« 『二十一世紀残る経営、消える経営』 by 大久保寛司 | トップページ | 『バカ売れオンラインショップの作り方』 by 山田雅彦 »

『情報起業』 by 藤井孝一

【メルマガ発行がすべてを変えた成功物語。】

あとがきが、魅力的です。藤井氏がカリフォルニアの友人宅に泊まる場面から、始まります。ビーチではしゃいでいる子供を見て、ふと、思うのです。会社員の時代に、急に、友人宅に行けるだろうか?ここに導いたのは何だったのだろうか?その課程を描いたのがこの本なのです。

成功物語は、メルマガから始まります。

起業家の成功課程を取材して、その記事を出版社に売り込みに行きました。しかし、どこも取り合ってくれなかった。その取材に応じてくれた人に、申し訳なく、どうしようもなくて、世間に発表する場としてメルマガを選択しました。すると、一ヶ月で、大手出版社から、声がかかり、雑誌へ記事の連載が始まりました。その後、週末起業の第一人者として、瞬く間に、有名になりました。

この週末起業の第一人者になる過程が面白いのです。インターネット上の検索エンジンに、「週末起業」というキーワードを入れると自分のホームページがトップにくるように、しているのです。その方法は、SEOと呼ばれるノウハウです。

# SEOについては、以前、紹介した『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』を参照ください。

雑誌編集者、記者、ライターなどは、その検索結果を基にして、取材を行うことが多いので、リアルの世界でも、第一人者と認められました。そう、意識的に取材対象として、認められるようにして、マスコミへの露出度があがり、世間が第一人者と認めてくれるのです。

週末起業について、セミナーを開催し、コンサルティングを開始します。それらを通して、新しい情報や具体的事例がだんだんと集まってきます。また、それらに参加した人達でメーリングリストをつくり、徐々にコアのメンバを組織化していきます。最終的に、会員組織を設立します。

「商品開発・販売」を行ったり、他の人の商品・サービスを自分の顧客に売ったり、週末起業の第一人者として、書籍の監修、起業家志望のビジネスプラン評価などの業務を広げていきます。最終的に、起業家同士の仲介、起業家支援者の仲介、交流する場を提供する等のマッチリングビジネスに展開します。

さて、そのビジネスのネタになることをどのようにして、見つけるのでしょうか?それは、自分の好きなこと、得意なこと、体験したことのなかから、見つけます。そして、特定の顧客層を見つけて、その層向けにアレンジします。

週末起業の場合も、単なる起業ノウハウという意味では、ありふれています。しかし、サラリーマンに対して、会社を辞めなくてもすむという利点を含んだ起業ノウハウを組み立てた点が独特です。

この本を読んでいると、自分の知識や体験をうまくアレンジすると「売れる情報」になるかもと考えると楽しくなってきます。

情報起業~あらゆるビジネスに応用&発展可能な「小資本起業」ノウハウ
著者:藤井孝一、出版社:フォレスト出版
後悔度:★★★
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『二十一世紀残る経営、消える経営』 by 大久保寛司 | トップページ | 『バカ売れオンラインショップの作り方』 by 山田雅彦 »

情報起業:書評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『情報起業』 by 藤井孝一:

» 週末起業/藤井 孝一 [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
週末起業posted with amazlet at 05.08.24藤井 孝一 筑摩書房 (2003/08/06)売り上げランキング: 18,663Amazon.co.jp で詳細を見る 週末起業という言葉は、最近よく耳にするようになりました。 この本が発売された当時は、あまり耳慣れない言葉だったように思います。 フタを空けてみると、週末できることから起業をはじめよう、かといってすぐに会社を辞める必要はない、という内容です。「週... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 18:09

« 『二十一世紀残る経営、消える経営』 by 大久保寛司 | トップページ | 『バカ売れオンラインショップの作り方』 by 山田雅彦 »