、ISBN:456963074X

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


書きながら考えるとうまくいく!―プライベート・ライティングの奇跡

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『全部1円!? 激安お買い物生活』 by 内藤みか

【1円で、落札する最強のオークション方法以上のことがぎっしり】

ふと、読み出したら、止まらなくなりました。

オークションで、1円で落札するような方法が、書いているかと思っていましたが、違いますね。

激安生活をネタに、内藤さんの生活を語るのが面白い。普通、なんとなく、安価で、モノを購入するということに対して、ネガティブなイメージがあるのです。それが、これも、一円、あれも、一円。着ている服一式が、3,000円と嬉々として語る文章が踊っています。

そして、ゲットするたびに、「ラッキー」、「ラッキー」と、心の中で、叫ぶ、内藤さんは、仕事がとぎれることもなく、売れる直前、という感じてす。読んでいて、楽しいです。


全部1円!? 激安お買い物生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!』 by 九鬼政人

Amaznoのレビューを読むと、

「バタ・貧」がいつまでも続く原因は「【時間】に価値を見出さずに、目先の小さな【お金】ばかりに目を奪われて、【時間】を浪費するから」である。
そこで、著者は、この「バタ・貧」状態を脱するために、「【お金】は【時間】を増やすために使い、【時間】は【お金】が増えるために使う」という考え方を示している。

なんて、書いてあります。おもしろそう。でも、予約は、5/24まで待ってね。
詳細は→ http://www.senryakukeiei.com/batabin.html

社長だけでなく、普通の会社員にも、適応できないかな。


◆『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!』
~[バタ・貧]社長が忙しいのに儲からない、本当の理由~

総合法令出版刊 九鬼 政人著 定価1,575円(税込み) 
ISBN:4-89346-848-0
今すぐカチッ→  http://www.senryakukeiei.com/batabin.html

▼この1冊であなたも[バタ・貧]を脱出できる・・・かも?!

あのカリスママーケッター神田昌典氏のアソシエイト・コンサルタントで、
ランチェスター経営(株)竹田陽一氏の弟子でもある九鬼政人が、
バタバタ忙しいのに儲からない社長=[バタ・貧]社長に、
[バタ・貧]脱出のためのヒントを、愛をこめてちょこっと辛口に届けます!

▼この本を読んでわかることのほんの一部を紹介すると

・[バタ・貧]は生活習慣病だ!
・[バタ・貧]社長が[バタ・貧]を続ける本当の理由
・[時間]と[お金]の価値観の違いが[バタ・貧]を生む
・[バタ・貧]脱出戦略思考法
・社長の本当の仕事とは?



愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

『「絶対に達成する」習慣』 by 武沢信行

【望む結果を得るための七つのステップを具体的に説明】

一度、メルマガ『がんばれ社長』の武沢信行氏の本を読んでみたいなと思い、タイトルに惹かれて、購入してみました。

人を自分株式会社として、とらえることをすすめ、その人に「がんばれ社長」とエールを送っている本でした。

コンサルタントらくし、七つのステップに整理しています。この七つのステップで、目標を達成する習慣を得られます。

1.理念を掲げる
2.自分の偉大さを知る
3.志に基づいた目標を立てる
4.習慣を変える
5.素早く実行する
6.情熱を掻き立てる
7.反省する

この七つです。

自分的に特にヒットした「1.理念を掲げる」と「7.反省する」を紹介します。

理念を掲げるとは、難しいことではなく、自分の価値観を確認すると言うことです。どうするかというと、自分の願いをさらけだします。100個、日頃、自分が思っている願いを書き出します。

気を付けることは、いいかっこした願いでなく、本音を書きます。そして、矛盾することでも、すべて、書き出します。例えば、「妻を大切にする」と書いている一方で、「全国に彼女を作る」なんてのも、書き出します。些細なことでも、すべて、書き出します。

更に、注意することは、重要度と緊急度を考えること、一箇所に、まとめて、書き出すことです。

書き出したことが、「仕事についてのことが多い」などの偏りが有るときは、いくつかのカテゴリーを考えて、バランスをとります。

100個、集まったら、重要度と緊急度を二軸としたグラフ上に、マッピングします。すると、頭の中で、考えていたことが明確になります。それを言葉にして、理念にします。

「7.反省」ということも、具体的に書かれています。武沢氏は、毎朝、1時間、スターバックスで、この作業を行っているようです。一週間、一ヶ月単位でもよく、定期的に行うことが大切です。

指で考えます。

紙の上で、「今うまくいっていること」、「今うまくいってないこと」を書き出します。

そして、それぞれ、コンサルタントの目で、「伸ばすには?」、「どのようにするか?」を考えます。

注意点としては、「なぜ、問題になっているか?」という問いかけをしないことです。それを行うと、問題点が、解決できないものとして、捉えられます。

価値観の見つけだす方法と、反省のしかたが、具体的にわかりました。満足な一冊でした。

「絶対に達成する」習慣~勝てる自分をつくる7つの方法
著者:武沢信行、出版社:サンマーク出版、ISBN:4763195603

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


「絶対に達成する」習慣 勝てる自分をつくる7つの方法

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法』 by古谷昇

【弱みを一気に解消する別次元の効率化を果たしたい人に】

気がつくと、ボストンコンサルティンググループに、関係する人の本を紹介してきました。今回で、4回目になります。

今回の本は、タイトルもそうですが、「はじめに」の章文書が印象的です。引用します。

『世の中には、ハタから見ると、さして苦労してないのに仕事がうまくいっている人と苦労してなんとか回している人、・・・中略・・・多くの本は、2番目のグループで生き残るための精神論や手法に終始したものが多い。』

そして、この本は一番目のグループの人のノウハウを紹介しています。

著者は、このノウハウを「コツ」という言葉で、表現しています。このコツは、感覚的なモノです。例を挙げています。跳び箱のできない小学生に、細かく、踏切の位置や力の入れ方を細かに、アドバイスしても、その小学生は実感できないので、できるようになりません。しかし、体を支える感覚を味わえば、一気に、跳び箱ができるようになります。

このコツは、弱みを一気に、あるレベルまで持ち上げるモノです。普通のテクニックと言われるモノが、70点を80点にするノウハウとすれば、コツは40点を70点にするノウハウです。

もう、一つ、例をあげます。

プレゼンをするコツは、3つあります。まず、「声をおおきく」、次に、「スライドを見ない」、最後に、「テンポを変える」です。それぞれに、ねらいがあります。

「声を大きく」というのは、話す内容を伝える際に、声の調子で表現を出すためです。声が小さいと、一本調子の説明に聞こえます。二番目の「スライドを見ない」のは、説明する対象者をみることで、相手の様子がわかり、その様子に対応してアクションをとることができるからです。最後の「テンポを変える」は、テンポを意識すると何が重要かそうでないかを考えるようになります。プレゼンの趣旨を伝えやすくします。

経営戦略のコンサルタントらしく、戦略立案のポイントのコツを説明しています。

特に、印象的に残ったのが、「戦略とは」という部分です。戦略とは、本質的に、2つの部分しかなく、1つ目は、「差別化」、2つ目はは、「リソース配分」です。

「差別化」は、競争しないためには、どのようにするのか、ということです。多くの経営者は、頭でわかっているけど、実際には、思い違いをしています。いくら、一生懸命、努力しても、競合がいれば儲からなくなります。

そして、戦略は、限られた「リソース」をどう配分するかということです。逆に言うと何を捨てるのかというのが、本質です。なにもかも、平均的にすることは、戦略ではありません。偏りがないといけません。

このように、全体でイメージをとらえて、本質的なことを一気にかたづけると、別次元の効率化となります。

もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法~知恵がどんどん湧く「戦略的思考力」を身につけよ
著者:古谷昇、出版社:PHP研究所、ISBN:4569633595

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


もっと早く、もっと楽しく、仕事の成果をあげる法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サラリーマンなんか今すぐやめなさい』 by 堀紘一

【サラリーマンではなく、ビジネスのプロとしてのビジネスパーソンになる】

刺激的なタイトルに、惹かれて、購入しました。サラリーマンをやめて、企業をすすめるという内容ではありません。ビジネスパーソンになるというものです。自己保身が身上のサラリーマンではなく、個々人で異なる才能を持つビジネスのプロとしてのビジネスパーソンになるのです。

本書で、一番、共感したのは、時間に関する考え方です。転職選びで、一番大切な要素とは、はっきりと、労働時間であると主張しています。長い時間拘束されていると、自己投資や豊かな交友関係を築くことができないくなるので、最悪だというのです。

とても、共感しました。

さらに、お金、時間、健康は、すべて、余裕が余裕を生みます。その最初の余裕を生み出す細かなレベルでの努力が大切です。

つい、顔を縦に振って、納得してしまいます。

そして、堀紘一氏が多くの社長に聞いて、実践している時間管理の方法は、次の4つになります。

1.無駄な時間が発生しないように、予定をつめたり、同じ場所での用件は一つにまとめます。
2.5,10分の時間を有効に活用するために、本とアイマスクを持ち歩きます。そう、読書か寝る時間にあてるのです。
3.ノートも、常に持ち歩き、あと思いついたアイディアを書き留めます。
4.必ず、一日、一時間以上のなにもしない時間を作り、リラックスして、考える時間をつくります。

そして、この時間管理で得られた時間を、自己投資に使用します。20、30代では、貯金せずに、自己投資にあてなさいと説いています。自己投資で勧めているのが、4つあります。

1.海外旅行。その国の人の生活に、触れられるような旅行をします。
2.異質な人との付き合い。自分と違う世代の人、違い業界の人とつき合うようにします。
3.単行本を読む。情報収集で、一番、良いソースが本です。ちなみに、一度、そこから得られる情報を消費したら、すぐに、本を捨てることをすすめています。
4.一流のものに接します。演劇、音楽、美術、映画など。どれも、それほど、お金を使いません。

著者自身のは、この自己投資を60代で回収することを考えていたようですが、すでに、回収しているようです。

本書を読むと、納得できることが多く、さすがは、ボストン・コンサルティング・グループの社長であっただけは、あるなと感じました。

最後に、苦笑した言葉を紹介します。

「真面目一辺倒な人なのに、仕事ができないという人は、何かが間違っている」

共感できることの多い本です。オススメです。

サラリーマンなんか今すぐやめなさい
著者:堀紘一、出版社:ビジネス社、ISBN:482841102X

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


サラリーマンなんか今すぐやめなさい

| | コメント (0) | トラックバック (3)

『戦略「脳」を鍛える』の参考書

『戦略「脳」を鍛える』の中で、紹介されていた基本的な経営戦略を理解する参考書を紹介します。

・戦略論のさまざまなコンセプトを俯瞰する本。


戦略市場経営―戦略をどう開発し評価し実行するか


BCG戦略コンセプト


企業参謀―戦略的思考とはなにか

・ポジショニング論とリソース・ケイバビリティ論に関する本。


競争の戦略


競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか

新・経営戦略の論理―見えざる資産のダイナミズム


知識創造企業


タイムベース競争戦略―競争優位の新たな源泉…時間


ネット資本主義の企業戦略―ついに始まったビジネス・デコンストラクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『戦略「脳」を鍛える』 by 御立尚資

【経営戦略を一通り、知っているけど、実際に戦略を構築できない人にオススメ】

中小企業診断士という経営コンサル系の資格のお勉強をしていた反動で、ここしばらくは、経営戦略系の本を読む気分ではなかった。しかし、この本は、そんな気分を払拭します。

単なる戦略の詳細を開設する本ではなく、考えか方、インサイシトと呼ぶものを伝えてくれます。インサイトとは、「勝てる戦略の構築に必要な"頭の使い方"、ならびにその結果として得られる"ユニークな視座"」と定義されています。これが戦略構築ののキーとなります。

本書の構成自体、教科書的であり、そのエッセンスは次の式で表せます。

ユニークな戦略=定石+インサイト
  =定石+(スピード+レンズ)
  =戦略のエッセンス+(パターン認識+グラフ発想)×シャドウボクシング
   +(拡散レンズ+フォーカスレンズ+ヒネリレンズ)

あまりに、美しい式に、多くの要素が入っていて、どこから、説明していいのか迷います。

「200ページ弱なので、基本的な戦略を知っている人は、買ってみましょう。以上」と説明を終えたくなります。

ほんのさわりだけ、紹介します。

まず、「戦略のエッセンス」とは、基本的な経営戦略の型です。5種類に分類されており、各3種類あるため、計15種類になります。

そして、スピードを構成するのが、「パターン認識」と「グラフ発想」、それらに、シャドウボクシングを掛け合わします。

シャドウボクシングとは、仮説・検証のことです。その能力を高めることにより、実行に移す前に、多くの示唆を得ることが出来ます。

そして、スピードを決定づけるのに、理解しやすいのが、パターン認識です。多くの経営戦略の型のどれを使用すればいいのかを、一目で見抜きます。右脳的考え方の一つで、イメージを使用して、思考することにより、能力を高めることができます。

グラフ発想というのは、データをいくつかの切り口で、切り取り、特異点を見つけるのに使用します。図解に近いのですが、機械的にあてはめることにより、複数の事柄を比較できるので、スピードが上がります。

これらの3つが、スピードを高めます。一部ですが、紹介しました。

本書は、理論だけでなく、具体的な例や演習問題で、実際に、考えることを実感できます。多くの経営戦略の本を読んできたけど、実際に、うまく、作成できないと嘆いている方には、オススメです。

戦略「脳」を鍛える~BCG流戦略発想の技術
著者:御立尚資、出版社:東洋経済新報社、ISBN:4492554955

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


戦略「脳」を鍛える

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『外資の3倍速仕事術』 by 奥井規晶

【共感できる元IBMのSEがトップ・コンサルタントを極めた方法】

GWも終わり、今年の計画をつめた今、気になるのは、「どうやって実行するのか」です。当面、仕事を続けながら、情報起業をやろうかと思っています。すると、今の仕事に時間をかけないで、どうやって、成果を出すかが課題になります。

考えた結論は、3つ。まず、時間を売る業務でなく、知識を売る業務にシフトすること、次に、最終目標を明確にして、それとのシナジーを狙うこと、最後に、とにかく、効率を上げることです。

その最後の「とにかく、効率を上げる」のに、強力に役立ちそうな本が、本書です。著者は、元IBMのSEで、外資系のコンサルタント会社に、転職した時の体験が元になっています。

以前、『IT Pro』という雑誌に、印象的な記事を書いていたのを目にしたことがありすます。その印象的な記事は、100ページのプレゼン資料で、実際に、評価を決めるのは、3ページ程度で、その3ページに力を入れなさいというものでした。本書でこのことを「百ミツの法則」という名称でよんでいます。

この「百ミツの法則」は、プレゼン資料だけでなく、仕事をする上での多くの事が、実は、3つのポイントに集約されていることを、実例を示して説明しています。

一つだけ、例をあげると、経営者がプロジェクトをチェックするポイントは、まず、プロジェクトが予定通りか、次に、リスクは何か、最後に、経営者がすべきことは何か、という3点です。

そして、この3つのポイントは、どのようにして、得られるのでしょうか?それも、3つのポイントに集約できます。

1.タテ・ヨコ思考
 ポジショニング・マップですね。
 軸を2つ取って、その二軸に、有効な尺度をあてはめ、4つに区切り分析します。
2.So What ? × 3
 トヨタ流にいうと、なぜを三回でしょうか。
 What、Why、Howのについて、三回問いかけると、真の原因、本当に有効な方法が見えてきます。
3.3軸理論
 1と2から得られた結論を、時間軸を変化させ、立場の違う視座から見て、得意分野の事柄に置き換えることにより、深みのある考えに達します。説明する際にも、相手の納得感が上がります。

ただし、この「百ミツの法則」を利用する時、他の多くの人が、「絨毯爆撃」で、仕事をこなしている中で、「ピンポイント爆撃」を行う勇気を持つ事が求められます。言い得て妙ですね。

外資の3倍速仕事術~「できる自分」へのムダ消しレッスン!
著者:奥井規晶、出版社:日経BP社/日経BP出版センター、ISBN:4822243346

後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


外資の3倍速仕事術―「できる自分」へのムダ消しレッスン!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『TQ』 by ハイラム・W.スミス

【年度の始めは、フランクリン・プランナーと本書でなりたい自分に計画。】

フランクリン・プランナーを使用している私にとって、TQは、教科書的な本と言えます。約400ページと比較的ボリュームがあり、さらに、ハードカバーということでもあり、とっつきにくいのです。ようやく、読めましたので、紹介します。

冒頭に、本書の目的が示されています。それは、「心のやすらぎ」を得ることです。「心のやすらぎ」は、最高の心の状態です。自分の価値観に沿って、日々の行動がコントロールされている状態だからです。それを得るために、時間管理するのです。

言葉として、印象的なのが、「自分の価値観に順応すること」です。これは、何かというと、何も考えてない状態では、他人の要求や周りの環境から、知らず知らずのうちに、影響を受けます。そうではなくて、自分の行動が自分の価値観に沿うように、意識して、自分に適応させなければ、「心のやすらぎ」を得られません。その大切さを表すために、特別な言葉を使用しています。

自分の「価値観」を見つける具体的な方法は、残念ながら、一つしか提示されていません。それは、「I型鋼の上を歩けますか?」という質問を課すことです。高層ビルの間にかけられたI型鋼(線路の片側の形をしたモノ)を渡るに必要な理由を探せというのです。多くの子供を持つ親にとっては、子供が一つの理由になります。

私は、本書の言葉の中から、「価値観をみつける」ヒントを見つけました。その言葉は、「完成したハイムライム・スミス」という著者のミッション・ステートメントのタイトルです。完成された自分をイメージするというのは、想像力をかきたてられます。究極のあなたはどんな能力をもって、どんな状態で、何をしているのでしょうか?

少しずつ、完成された自分に、近づけるように、本来の自分で入れる時間を、少しずつ、日々、増やしていくことは楽しいと思いませんか。本書の後半に、著者が会ったある偉大な人のことばとして、次を紹介しています。

「本来の自分でいなさい。それも、完璧にね」

いいですね。不完全な他人では、成功するはずがないですよね。万が一、成功しても、楽しいとは思えません。

本書は、自分の価値観に、従って、長期目標、中間ステップ、日課へとブレークダウンする方法が解説されています。

年度のはじめは、このような本を読むのにいい時期です。

TQ~心の安らぎを発見する時間管理の探究
著者:ハイラム・W.スミス、出版社:キングベアー、ISBN:4906638058


TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

| | コメント (4) | トラックバック (3)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »