« 『ユダヤ人 大富豪の教え』その1 by 本田健 | トップページ | 『幸せな小金持ちへの8つのステップ』 by 本田健 »

『アイ・カンパニーの時代』 by 小笹芳央、小畑重和

自分の貴重な経験を現在の能力に変える方法

アイ・カンパニーは、自分自身を会社として考えて、少し、引いた視点で、自分を客観的にみるツール(考え方)です。

生身の自分を考えると、いろいろなこれまでのしがらみ、過去から現在にいたるいろいろな感情的な反応、空回りする思考にとらわれて、うまく、冷静に眺められません。

これを、日頃、いろいろな観点を鍛え、常に、自分の外にあり、批判の対象である会社に例えて、自分自身をチェックする視点は、非常に有効です。

会社に例えて、次々と分析していく展開は新鮮に感じました。

特に、考え方としておもしろいのは、自分の経験を3つの視点(who、what、How)に、分解して、抽象化する視点です。そうすると、広い範囲で自分が適応できる職業が広がって、新しい可能性が見えてくるのが新鮮です。ちなみに、この3つの視点は企業戦略で言うとドメインにあたりますよね。

例えば、高額不動産の営業の経験を考えてみます。
この人にとっての経験を分解し、抽象化すると、以下のようになります。
who(顧客):高額所得者
what(商品):高価不動産
how(どのように):じっくりと数件/年ペースの販売

これは、一見、関係のない高級自動車の営業が必要とするスキルに類似します。
who(顧客):高額所得者
what(商品):高級自動車
how(どのように):じっくりと数件/年ペースの販売

商品が違うだけで、他の2つの要素は類似しているため、もしかしたら、転職してもスムーズに業務をこなしていけるかもしれませんよね。

この様に、自分の経験をより他に転用可能な能力(ポータブル・スキルと名付けられている)をより高い視点で見て、自分の適正を考えてみることができるのが面白いです。

その他、いろいろな視点から、自分自身の戦略を考えるツールが詰まっており、非常に有用な本だと言えます。

アイ・カンパニーの時代-キャリアを鍛える。モチベーションを高める。
著者:小笹芳央、小畑重和、出版社:中央公論新社

後悔度:★★★ (三つ星満点)
★★★:読まないと絶対後悔する、★★:とても後悔する、★:やっぱり後悔する



今日は、昨日に続いて、本田さんの本をとりあげようかと思いました。しかし、この「アイ・カンパニーの時代」の小笹芳央さんの講演会を聞いたため、変更しました。


この記事が役に立ちそうだと感じたら、無料メルマガに登録してください。わざわざ、ブログをチェツクしなくても記事が読めます。そして、読者数が多いほど、記事を書くモチベーションが上がります。(笑)

|

« 『ユダヤ人 大富豪の教え』その1 by 本田健 | トップページ | 『幸せな小金持ちへの8つのステップ』 by 本田健 »

自己啓発本:書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アイ・カンパニーの時代』 by 小笹芳央、小畑重和:

« 『ユダヤ人 大富豪の教え』その1 by 本田健 | トップページ | 『幸せな小金持ちへの8つのステップ』 by 本田健 »